野球

奥川恭伸(星稜)の身長や出身中学とシニアは?ドラフト評価も調査!

 

こんにちは、シュウです。

2019年のセンバツは、1日目に優勝候補同士の対決です!

 

「星稜(石川)vs履正社(大阪)」

 

高校野球ファンには、たまらないカードですね。

1回戦でなく決勝のような試合です。でも近年騒がれている投手の疲労を考えると、1回戦のほうが奥川恭伸くん(星稜)の最高のピッチングが見れそうなのでもいいかもしれません。

 

今回は、奥川恭伸くん(星稜)の

  • 身長や出身中学とシニアは?
  • ドラフト評価

を中心に調査していきますね。

スポンサーリンク

奥川恭伸(星稜)の身長や出身中学とシニアは?

奥川恭伸 星稜高 投手

高校ビッグ4と去年から注目されている奥川恭伸くん。ちなみに高校ビッグ4とは

それでは、奥川恭伸くんの簡単なプロフィールからみていきましょう。

  • 生年月日:2001年4月16日
  • よみかた:おくがわ やすのぶ
  • 身長:183cm
  • 体重:82kg
  • 出身小学校:かほく市立宇ノ気小学校
  • 出身中学:かほく市立宇ノ気中学校
  • 出身シニア:所属なし
  • 投打:右投・右打

小学2年の時に宇ノ気ブルーサンダーで野球を始める。中学時代は、このクラスの投手では珍しくシニアに所属せずに宇ノ気中学校の野球部に。

 

中学3年の夏には、全国制覇も達成しています。星稜高校に進学し、1年の春の北信大会からベンチ入り。2年の春(ベスト8)と夏(2回戦)に甲子園出場し今回で3季連続。

 

昨年の夏には、2年生でただ1人、U18に選ばれ吉田輝星選手(日ハム)らと一緒にアジア選手権で銅メダルを獲得。

 

筆者がすごく驚いたのが、奥川恭伸くんは、小学4年生から現在まで山瀬慎之助くんとずっとバッテリーを組んでいるんです!幼馴染でバッテリーを組んで甲子園に出るなんて、まるでマンガみたいですね(*^^*)

 

ちなみに山瀬くんは、「こういうやつがプロ野球選手になるんだな」と幼いころ感じてたそうです。

スポンサーリンク

奥川恭伸(星稜)のドラフト評価も調査!

 

球速は、MAX150キロ。球種は

  • スライダー(130キロ前後)
  • フォーク(135キロ前後)
  • カーブ(110キロ前後)
  • チェンジアップ

ストレートは、常時140キロ前後でカウントを取りにいき追い込んだら少し力を入れ140キロ後半のボールで三振を取りに行きます。

 

また、変化球もすべて一級品でピッチングに強弱をつけることができ菅野智之選手(巨人)と似ている感じでね。10年に1人のピッチャーとの評価もあります。

 

奥川恭伸くんは、このままいけば間違いなくドラフト上位でそれも1位の可能性もあると個人的には、思っています。

まとめ

今回は、奥川恭伸(星稜)の身長や出身中学とシニアは?ドラフト評価も調査!について書いてきました。

奥川恭伸くんのプロフィールは

  • 身長:183cm
  • 体重:82kg
  • 出身小学校:かほく市立宇ノ気小学校
  • 出身中学:かほく市立宇ノ気中学校

中学時代は、シニアでなく宇ノ気中学校の野球部で活躍し3年の夏に全国大会で優勝。山瀬慎之助くんとは、小学4年生から現在までバッテリーを組んでいるのにはビックリです!