押切智直(加茂暁星の野球部監督)の顔画像や経歴は?女子マネが倒れた原因も

こんにちは、シュウです。

「野球部の女子マネージャーがランニング後に倒れ意識不明の重体」

というニュースを見ました。

「えっ!?なんで女子マネがランニング?」

と筆者は不思議に思いちょっと検索してみると・・・・

そうだったのか~というようなことが書いてありました。

なので今回は、押切智直監督(加茂暁星高校)の

  • 顔画像や経歴は?
  • 女子マネが倒れた原因

について調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

押切智直(加茂暁星・野球部監督)の顔画像や経歴は?

押切監督は2015年の春に加茂暁星高校の野球部監督に就任しました。

それまでは、激戦区・神奈川の橘高校でコーチをしています。

公立校ながら2015年の春はベスト4に進出するなど、指導者をしての手腕もスゴイものがあります。

ネットで調べたのですが、押切監督の経歴に関してはわかりませんでした。

詳細がわかりましたら追記していきます。

押切監督の画像がありました!

押切智直監督(加茂暁星高等学校)

引用元:http://www.hb-nippon.com/column/gallery/437-baseballclub/9610-20150709no259/photo/26?pref=tottori

そんな押切監督が就任後、今まで無名校だった加茂暁星高校は強豪校の仲間入り。

後押しするように、今春からは元ロッテ・飯田雅司氏がコーチに就任。

残念ながら、今年の夏は3回戦で敗退し来春のセンバツに向けての猛練習に励んでいたと思います。

スポンサーリンク

女子マネ(加茂暁星)を走らせた理由や原因も

今回の事件を振り返ってみると

  • 21日 午後5:30~7:30頃まで練習
  • 練習後、3キロ離れた学校まで走る
  • その後、倒れ病院へ搬送

通常は、マイクロバスで学校と球場を行き来していたのですがこの日はケガをした部員を乗せたので女子マネは乗ることができなかったようです。

ネット上のコメントでは、

「車に乗れないのであれば、せめて暗くなる前に学校へ帰してあげるべきだったのでは。」

「恐らく、気候の問題が大きいと思うが、こんなに暑いと、今まで問題なかった行動がとんでもない結果に繋がってしまうこともあると思う。」

「マイペースで、といったところで、結局、野球部員とほぼ同じペースで走らざるを得なかったのでは?」

「毎日走り込む男子部員と同じように、ゆっくりでも、走れるだろうと3キロを走らせるなんて。夜でも、気温も湿度も高いし、むごいです」

もう少し女子マネに対しての配慮が必要だったのでは?という声が多いですね。

女子マネは病院で
「低酸素性脳症」
と診断されました。

では、低酸素性脳症というのはどのような病気なのでしょうか?

低酸素性脳症の症状や原因も

低酸素性脳症とは、簡単に言うと脳に送る酸素不足のために脳全体に障害が生じる症状です。

考えられる原因としては、

  • 激しい運動などにより呼吸不足で脳に酸素が送れない
  • 貧血
  • 出産時の事故
  • 低血糖症

など他にもありますが今回の場合は激しい運動か女の子なので貧血も考えられます。

酸素が足らない状態が3~5分くらいなら軽症で軽い運動障害などが起きます。

ただ、5分以上だと重症になり「意識障害」「昏睡状態」なります。

その後、最悪の場合だと

  • 認知障害
  • 運動障害
  • 脳死

のようなケースもあります。

8/6 追記

残念ながら、女子マネージャーは5日午後6時すぎになくなりました。

ご冥福をお祈りします。

まとめ

今回は、押切智直(加茂暁星の野球部監督)の顔画像や経歴は?女子マネが倒れた理由もについて書いてきました。

押切監督は、2015年に神奈川から加茂暁星高校の監督に就任しました。

女子マネを走らせたのは、ケガをした部員がマイクロバスに乗ったので乗車することができなかった。

結果論ですが、個人的には女子マネに対してもう少し気を使ってあげればこんな惨事にならなかったのでは?と思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする