Jアラート(北朝鮮ミサイル発射)の音が鳴ったら?日本到達の時間も

こんにちは、シュウです。

ついに、ついに、北朝鮮ミサイル発射で「Jアラート」が鳴ってしまいました!

筆者の携帯だと午前6:02と6:14の計2回。

先日の金正恩委員長の「しばらくはアメリカの行動を見守る」発言で大騒ぎだったグアム発射予告は終わったものだと・・・

確かに先日、短距離ミサイルを打ちましたがいつものように失敗で大したことがないと思っていたのに。

通常、北朝鮮がミサイルを発射する時は何らかの言動があるのに今回はなかったのでそれも今回慌ててる要因の一つかもしれませんね。

いざ、Jアラートが鳴ってみたのもの筆者は何をしていいのかわからず、テレビを付けることくらいしかできませんでした。

なので、

今後に備える意味でも、

  • Jアラート(北朝鮮ミサイル発射)の音が鳴ったらどのように行動した方がいいのか
  • ミサイル発射から日本到達の時間

を中心に調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

Jアラート(北朝鮮ミサイル発射)の音が鳴ったら?

そもそもJアラートとは、どのようなシステムなのでしょうか?

簡単に言うと、北朝鮮がミサイルを発射して日本に飛来する可能性がある時、政府がJアラート(全国瞬時警報システム)を使用し緊急情報を伝達することです。

図表5-3-3-1 J-ALERT概要の図

引用元:http://www.soumu.go.jp/

もしJアラートが鳴ったら政府は

  • 屋外にいる場合は頑丈な建物や地下に避難
  • 近くに建物がない時は物陰に身を隠したり地面に伏す
  • 屋内の場合は、できるだけ窓から離れる、窓のない部屋へ移動

といった事を指導しています。

ただ、実際にミサイルや大きな破片が落ちてきたらこれでは厳しいかもしれませんね。やらないよりはやったよりがマシな程度かも・・・

しかし、実際にミサイルが飛んできたらお手上げです。

ただ、食料や水などの備蓄は大事かもしれなって感じました。

スポンサーリンク

北朝鮮のミサイル発射から日本到達の時間も

北朝鮮がミサイルを発射してから日本に到達するまでの時間は

「7~8分」

と言われています。

もちろん発射した瞬間はわからないので、実際にわかるのはJアラートのサイレンが鳴ってから初めて動く事ができます。

そのJアラートが鳴ってから日本に到達するまでは、

「3~4分」

なので、

先程のツイッターではないですが、

「どこに逃げるんだ!!」

ということになりますね。

でも、政府が指導しているとおり屋内に逃げるとか窓から離れるなどといった些細な事でもやっておいたほうがいいかもしれません。

今後は2度とJアラートが鳴らないよう願うばかりです。

まとめ

今回は、Jアラート(北朝鮮ミサイル発射)の音が鳴ったら?日本到達の時間もについて書いてきました。

Jアラートがなったら、

  • 屋外にいる場合は頑丈な建物や地下に避難
  • 近くに建物がない時は物陰に身を隠したり地面に伏す
  • 屋内の場合は、できるだけ窓から離れる、窓のない部屋へ移動

北朝鮮がミサイル発射してから日本に到達する時間は

「7~8分」で

Jアラートが鳴ってからは

「3~4分」です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする