桐生祥秀(東洋大)の出身高校や経歴と家族は?韓国疑惑や彼女も調査

こんにちは、シュウです。

「桐生祥秀選手 9秒98」

ついに日本人で100m9秒台を出しました!

日本人では身体能力的にチョット厳しいと言われた9秒台。

伝説が新たに生まれた瞬間ですね。

4年前に洛南高校時代に10.01秒を出した時には、これから夢の9秒台が出るのではと期待されていましたが、ケガもあり中々不調に苦しんでいました。

今回の日本選手権で見事、9秒台の記録を出し伊東浩司さんが持つ日本記録10秒00も更新。

ネットで桐生選手を調べてみると、韓国人ではというウワサも見かけました。

なので、桐生祥秀選手(東洋大)の

  • 出身高校や経歴と家族
  • 韓国疑惑や彼女

を中心に調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

桐生祥秀(東洋大)の出身高校や経歴と家族は?

それでは、簡単に桐生選手のプロフィールを紹介していきます。

  • 読み方:きりゅう よしひで
  • 生年月日:1995年12月15日
  • 身長:176cm
  • 体重:70kg
  • 出身地:滋賀県彦根市
  • 出身中学:彦根市立南中学
  • 出身高校:洛南高校

小学校時代はプライマリーサッカークラブに所属しポジションは以外にも「ゴールキーパー」。彦根市選抜に選ばれる程の実力。

中学時代から陸上を本格的に始めるが、腰痛や肉離れなどの怪我に苦しむ。

高校は、全国でも進学校で有名な京都府でトップの「洛南高校」(偏差値70超)に進む。

が、

進学校のため陸上のグラウンドなどの施設が整っておらず、直線が80mしかとれなかった。

そんな環境でも桐生選手は地味なトレーニングなどで陸上の実力はメキメキと上がっていった。

家族に関しては、父親・母親・兄の4人家族。

父親は、東証1部上場企業で年商4000億を超えるとも言われている

食品スーパー「平和堂」

に勤務しているのではとネット上で言われています。

3歳年上の兄も陸上をやっていて大学時代にはリレーの代表に選ばれています。小学校の頃にサッカーをやっていたあ桐生選手に肉状を進めたのは、父親と兄。

その当時から桐生選手の能力を見抜いていたんでしょうね!

スポンサーリンク

桐生祥秀(東洋大)の韓国疑惑や彼女も

桐生選手をネットで検索すると「韓国人」というキーワードがでてきます。

なので、韓国人疑惑をチョット調べてみると・・・

生粋の日本人!でした。

このウワサは、チョット顔立ちが韓国人に似ていることからたったウワサのようですね。

このくらい有名人になるとチョットしたことで変なウワサがすぐにSNS上で拡散されてしまうので本人はやっかいです。

また、彼女に関しても調査して見ると

陸上界でも有名な「土井杏南さん」の噂があるようです。

が、

これについては、桐生選手がインタビューで

「彼女(土井杏南)が自分よりいい順位だと、追いつこうと頑張れます。」

とコメントしたことからウワサが広がっただけのようです。

桐生選手はもう大学生で年齢的にも彼女がいて当然だと思いますし、陸上でこんなに頑張っていると魅力的ですね。

まとめ

今回は、桐生祥秀(東洋大)の出身高校や経歴と家族は?韓国疑惑や彼女も調査について書いてきました。

桐生選手の出身高校は、全国でも進学校で有名な「洛南高校(京都)」です。

家族は、両親と3歳年上の兄。

韓国人疑惑は、単なるウワサで同じ陸上選手の「土井杏南さん」との交際のウワサもありましたが事実は確認できませんでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする