万波中正(横浜高校)の経歴や家族と出身中学は?シニアと国籍も!

こんにちは、シュウです。

高校野球も春季大会が始まりましたね。この大会は夏の大会のシード権を取るための重要な大会です。

なぜなら、シードのランクが良いほど強豪校を戦わなくてすむからです。

夏の大会はとても暑いので体力の消費がハンパないです。

なので、すこしでも体力を温存させるためにこのシード権が必要なのです。

筆者は神奈川県に住んでいるので、ちょっと県大会の様子をネットで調べてみると横浜高校にオコエ2世がいる情報をキャッチしました。その選手の名前は

「万波中正君」

です。

そして、筆者はいつものように

「ナンジャ~この名前は~????」

となりました。

なので今回は、万波中正君の(横浜高校)の経歴や家族と出身中学を調べ、加えてシニアと国籍や名前の読み方を調べていきます。

スポンサーリンク

万波中正(横浜高校)の経歴やシニアと出身中学は?

それでは、簡単に万波中正君のプロフィールを紹介します。

  • 生年月日:2000年4月7日
  • 身長:190cm
  • 体重:92kg
  • 出身地:東京都練馬区
  • 出身中学:練馬区区立開進第二中学
  • 投打:右投・右打

小学2年で野球を始め、中学では東練馬シニアに所属し中学の部活は陸上部でした。

また、小学生の時にはモデルもやっていたそうです。そして、万波中正くんには小・中学校の時に伝説がありました!

小学校時代のの伝説

少年野球時代のバッティング練習でグランド外にポンポンと打ち込み、民家を破壊していました。

住民はたまらず、万波中正君のバッティング練習を止めてもらうように監督に直訴したようです。

なので、バットを金属から木のバットに代えたのですが、相変わらずグランド外までボールを飛ばしてしまいナント万波中正君には

「バッティング練習禁止令」

がでたそうです。なんとも規格外の話ですね。

中学時代の伝説

中学の時はシニアと陸上をやっていました。シニアでの活躍はもちろんのこと陸上でも実績を残しているんです。

  • 中1:100mハードル  都大会 2位
  • 中2:砲丸投げ  都大会 優勝で全国大会出場

陸上でも実績を残しいる秘密はどうやらお姉さんにあるようですね。

スポンサーリンク

万波中正(横浜高校)の家族と国籍や読み方も!

家族は4人です。

  • 父:ウィリーさん コンゴ共和国
  • 母:有里子さん 日本
  • 姉:アイシャさん

その姉のアイシャさんも陸上競技をやっており、都大会では上位に入賞し「最優秀競技者」にも選ばれています。

なので、万波中正君が陸上でスゴイのはお姉さん譲りかもしれませんね。

ところで、万波中正君の読み方って気になりませんか?

これは中々、読めないですよね!筆者もそのまま

「まんなみ ちゅうせい」

と勝手に読んでいました。

なので、ちょっと調べてみると・・・・

なんとそのままでOKで、珍しく筆者も正解でした!

まとめ

今回は、万波中正(横浜高校)の経歴や家族と出身中学は?シニアと国籍も!について書いてきました。

横浜高校は、残念ながら春の甲子園には出場できませんでした。

なので、万波中正君が夏にかける思いはスゴイでしょう。

筆者だけでなく全国の高校野球ファンは、夏の甲子園で強豪チームのピッチャーとの対戦を見てみたいと思っているはずです。

夏の高校野球が今から待ち遠しいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする