加藤拓也(広島)の家族や出身高校は?フォームや球速と球種を調査!

こんにちは、シュウです。

携帯の通知音がピコピコうるさいな!

と最初は無視してたんですが、あまりにうるさいから見てみることに。すると、

加藤拓也8回までノーヒットノーラン!

筆者は、一瞬止まりました。

加藤拓也選手ってルーキーで今日が初登板じゃないの?

と思い早速、経過を見ることにしました。ちょっとすると、好調のバレンティン選手にヒットを打たれ降板になりましたが後アウト2つのところまできました。

スゴイですね。筆者は加藤拓也選手についてほとんど知らないので、すぐに調査を開始しました。

加藤拓也(広島)の家族や出身高校は?

それでは、加藤拓也選手の簡単なプロフィールを紹介していきます。

  • 生年月日:1994年12月31日
  • 身長:175cm
  • 体重:88kg
  • 出身地:東京都中野区
  • 出身高校:慶應義塾高校
  • 出身大学:慶應義塾大学
  • 投打:右投・右打
  • ドラフト:1位
  • 年俸:1500万

小学1年生でリトルリーグを始め中学では杉並シニアに所属してました。その時のポジションは「キャッチャー」です。

高校に入学してからピッチャーに転向して、3年生でエースとなります。甲子園の出場はなく、最高は県大会ベスト8まででした。

加藤拓也選手に転機が訪れたのは、大学時にウェートをやり球速を10キロ以上あげたことです。

家族の情報はわかりませんでした。今後、活躍することによって明らかになってくるでしょう!

母親に関しては、少し情報がありました。

水泳が得意で中学の時に自由形で全国制覇。高校の時もインターハイの個人メドレーで全国制覇!!

やはり、母親のDNAを強く持っているのでしょうか!

スポンサーリンク

加藤拓也(広島)フォームや球速と球種を調査!

球速はMAX153キロで、球種は5種類です。

  • ストレート
  • スレイダー
  • スプリット
  • カーブ
  • ツーシーム

スプリットとスライダーが得意でストレートの威力は抜群です。

ただ、コントロールに少し難があるのでそこをなんとすれば広島でもエース急の働きができるでしょう!

フォームは足をライアン風にあげ力強く投げるオーバースローです。

去年まで在籍した黒田選手も入団して最初の頃はコントロールが悪かったそうです。

なので、加藤拓哉選手もがんばってコントロールをつけ黒田選手のように活躍できればと思います。

◎◎加藤拓也選手のピッチングはコチラ

◎◎九里亜蓮選手の記事はコチラ
◎◎岡田明丈選手の記事はコチラ

まとめ

今回は、加藤拓也(広島)の家族や出身高校は?フォームや球速と球種を調査!について書いてきました。

本当にノーヒットノーランまで惜しかったですね!これからも何度となくチャンスは訪れるのではないでしょうか。

加藤拓也選手の出現で広島の投手王国も盤石になりますね。野村選手やジョンソン選手のような良いお手本がいるので、これからの成長が楽しみです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする