林貫太(小松島高校)の経歴や家族と出身中学は?野球にかかる費用も

こんにちは、シュウです。

いつものようにネットサーフィンをしていたら、ヤフー急上昇に

「小松島高校」

が入っていました。

また、何か問題でも起こしてしまったのかと記事を読んでみると・・・・・

久しぶりに感動する事が書いてありました!

ピアス卒業、監督に「野球部入れて下さい」 亡き父思い

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170703-00000029-asahi-spo

題名見ただけで、なんとなく良さそうな感じがしますね。

なので、林貫太(小松島高校)の経歴や家族と出身中学はを調査するとともに、野球にかかる費用も調べてみようと思います。

スポンサーリンク

林貫太(小松島高校)の経歴や家族と出身中学は?

それでは、簡単に林貫太君のプロフィールを見ていきましょう。

  • 現3年生
  • 右打ち

ネットを使ってツイッターなどでも探しましたが、無名な選手だったので詳しくはわかりませんでした。

小学2年生で野球を初め、中学生の時には主将まで務めたので上手だと個人的には思います。

去年の5月末からの入部なのですでに1年以上も頑張っているので、かなり野球のカンを取り戻したのではないかと考えられます。

それにいちばん大事な野球をやりたいという強い気持ちがあるので、上達も相当早いはずです。

スポンサーリンク

高校野球にかかる費用

野球に必要なものとして、

  • グローブ
  • スパイク
  • バッティンググローブ
  • ユニフォームなどの一式(試合用・練習用)
  • 遠征費

などが上げられます。

中でも、一番かかるのがグローブです。

中学生までは軟式用のグローブでも大丈夫ですが、高校生で硬式野球部に入るともちろん硬式用のグローブが必要ですね。

硬式用のグローブは、安いものでも数万円かかります。

通販でみつけました!

安いグローブです。

画像をクリックすると詳細や価格がわかります♪

意外とスパイクも価格が張ります!

現在追記中です。

まとめ

今回は、林貫太(小松島高校)の経歴や家族と出身中学は?野球にかかる費用もについて書いてきました。

中学まで野球をやっていて、しかも主将だったので高校でも野球を絶対にやりたかったはずですね。

たしかに費用はかかるけれど、中古品などを使ったりすればなんとか野球自体はやれたような気もします。

個人的には、もう少し先生方も突っ込んで生徒と話ができていれば・・・

なんてことも思いました。

しかし、現実はそうはうまくいかないので難しいですね。

今回は勇気を持って野球部に入った林君は、本当に素晴らしいと思いました。