阿部サダオ演じる桜井信一の不動産営業!実際の給料いくら位?

毎回、「下剋上受験」を見ると自分の娘を桜井佳織演じる山田美紅羽(みくう)ちゃんにダブらしてしまうのは自分だけでしょうか?同じ位の子供を持つ親には、とても親近感を持てるドラマですね。

中学受験を通して親も子も成長していくのでとってもいい経験になると思います。深田恭子さん演じる桜井香夏子は初めの頃は中学受験に反対していました。理由として、「落ちたときの佳織のショックが・・・」ということでした。

確かに自分の子供が悲しむ姿は、相当キツイものがありますね。だけど、「失敗は成功のもと」とはよく言ったもので、失敗がないと成長できません。

すぐに桜井香夏子も理解して?応援してくれたので良かったですね。桜井信一は仕事から帰り娘の勉強を一緒にやり始めました。

現実的には、桜井信一のように仕事が終わってから勉強する時間があるのでしょうか?ドラマの中の不動産営業について検証していきたいと思います。

スポンサーリンク

不動産営業の帰宅時間

ドラマの中で桜井信一は夕方くらいには仕事が終わっていますね。実際は、ありえません。不動産の営業は主に賃貸と分譲にわかれます。ドラマですと高級タワーマンションなどを売っていたので、桜井信一は分譲の方です。

となると、仕事が終わるのは、早くても21時位で平均すると22時を超えます。なので、帰宅するのは通勤時間を考えるとプラス1時間前後。小学生だとすでに寝ているのでは?

スポンサーリンク

給料はどの位?

賃貸と分譲の給料は大きく差があります。基本給も違いますが、特に歩合の部分でかなり差があります。

桜井信一は妻に「今月、15万しか入れてもらってないよ」と言われてます。分譲ではこの給料はないです。社会保険料などを入れると額面で20万強だと推測できますね。つまり、歩合給が全くついてないことになります。そもそも基本給もかなり少ないですが・・

実際は、基本給が30~40万円位です。もちろん、小さいところなどはもっと少ないですが。この基本給に家を売った歩合がついてきます。なので、ドラマにでてきた高級タワーマンションを1つでも売ると100万前後の歩合がついてくうのではないでしょうか。

まとめ

不動産の営業は他の職業よりも学歴はほとんど関係ないと思います。桜井信一がい言っていたように「心」が必要です。実際には、中卒でも年収 ○○千万をいう人はゴロゴロいます。ただ、やはり簡単に契約を取れるものではないので稼ぐ営業マンほど夜遅く(23時とか0時くらい)まで残って資料作りや物件調査などをしており、かなり努力しています。

勉強と同じで日々の積み重ねが大事ですね。ちなみに僕が営業マンだった時は何件かすぐに簡単に売れてしまい、不動産の営業なんて楽勝!みたいに思ってしまい後々大変な思いをすることになりました。「継続は力なり」とはよく言ったもの何事もマグレではダメだということに気づきました!

また、最初にも書いたとおり受験をすることで人間的に成長することが多いので、成長できるいい経験の場だと考えて欲しいです。結果は大事ですが、あまりこだわりすぎると逆に最悪な経験でトラウマにもなりかねないので注意しましょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする