中出孝夫の顔画像や経歴と家族は?犯行動機やファインライフも調査

こんにちは、シュウです。

警視庁は、三菱食品の小会社「ファインライフ」から取引先を通じて新幹線の回数券・約4200万円分だまし取ったとして、中出孝夫容疑者(元取締役営業部長)を詐欺容疑で逮捕しました。

この金額だけでもスゴイのですが、中出容疑者はこの他にも2004年から2015年にかけて合計約9億8千万円分の回数券も詐取した疑いがあるようです。

10年以上もかけて約10億円近い金額を不正していてよくバレなかったですね。

ちなみに、16年11月に会社の内部調査で発覚して役員を解任されています。

中出容疑者も気になりますが、勤務先だった「ラインライフ」という会社もどんな会社なのか気になりますね。

なので、中出孝夫容疑者の

  • 顔画像や経歴と家族
  • 犯行動機やファインライフ

を中心に調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

中出孝夫容疑者の顔画像や経歴と家族は?

それでは、現時点での中出容疑者の情報をみていきましょう。

  • 年齢:59歳
  • 住所東京都杉並区阿佐ヶ谷南3丁目
  • 職業:元・ファインライフ取締役営業部長

中井で容疑者は、取り調べに対して容疑を認めておりだまし取っとお金は、マンション購入や海外旅行の費用などにあてていたようです。

ネットで探しましたが、中出容疑者の顔画像や家族に関しての有力な情報を得ることはできませんでした。今後わかりましたら追記していきますね。

ちなみに新幹線の回数券を金券ショップに持っていくと

「85%~95%」

で換金するお店が多いです。

なので、単純計算になりますが、

9億8千万×85%~95%=8億3300万~9億3100万円

となります。

ということは、この金額に近いお金を給料以外で使用できたわけです。

いきなりこんなバブルが到来したら、中出容疑者の身近にいる人は不思議に思わなかったのでしょうか。

個人的には、不正が発覚するまで10年もかかったことにも驚いています。

スポンサーリンク

中出孝夫容疑者の犯行動機やファインライフも調査

犯行動機については、もちろん「お金のため」ではないでしょうか。

中出容疑者は手に入れたお金でマンションや高級外車の購入、飲食費にあてていたそうです。

これほどの金額ですと、とんでもない贅沢な暮らしをしていたと考えられますね。

中出容疑者が務めていた「ファインライフ」についても見ていきましょう。

1984年に会社が設立し、2012年に三菱食品の子会社になっています。

主な事業内容としては、

  • 加工食品
  • 冷凍食品
  • チルド食品
  • 農畜産水産物類
  • 調味料等

の卸売業です

  • 代表者:代表取締役社長 竹房 准司
  • 所在:東京都大田区平和島六丁目1番1号 東京流通センタービル10階
  • 従業員:60名

まとめ

今回は、中出孝夫の顔画像や経歴と家族は?犯行動機やファインライフも調査について書いてきました。

中出容疑者について現時点でわかっていることは、

  • 年齢:59歳
  • 住所東京都杉並区阿佐ヶ谷南3丁目
  • 職業:元・ファインライフ取締役営業部長

ファインライフは、東京都大田区にある食品卸売会社でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする