まんパク(立川)2017メニュー一覧と入場料は?混雑やアクセスも

こんにちは、シュウです。

日本最大級の食フェスが5月に立川で開催されます。去年は30万人以上も来場したようです。

食フェスといえば肉やパンなどの一定の決まったメニューが多いですけどこのまんパクは種類が豊富でどれを食べるか迷っちゃう位あります。

例えば、

  • 海鮮
  • ラーメン
  • 餃子
  • スイーツ

この他にも本マグロの解体ショーやステーキのイベント、もちろんキッズエリアも完備しています。

なので、小さな子供がいる家族でも一日中楽しめそうです!

まんパク2017で特に気になるメニュー一覧や入場料、そして混雑やアクセスも調査してみます。

スポンサーリンク

まんパク(立川)2017アクセスと入場料は?

それでは簡単に、まんパク2017の概要をみていきましょう!

会場

国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン

住所:東京都立川し緑町3173

日程

2017年5月18日(木)~6月5日(月)

10:30~21:00 ※6月5日は~16:00まで

入場料金

  • 前売り:平日 400円 土・日・祝 700円
  • 当日券:平日 500円 土・日・祝 800円
    ※中学生以下は無料

まんパク2017は国営昭和記念公園のエリア外に設置しています。

筆者もこの公園に行ったことがなかったので知らなかったのですが、国営昭和記念公園に入るには

「入園料金」

がかかります。

入園料

  • 大人(15歳以上):410円
  • 小人(小・中学生):80円

しかし、まんパクと国営昭和記念公園に2つを満喫できるセット料金も用意されていました!

特別セット料金

  • 前売り:平日 600円 土・日・祝 900円
  • 当日券:平日 700円 土・日・祝 1000円

断然、特別セット料金の方が良いと思います!時間があればご飯を食べて公園でのんびりと過ごすのはいかがでしょうか。

さらに~5月28日(日)までですが、フラワーフェスティバルも開催されていますのでいろんな春の花を見てみるのもいいかもしれませんね!

アクセス

  • JR中央線・青梅線・南武線 立川駅北口 徒歩10分
  • 多摩モノレール 立川北駅 徒歩8分

スポンサーリンク

メニュー一覧とアトラクションや混雑予想

メニューを見るだけですぐに食べたくなってしましそうになります。
◎◎メニュー一覧はコチラ

アトラクションは

  • 本マグロの解体ショー
  • キッズエリア
  • 縁日
  • パフォーマンスステージ
  • バルーンアート
  • マッサージブース

食べる以外にも楽しめる場所がたくさんあります。
◎◎アトラクションの詳細はコチラ

気になる混雑ですが、例年の感じですと平日はそれほどでもないようです。

しかし、去年は土日になると約4万人ほどの来場者があったそうです。

混雑するエリアは

  • 入場券売り場
  • 人気店

となっています。

なので、なるべく前売りを購入し、電子マネーも使えるのでしっかりとチャージしておくのがポイントかもしれません。

まとめ

今回は、まんパク(立川)2017メニュー一覧と入場料は?混雑やアクセスもについて書いてきました。

食フェスで有名な肉フェスよりもまんパクの方が評判が良い!というコメントも見受けらました。

そのせいか、毎年混み具合が激しくなってきているので、行き当たりでなく計画を立てたほうが良いかもしれないですね。

やはりお昼時と夕食時の混雑は相当なものが予想されますので、子供と一緒の時はくれぐれも注意が必要です!

筆者も小学生の子供がいるので出かける時は、子供目線で考えるようにしています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする