濱口遥大(DeNA)の出身大学や家族は?球速と球種も調査! 

こんにちは、シュウです。

開幕からルーキー達がガンバっていますね!

中日の京田陽太選手や広島の加藤拓也選手、ロッテの佐々木千隼選手など初勝利をあげたりスタメンで出場し続けたり活躍が光ります。

◎◎中日・京田選手の記事はコチラ

◎◎広島・加藤拓也選手の記事はコチラ

◎◎ロッテ・佐々木千隼選手の記事ははコチラ

そんな中で昨日、横浜DeNAの濱口遥大選手が見事初勝利をあげました。6回1/3を7安打無失点に抑える好投でした。

なので、今回は濱口遥大選手の出身大学や家族などを調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

濱口遥大(DeNA)の出身大学や家族は?

それでは、浜口遥大選手の簡単なプロフィールから紹介していきます。

  • 生年月日:1995年3月16日
  • 身長:173cm
  • 体重:80kg
  • 出身地:佐賀県三養基郡
  • 出身高校:佐賀県立三養基高校
  • 出身大学:神奈川大学
  • 投打:左投・左打
  • ドラフト:2016年1位
  • 年俸:1500万

小学1年生から野球を始め、基山中学で軟式をやっていたそうです。高校時代は県大会ベスト8が最高の成績で甲子園には出場していません。

学時代にその実力は開花し、大学生ナンバーワン左腕まで上り詰めました。

筆者は、浜口遥大選手のように中・高校とあまり有名でないところの出身選手が大好きです。

もちろん強豪校にいた選手もいいのですが、上原浩治選手(カブス)のように雑草魂みたいな感じが良いからです。

スポンサーリンク

濱口遥大(DeNA)球速と球種も調査!

球速はMAX151キロ、球種は4種類です。

  • ストレート
  • カーブ
  • スライダー
  • チェンジアップ

特にチェンジアップがよくラミレス監督や200勝投手の山本昌さん(元中日)大絶賛しています。

左投手で150キロ投げれて
なおかつチェンジアップがいいと
かなり期待できますね。

そういえば、山本昌さんも同じスタイルでチェンジアップのいいピチャーでした。

でもストレートが常時140キロ弱だったので、濱口遥大選手の方が遥かにストレートは速いです。

しかし、コントロールが少し悪いのでそこが山本昌さんとの違いですね。なので、制球力を磨けばDeNAのエースだけでなくプロ野球界一の左腕投手になる可能性を秘めていますね。

まとめ

今回は、濱口遥大(DeNA)の出身大学や家族は?球速と球種も調査! について書いてきました。

初登板では、山田哲人選手(ヤクルト)にホームランを打たれるなどプロの洗礼を受けましたが、2回目で見事にプロ入り初勝利をつかむことができました。

本当に濱口遥大選手は球界のナンバーワン左腕になれる可能性を秘めているので、これから登板する試合は注目ですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする