湘南ひらつか花火大会2017場所取りのコツは?交通規制と打ち上げ場所も

こんにちは、シュウです。

そろそろ、夏も終わりに近づいてきました・・・・

今年の夏は雨が多く、花火大会も中止や延期になったところも多かったと思います。

先日の多摩川花火大会なんて開始直前にゲリラ雷雨があって会場は、大変なことに。

今後の関東地方の天気予報では、晴れることが多そうなのでこれからやる花火大会に注目です!

今回は、湘南ひらつか花火大会2017の

  • 場所取りのコツ
  • 交通規制と打ち上げ場所

を中心に調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

湘南ひらつか花火大会2017の打ち上げ場所と日程と雨天の時は?

それでは、湘南ひらつか花火大会2017年の概要から見ていきましょう!

日程&連絡先(TEL)

  • 2017年8月25日(金)
  • 19:00~20:00(予定)
  • 荒天の場合:8月27日(日)に延期
  • 連絡先:0463-35-8107 ※8/25のみ

会場

  • 相模川河口(湘南潮来)

会場まではJR平塚駅下車、南口より須賀港行きバス10分、下車徒歩5分

引用元:http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/index.html

打上数&観客数

  • 約3,000発
  • 約15万人(2016年)

アクセス

  • JR東海道線「平塚駅」バス10分 徒歩約5分

意外と荒天時は花火大会自体が中止になってしまうこともあるので、延期になるのはうれしいですね。

湘南ひらつか花火の見所は、音楽と連動した花火や尺玉根度の演出。また、来場者の願いをダルマ型花火にこめて打ち上げる『願いかけ花火』も特徴の一つです。

この参加型の「願いかけ花火」の事前申し込みはすでに終了していますが、当日申し込みも!

「先着50名限定」

金額は2,000円でしかも「願いかけ花火観覧エリア」の有料席が2名分もついてくるんです!

これは並んでも購入する価値がありそうですね。

  • 申し込みの時間:17:00~なくなり次第終了
  • 場所:釣宿「浅八丸」の東側↓

会場まではJR平塚駅下車、南口より須賀港行きバス10分、下車徒歩5分

引用元:http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/index.html

スポンサーリンク

湘南ひらつか花火大会2017の場所取りのコツと交通規制

交通規制に関しては、17:30~21:00までの間実施される予定です。

ただし、交通規制が実施される時間帯以外も会場周辺は大変混雑が予想されるので、時間に余裕を持ってに通行することをオススメします。

詳細の地図を添付しておきますので参照して下さい!
◎◎2017年 交通規制はコチラ

場所取りとして穴場は、3ヶ所が有名です。

☆茅ヶ崎海岸

会場から少し離れますが、花火はきれいに見えます!海水浴場の砂浜から見る花火は格別です。

ゆったりとできるので小さな子供がいるファミリーにもオススメ!

☆湘南平塚ビーチパーク

会場周辺から少し歩きますが、このあたりだとだいぶ人も少なくなり混雑を回避することが出来ます。

☆湘南平(高麗山公園)

神奈川県でも夜景のキレイなスポットで有名な場所。会場からはちょっと離れていますが、高台にあるので花火もキレイに見ることができます。

カップルにオススメ!

まとめ

今回は、湘南ひらつか花火大会2017場所取りのコツは?交通規制と打ち上げ場所もについて書いてきました。

湘南ひらつか花火2017年の場所取りとしては、

  • 茅ヶ崎海岸 
  • 湘南平塚ビーチパーク
  • 湘南平

の3ヶ所が混雑を避けることができる穴場スポットになります。

交通規制の時間帯は17:30~21:00となっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク