グローブ(少年野球)でおすすめメーカー(投手)は?値段や特徴も調査!

こんにちは、シュウです。

野球を始める時に、最初に必要なのが「グローブ」ですね。

じゃグローブを買おうと思ってスポーツ用品店に行くと、たくさんの種類があってどのグローブを買ったらいいか迷った経験があるかもしれません。

そもそも小学生が所属する野球チームは、軟式ボールを使う「少年野球」と硬式の「リトルリーグ」分かれます。

少年野球をやっているのにうっかり硬式用のグローブを買ってしまったら取りづらくてしかたありあません。(硬式用は、革を厚くしているので。)

さらに、メーカーも多くあるのでどのメーカーが子供にとっていいのかもわかりづらいです。

なので、

  • [少年野球]グローブでおすすめ投手のメーカーは?
  • [少年野球]おすすめグローブの値段や特徴も調査!
スポンサーリンク

スポンサーリンク

[少年野球]グローブでおすすめの投手(ピッチャー)の特徴は?

野球を始める時に、絶対に必要なのがグローブですね。といっても種類が多すぎて困ってしまいます。

なので、野球を始めるときにはまだポジションなどもわからないので

「オールグラウンダー用グローブ」

というものを購入するのが良いでしょう。コレはどこのポジリョンでも使えるといったものです。まずは、この「オールグラウンダー用グローブ」で野球に慣れてポジションなどを監督に言われるまでコチラを使用しましょう!

次に、ポジションが決まった時にもちろんオールグランダー用グローブで、でも構わないと思いますが、できればポジションにあったグローブを使ったほうがボールをキャッチする時に非常に使いやすいと思います。

各ポジションごとに簡単にわけると

  • 投手
  • 捕手
  • ファースト
  • サード
  • セカンド・ショート
  • 外野

といった感じに大まかに分かれます。

今回は、「投手」の特徴についてみていきましょう!

投手用(ピッチャー用)のグローブの最大の特徴は、バッターや相手チームからボールの握りをみられないよにすることです。

プロ野球や高校野球くらいになると多様な変化球を投げるので打者としてはどうしても球種知りたいので投手の握りが分かればある程度は投げるボールが分かります。

といっても少年野球をやっている小学生レベルだと基本的には変化球が禁止されているので、そこまでみることは少ないと思います。

なので、

  • 球速を重視→重めのグローブ(体重移動の時に勢いがつくので)
  • コントロールを重視→軽めのグローブ(指先に集中するので体を軽くしたほうがよい)

するかによってグローブの重さなどに気をつけたほうが良いかもしれません。

また、投手は、打者から近いので打った打球に勢いがスゴくあります。そのため網目が大きいものも裂けたほうが無難でしょう。

スポンサーリンク

[少年野球]おすすめ投手用(ピッチャー用)グローブの値段やメーカーも調査!

投手用(ピッチャー用)のグローブでおすすめのメーカーは、

  • ミズノ
  • アシックス
  • ZETT
  • SSK
  • アンダーアーマー
  • ナイキ

やはり、プロ野球選手が使用しているグローブを買ったほうがなんとなくうまくなれそうですからね。

ちなみに

  • 菅野投手(巨人)→ミズノ
  • 藤平投手(楽天)→ミズノ
  • 松井投手(楽天)→ミズノ
  • 田中投手(ヤンキース)→ミズノ
  • 千賀投手(ソフトバンク)→ZETT
  • 内海投手(巨人)→アディダス
  • 大谷選手(エンゼルス)→アシックス
  • ダルビッシュ(カブス)→アシックス
  • 涌井投手(ロッテ)→アシックス
  • 小川投手(ヤクルト)→ナイキ

投手用のグローブの値段としては、10,000円くらい~20,000円くらいになります。軟式用なので硬式用グローブに比べて革が少し薄くなっているので値段的にもやや安めに設定されていますね。

それでは、個人的におすすめのメーカーをみていきましょう!

<ミズノ>

プロ野球選手でも1番多く使っているのが「ミズノ」で、個人的にもずっとミズノのグローブを使っていたので愛着があります。

☆画像をクリックすると詳細や価格がわかります♪

<ナイキ>
大谷投手やダルビッシュ投手、涌井投手が使用している「アシックス」なんかも気になりますね!
☆画像をクリックすると詳細や価格がわかります♪

<ZETT>

ZETTに関しては、軟式の投手用のグローブの種類があまり多くありませんでした。

☆画像をクリックすると詳細や価格がわかります♪

まとめ

今回は、[少年野球]グローブでおすすめの投手のメーカーは?値段や特徴も調査!について書いてきました。

投手用(ピッチャー用)のグローブの特徴としては、

  • 網目があまり大きくない
  • 速度重視→重めのグローブ
  • 制球重視→軽めのグローブ

値段は、硬式のグローブと比べて少し安めで10,000円~20,000円くらいのものが多いです。

個人的におすすめのメーカーは、プロ野球選手が一番多く使用している「ミズノ」ですね。やはりプロ野球選手が使っているグローブと同じメーカーを使うとかっこいいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク