及川雅貴(横浜)の経歴や出身シニアと家族は?フォームと彼女も注目

こんにちは、シュウです。

先日、春季関東大会が終わったと思ったらもう夏の大会の組み合わせが始まりましたね。

また、今年入学した新一年生もすでに春の大会でデビューしています。

そこで、去年スーパー中学生と話題になった

『及川雅貴君』も横浜高校で出場しています。

及川雅貴君は、今年から楽天に入団した藤平尚真選手(2017年 横浜卒)に匹敵する才能を持つと言われる存在のようです。

筆者も名前は知っていたのですが、どんな選手かは知らなかったので夏の大会が始まる前に調査してみようと思います。

なので、及川雅貴君(横浜)の経歴や出身シニアと家族の他に、フォームと彼女などに注目していきます。

スポンサーリンク

及川雅貴(横浜)の経歴や出身シニアは?

それでは簡単に、及川雅貴君のプロフィールを紹介していきます。

  • 生年月日:2001年4月18日
  • 身長:181cm
  • 体重:66kg
  • 出身地:千葉県匝瑳市
  • 出身中学:匝瑳市立八日市場第二中学
  • 出身シニア:匝瑳リトルシニア
  • 投打:左投・左打

8歳ころから野球を始め、小6の時に「千葉ロッテマリーンズJr」に選抜されます。

中学3年時に開催されたU-15 ベースボールワールドカップ(15歳以下の野球世界一を極める大会です。)にエースとして参加します。

惜しくも決勝でキューバに敗れ準優勝となりましたが、この大会の最優秀投手として選ばれています。

ちなみに決勝で敗れたキューバですが、予選の時にあたり完封しています。

さすがに、決勝では疲れが見えたのでしょう!

◎◎2016 U-15 WBCの詳細はコチラ

ところで前回のこの大会は、7位だったので今回の準優勝というのはとても凄いことですね!

そしてそのチームの中心メンバーでエースだった及川雅貴君は、さすがに「スーパー中学生」と呼ばれるわけです。

フォームと投球動画!球速や球種も

フォームは尊敬する内海哲也選手(巨人)に似ており、長身からスリークウォーター気味に投げてきます。

◎◎2016 U-15 キューバ戦はコチラ

また、2017年5月3日に神奈川春季大会の決勝で公式戦デビューをしています。その試合は、残念ながら1回1/3 5安打 5失点で降板しています。

しかし、デビュー戦が決勝戦の先発というのは、及川雅貴君がとても期待されているのわかりますね!

◎◎2017 公式試合デビュー戦はコチラ

球速はMAX141キロです。

球種は5種類で

  • ストレート
  • スライダーは2種類
  • カーブ
  • チェンジアップ

得意球は、切れのあるストレートと縦のスライダーです。

コントロールもいいみたいなので今後は、さらに制球力を増しそして経験を積んでいけば間違いなく2019年のドラフトの目玉になる可能性が高いと個人的には思います。

家族や彼女はいるの?

家族や彼女に関して有力な情報がなくわかりませんでした。

これからの活躍で徐々にわかってくるかもしれませんね。情報が入りましたら追記していきます!

ビートたけしのスポーツ大将2017に出演!

2017年2月26日に放送された『ビートたけしのスポーツ大将2017年』に天才中学生ピッチャーとして出演しています。

その時に対戦した平田良介選手(中日)から三振を奪っています。

もちろんプロの選手もシーズンオフで中学生相手に本気を出すわけはありませんが、現役の主力打者から三振を取るなんて末恐ろしいですね。

また、この模様を解説していた石井一久さん(元・西武)が

「ボールの回転が良い!今でもプロで通用しそう!!」

と話していました。

テレビなので多少は、盛っているとは思いますがそれを差し引いても最大の褒め言葉ではないでしょうか!

まとめ

今回は、及川雅貴(横浜)の経歴や出身シニアと家族は?フォームと彼女も注目について書いてきました。

素材は最高級なので、あとは順調に成長すれば近いうちにプロで活躍が見れそうですね。

後は、ピッチャーなのでヒジや肩の故障に注意してよりいっそう成長して欲しいものです。

今年の夏の大会から活躍しそうなので、横浜高校の試合から目が離せません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする