金沢まつり花火大会2017の雨天時の中止条件は?場所取りと駐車場や屋台も

こんにちは、シュウです。

8月も残りわずかとなり、花火シーズンもいよいよ大詰め。

今年もかなりゲリラ雷雨があり、花火大会も中止や順延がありました!

関東地方の今週雨の天気は、猛暑が戻ってきて週末の花火大会も大丈夫と思ったら・・・・

雨マークが!!

今のところだと午後にチョット雨が降るのかな~くらいなのですが、最近の天気はすぐに変わるのでまだ安心はできません。

念のため、雨の場合も考えていたほうが良さそうです。

なので、金沢まつり花火大会2017年

  • 雨天時中止条件
  • 場所取りと駐車場や屋台

を中心に調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

金沢まつり花火大会2017年の雨天時中止条件やアクセスと連絡先も

今年で43回目を迎える金沢まつり花火大会。横浜市内の海水浴場「海の公園」で開催されます。近隣には八景島シーパラダイスや野島もあり人気スポットですね。

特大のスターマインや真ん中くらいに打ち上げられる金沢区のキャラクター『ボタンちゃん(金沢区の花・牡丹)』にも注目です。

ぼたんちゃんイラスト

引用元:http://www.city.yokohama.lg.jp/

それでは、金沢まつり花火大会2017年の概要を見ていきましょう!

日程

  • 2017年8月26日(土)
  • 19:00~20:00(予定)

会場&打ち上げ場所

  • 会場:金沢区「海の公園」
  • 住所:横浜市金沢区海の公園10
  • 打ち上げ場所:海の公園沖

打上数&来場数

  • 約3,500発
  • 約25万人(昨年度)

雨天時の中止条件&連絡先(TEL)

アクセス

  • JR京浜東北線・根岸線「新杉田駅」or京急「金沢八景駅」からシーサイドラインに乗り、「海の公園南口駅」or「海の公園柴口駅」 徒歩約2分
  • 京急「金沢文庫駅」徒歩約20分

交通規制

交通規制は、海の公園の周辺道路で車両通行止め。

18:30~21:00を予定しています。ただこの時間帯以外でもかなりの混雑が予想されるので、当日は時間に余裕をもって行動するのが良いでしょう。

◎◎交通規制の詳細はコチラ

スポンサーリンク

金沢まつり花火大会2017年の場所取りと駐車場や屋台も

事故防止のため、前日からの場取りは禁止されています。なので、とても混雑して動けない!というのはありません。

例年では、開始の1時間位前から徐々に人が集まってくる感じなのです。

また、金沢まつり花火大会は

  • 海の公園
  • 八景島シーパラダイス
  • 野島公園

の3ヶ所のどこからでも花火を見ることができるのでだいぶ人も分散されています。

なので、「早く行って場所取りをしなくちゃ!」という心配はほとんどありません。

駐車場は、メイン会場の海の公園にあります。例年、お昼にはすでに満車になっていることが多いので、コチラに止める予定でしたら朝一からがいいかもしれません。

  • 料金:1,000円(1日)
  • 台数:1688台
  • 朝6:00~23:00

この他にも臨時駐車場が会場の近隣に設置されます。コチラは例年16:00位に満車になることが多いです。メインの海の公園の駐車場よりは少し余裕があります。

  • まつかぜ公園
  • 鳶崎公園
  • 柴口駐車場
  • 磯浜駐車場
  • 柴仲町公園
    ※下記の地図☆ 営業時間は8:00~23:00まで

駐車するのも大変ですが、花火が終わったの方がヤバイかも。

というのは、花火終了予定の時間は20:00ですが会場周辺道路が21:00まで通行禁止。

なので、終わってもすぐに駐車場を出ることが出来ません。

電車の便もいいので車ではなく、公共の交通機関の方が余裕を持って動くことが出来ますよ!

屋台はメイン会場の海の公園に約20店の予定です。

「す、少ない!」

「約25万人もの来場があるのに20店舗??」

この規模の花火大会にしてはかなり少ないですね。

やっぱり、かき氷やビールにおつまみを食べながら花火をみたいですよね。なので、会場に行く前に飲み物や食材などを購入しておいたほうが良いでしょう。

花火の開催時間は約1時間だけど、終わって帰るまでは大行列ですぐに動きがとれませんから。

お腹が減ってたりするとチョットのことでイライラして、せっかくの楽しい時間が台無しになっちゃいます。

もちろんこれは、筆者の体験談です。

なので、筆者は花火大会を見に行く時は必ず、お弁当を持っていくかコンビニなどで食料を購入して、お腹も心も満たしてゆっくりと花火を鑑賞するようにしています!

あるいは、早めに行って屋台巡りもオススメ。

海の近くで花火を見ながらかき氷、焼きそばなんかを食べるのは雰囲気で美味しく感じますよね。

まとめ

今回は、金沢まつり花火大会2017の雨天時の中止条件は?場所取りと駐車場や屋台もについて書いてきました。

金沢まつり花火大会2017年の雨天時の中止条件は、「荒天時」です。

残念ながら、中止の時は順延はありません。

前日からの場所取りが禁止になっているため、1時間から2時間位前からでも比較的ゆっくりと場所取りが出来ます。

屋台は海の公園に約20店舗。

駐車場はかなりの混雑が予想されますが、利用するならかなりに早めに行ったほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする