ドラフト会議2018観覧応募方法と当落結果はいつ?倍率も気になる!

こんにちは、シュウです。

秋が来ないんじゃないのと思うくらいに、猛暑が続いてますがそろそろプロ野球も終盤戦に入ってきましたね。

なので、クライマックス、日本シリーズが気になる時期。

でも忘れちゃいけないのが新鮮力を補強する大事なドラフト会議です。そのドラフト会議にも「観覧希望」があるのです。

各球団の監督たちが参加するので、画面越しでしか見れない監督が直に見れるなんて最高ですね。

もちろんドラ1やサプライズも気になりますけど・・・・

ちょっと応募方法について調べてみると、

今は、ハガキで応募するんじゃないんですね!!!まぁよく考えるとこれだけネット社会が進んでるんで、当たり前って言えばそうなんですが(笑)

なので、

  • ドラフト会議2018年の観覧応募方法と当落結果はいつ?
  • 倍率も気になる!

を中心に調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ドラフト会議2018年の観覧応募方法と当落結果はいつ?

2018年のドラフト会議は、「10月25日(木)」に開催されます。

応募方法は、公式発表がまだなので分かり次第に追記していきますね。

ちなみに2017年の観覧応募方法は、NPB(日本野球機構)の公式サイトの応募フォームのページで必要事項を記入するだけです。

  • 応募期間:2017年9月14日(木) 15:00~9月28日(木) 23:00
  • 当選発表:10月11日(水)までに当選通知を送付
  • 応募は1人1回
  • PCのメールアドレスのみ受付(携帯のアドレスは不可)
  • 開場:15:30
  • 会場の入場は、小学生以上

今年は、夏の甲子園をわかせた大阪桐蔭の根尾くんや藤原くん、報徳学園の小園くんといつも以上にレベルの高い選手が揃ってますね。

しかも吉田くん(金足農業)がもしプロ志望を出せば、想像もつかないくらいにフィーバーになりそうな予感が個人的にはしています。

取材のインタビューでも「いつかはプロで」と話しているくらいなので、ぜひ大学に進学でなく高卒でプロに入って欲しいですね。

アジア選手権で日の丸を背負ってレベルの高い選手たちと寝食をともにすれば、きっとプロ志望になってくれるはず!!

※追記 9/13

2018年のドラフト会議観覧募集が発表されました!2017年とほとんど変わらないですね。時間だけが少し変更になったくらいです。

  • 応募期間:2018年9月14日(金) 12:00~9月28日(木) 12:00
  • 当選発表:10月11日(木)までに当選通知を送付
  • 応募は1人1回
  • PCのメールアドレスのみ受付(携帯のアドレスは不可)
  • 開場:15:30
  • 会場の入場は、小学生以上

◎◎「2018年ドラフト会議 観覧募集 公式サイト・応募フォーム」はコチラ

スポンサーリンク

ドラフト会議2018年の観覧応募の倍率も気になる!

2009年から「公開ドラフト」となり一般のファン1,000人を観覧できるようになたんですが、この倍率がとんでもなく高いらしいんです!

https://twitter.com/kutachu/status/1032659993659465729

倍率に関してですが、コチラは正式発表がないので正確にはわかりませんが、ネットなどに書かれている情報だと

「15~30倍くらい」

あるようです。少し幅があるのは、おそらくその年のドラフトの注目選手によってだと思います。

どちらにせよかなり狭き門なので、「当たったらラッキー」くらいの気持ちで応募するのがいいかもしれませんね!きっと忘れた頃に「当選」の通知が・・・・

まとめ

今回は、ドラフト会議2018観覧応募方法と当落結果はいつ?倍率も気になる!について書いてきました。

2009年から始まったドラフト会議観覧は、毎年1,000人のファンが当選します。応募方法は、NPB(日本野球機構)のサイトから応募ページに入りフォームに必要事項を記入して応募します。

当落は、応募したメールアドレスに通知が来ればOK。

倍率は、すごく高いようで15~30倍くらいとの情報もありました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク