エウロパの海の地球外生命体の正体は?深度や気温と氷も調査!

こんにちは、シュウです。

NASAが4月14日午前3時(日本時間)に重大発表で記者会見を行うそうです。

そしてその内容ははっきりとした情報はありませんが、

「おそらくエウロパの海に関してのことだろう!」

と憶測が飛び交っています。

「エウロパの海???」

筆者は考えました。どこの海だろうと。

NASAが関係するので宇宙の海なんだろとそこまではわかったのですが、それ以上はわからないのでいつものようにネットでちょっと調べてみると・・・・

木星の衛星の一つに「エウロパ」というものががあり、そこに海があるので「エウロパの海」と言われているのです。

以前からエウロパの海には生命体が存在している可能性が高いと言われていました。

なので今回は、エウロパの海の地球外生命体の正体などについて調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

エウロパの海の地球外生命体の正体は?

今回のNASAの重大発表が

「地球外生命体に関してでは?」

と言われている理由の一つとしては
去年の重大発表が関係しています。

去年の発表とは、エウロパの氷の下から
水蒸気が噴出しているとのことでした。

その時も生命体の発表ではないかと期待があったのですが、残念ながら違いました。

なので、今回は!という期待を持つ人が大勢いるでしょう。

もちろん、筆者もその一人です。学生の時から地球外生命体いわゆる宇宙人の存在を肯定しており、この手の話が大好きです。

しかし、臆病なので

「UFOで宇宙につれていかれたらどうしよう・・・・」

なんてくだらない事をよく考えていました。

そういえば、あのアメリカ大統領トランプ氏もエウロパの宇宙人に会いたいと関係者に漏らしているそうです。

なので、オバマ政権は火星に関しての政策をメインにしていたのですが、わざわざエウロパの方に政策の変更したそうです。

このあたりを聞くとトランプ氏は、
「よっぽど宇宙人に会いたいのだな~」
って思いますね。

今回の発表で地球外生命体についてだとしたら、以前からウワサされている

「魚」

ではないかと予想されます。

筆者も海の中にいる生物なので、魚の可能性が非常に高いと考えています。

なので、宇宙人とは行かないようですね。

スポンサーリンク

エウロパの海の深度や気温と氷も調査!

遅くなりましたが、エウロパについて書いていこうと思います。

エウロパを発見は1610年で、あの有名なガリレオ・ガリレイさんです。

  • 大きさ:3120キロ
  • 海の深度:約100キロ
  • 気温:マイナス150~220度

表面が3キロ以上の氷で覆われて、ひび割れが出来ているところに海があるそうです。

この環境ではまず人間は住むことは出来ませんね。

しかし地球外生命体が存在したとしたら、我々の常識でははかれませんからこのような環境でも住めるかもしれません!

まとめ

今回は、エウロパの海の地球外生命体の正体は?深度や気温と氷も調査!について書いてきました。

NASAの重大発表はけっこう期待させておいて

「えっ?そんなこと?」

というようなことが頻繁にあるので
今回の重大発表はぜひ
生命体の事を発表して貰いたいです。

明日の未明のNASAの発表に注目です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする