イニングボードを廃止した理由は?縮小スコアの費用や評判も調査!

こんにちは、シュウです。

いつものようにネットサーフィンをしていると、ちょっと気になる記事がありました。

ヤフオクドーム「縮小スコア」シーズン中変更の理由

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-01844217-nksports-base

何やらヤフオクドームで「縮小スコア」と言うものをつけたみたいですね。

でも、「縮小スコア」って一体何なんだ~??

と思い記事をよく読んでみると、簡単なことでした!

イニング間(攻守の交代の間)にCMや広告をバックスクリーンのスコアボードに流すために今までその間だけスコアが見れませんでした。

それを解消するために少し小さなスコアを表示することだったのです。

しかし、常に気になるイニングボードをなぜ失くしてしまったのでしょうか?

筆者は、とても気になり理由を調べてみるとともに縮小スコアの費用や評判も調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

イニングボードを廃止した理由は?

プロ野球人気が低迷し、球団側も経営が苦しくなってきた頃がありました。

そこで、スポンサーのCMや広告を出すことで財源を確保する方法を取ったようです。

野球場で一番目立つのが、バックスクリーンにあるイニングボードや出場選手の名前ですね。

なので、スポンサー的にはそこにCMや広告を出すのが一番メリットがあります。

そうした経緯がありイニング間だけイニングボードを廃止しています。

筆者も野球場でトイレや売店に行った時にスコアを忘れてしまい、イニングボードを見るとCMが流れていてスコアがわからない!なんてこともありました。

なので、今回の縮小スコアの設置はとても良かったと思います。

スポンサーリンク

縮小スコアの費用や評判も調査!

ネットで色々と検索しましたが、費用に関して有力な情報がありませんでした。

ヤフオクドームでイニングボードに採用しているのがアストロビジョン(パナソニック)というものなんです。

が、アストロヴィジョンの価格は不明で類似でオーロラビジョン(三菱電機)の価格が、参考程度ですがわかりました。

  • 43型:5,733,000円
  • 76型:11,655,000円
  • 113型:21,693,000円

ヤフオクの縮小スコアがどのくらいの大きさかわかりませんが、相当な金額になりそうですね。

ネットなどのコメントをみてみると、縮小スコアの評判というよりも広告が多すぎるとの声が多く見られました。

個人的には、スコアの確認ができるというのはとてもいいことだと思います。

まとめ

今回は、イニングボードを廃止した理由は?縮小スコアの費用や評判も調査!について書いてきました。

あまり気にしていなかったのですが、イニング間だけイニングボードが廃止されていたんですね。

その理由も球団の財源確保であれば仕方ない部分があるような気もします。

ただ、縮小スコアを設置するなら筆者としては、シーズンが始まってからでなく、オフ中にやればもっと良かったのにと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする