戦力外になったプロ野球選手!その後の人生で成功した人はいる?

こんにちは、シュウです。

先日、テレビの再放送で『プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男たち』を見ました。

毎年、11月位にやっている番組です。今までプロ野球選手として活躍してきた人がある日、球団にクビを言い渡されその後の人生をどうするといったものをリアルに描くという内容です。

普段、ボク達が勤めいている会社は、余程のことがない限り会社からクビを言い渡すなんてことはありません。いわゆるリストラですね。

しかも、戦力外通告を受けたプロ野球選手たちは次の日から仕事がなくなるので一体どうしているのか気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

戦力外になったプロ野球選手のその後は?

そもそも、戦力外とはなんでしょうか?

戦力外とは、「来季のシーズンにあなたはチームの戦力として考えていませんよ」

ということです。球団にとって必要がない、つまりクビということです。

時期は、早いチームでリーグ戦が終わってから。遅いと日本シリーズ終了後です。球団から前の日に電話があり、当日、約10分位で戦力外通告がいいわたされます。

そして、次の日から無職になります。いきなりなのでホントにありえないし、途方にくれてしまうのも仕方ないですね。なんとも恐ろしい世界です。

ただ、自分のチームがクビになっても他のチームがチャンスをくれるというものがあります。それは、12球団合同トライアウトというものです。

これは、戦力外通告を受けた選手たちがもう一度他のチームで野球をやりたいと希望している選手たちを全員集めます。

そして、全員で順番にまわして試合をします。その試合を各チームのスカウトたちが見て戦力として扱える選手と契約します。

ちなみに2016年戦力外通告を受けたのは113名。合同トライアウトを受けたのは65名です。例年これに受かるのは1~3名くらいです。

ホントに狭き門ですね。これに落ちるといよいよプロ野球選手としての道はなくなります。

ただ、選手としてどうしても野球をやりたいという人は日本の独立リーグやアメリカ、韓国などへ行きます。

選手でなく一般の社会人になるわけですが、どのよな職業についているのでしょうか?

まとめてみました。

  • 野球関係
  • 飲食関係
  • プロゴルファー
  • 教職員
  • 不動産関係
  • 建築関係

特に野球関係が多く約50%です。やはり、今までの野球経験を生かした転職が多いでね。

また、選手時代に美味しいものを食べているということで飲食店を経営する人もけっこう多いですが、なかなかうまくいかないみたいです。

スポンサーリンク

その後の人生で成功した人は?

戦力外通告のようにクビではなく自ら辞めた、いわゆる引退した人達はテレビやラジオで試合の解説などの仕事がきます。

しかし、クビになった選手たちにそのような仕事がくるはずもなく自分たちで探さなければいけません。

つまり、

「就活」です。

ずっと野球しかやってこなかった人達にとって、いきなりサラリーマンになるのはかなりしんどいと思います。

そんな環境でもその後の人生で成功をおさめた人がいます。それは、

松谷竜二郎さんです。元巨人の投手で移籍した近鉄で戦力外通告を受けました。その後、建設会社に就職。現場作業員から現在、年商90億円の会社の代表取締役になりました。

ありえないくらい努力したのでしょね。たいてい、野球選手としてのプライドが邪魔をして途中で辞める人が多いみたいです。

ボクも見習わなければ・・・・

いろいろと調べてみたのですが、松谷さんみたいにその後の人生で成功をおさめた人はまれみたいです。

その他の戦力外通告を受けた人

元横浜(現DeNA)の古木 克明さんもかなりの経歴ですね。

戦力外通告→格闘家→トライアウト3回

数年前までテレビで見かけたのですが、現在はどうしてるのでしょうか?

現在は宮城県で一般社団法人スポーツFプロジェクトの代表理事をしています。

とにかく行動派ですね。トライアウト3回はすごいです。その後、大学院を経て今の会社の代表理事に就任しています。

年商はわかりませんが、古木さんも成功でしょう。

そういえば、先日のテレビのしくじり先生で久しぶりに新庄さんをみかけました!

新庄さんは戦力外ではなく引退でしたが、現在はどうしちゃったんだろうという感じでしたね。しかも、整形しているみたいで顔が変わっちゃってましたね!

もともと型破りな行動を取ってびっくりさせるタイプでしたが・・・

まとめ

今回は、戦力外になったプロ野球選手のその後の人生について見てきました。

調べてみて、飲食関係というのが多かったのにはびっくりしました。野球選手なので体を使う仕事だと思ってたのですが、焼肉屋、寿司職人、バー、居酒屋など幅広かったです。

プライドが邪魔することもあるとは思いますが、根性・気合いというのは相当なものがあるはずなので、そのあたりをうまくいかして第2の人生でも成功をおさめて欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする