ポテサラ食中毒(O157)の原因や症状は?工場名や場所と混入ルートも

こんにちは、シュウです。

ポテトサラダで食中毒?

8月7日~8日にかけて、埼玉県熊谷市の惣菜店「でりしゃす籠原店」「でりしゃす熊谷店」などで販売されたポテトサラダを食べて食中毒になり、現時点で判明している感染者は10人。

夏なのでレバーやホルモンなどの肉を食べて食中毒になるというのはよく聞きますが、まさかポテトで食中毒とは・・・

あまりに身近で手軽な食材なので驚きを隠せないです。

筆者の娘もポテトサラダが好きなので、スーパーやコンビニなどでよく購入してますが、これからは手作りにしようと考えてます(笑)

今後そうならないようにならないように原因などを知って対策が必要ですね。

今回は、ポテサラ食中毒(O157)の

  • 原因や症状
  • 工場名や場所と混入ルート

を中心に調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

ポテサラ食中毒(O157)の原因や症状と対策は?

現時点で判明している「でりしゃす」の店舗は、

  • 籠原店(埼玉県熊谷市)
  • 熊谷店(埼玉県熊谷市)
  • 六供店(群馬県前橋市)

☆籠原店(埼玉県熊谷市)

☆熊谷店(埼玉県熊谷市)

☆六供店(群馬県前橋市)

加工販売されたポテトサラダと食べて腹痛などを訴えたのが14人でそのうち10からO157(腸管出血性大腸菌)が検出されている。

工場が製造したポテトサラダに各店舗がハムやリンゴを混ぜて販売していました。

ということは、原因として考えられるのは

  • 工場のポテトサラダ
  • 店舗で混ぜたハムやリンゴ

の可能性がありますね。

なので、8月23日に群馬県の高崎市保健所がポテトサラダの製造先の食品工場を立入検査した結果、

「サンプルからはO157の検出はなし!」

さらに、製造工程や衛生管理面も特に問題はなかったようです。

でも、検査したサンプルは8月5日、7日のものなのでまだわかんないですね。

筆者も食品工場でアルバイトをしたところは、衛生面についてはかなりしっかりとやっている印象を受けました。

着替えてから作業場に行くまで手洗いを3回、エアシャワー4回もしないとダメ。

しかし、他の食品工場で働いたことのある人の話だと衛生面がいい加減な場所もあると聞き「ちょっと怖い」と思ったこともありました・・・

O157の症状としては、感染から数日後に

  • 激しい腹痛
  • 水のような下痢
  • 血便

などが見られます。

今回のポテトサラダでは、3人入院。意識不明の重体だった5歳の女の子は順調に回復しているとのことです。

筆者も食中毒になった経験がありますが、ホントつらい。お腹も痛いけどトイレから離れなれないし。

まだ、大人だったらいいのですが、小さい子供がなってしまうと今回のように合併症を引き起こし命に関わることになるので注意が必要です。

また、O157対策としては

  • 手洗いの徹底
  • 生肉はやめる(75度以上で1分以上焼く)
  • 保管は冷蔵庫
  • 調理器具をよく洗浄する
  • 生野菜もよく洗う

などが上げられます。とにかく「よく洗う!」の徹底ですね!

スポンサーリンク

ポテサラ食中毒(O157)の製造工場名や場所と混入ルートも

それでは、ポテトサラダを製造した工場について見ていきたいと思います。

ポテトサラダを製造した工場は、

  • 光食品惣菜製造工場
  • 所在:群馬県高崎市神保町769

と判明しました!

ただ、23日の高崎市保健所の検査ではO157が検出されていないので、今回の件は別ルートでポテトサラダに混入した可能性がありますね。

次は、各店舗で混ぜたハムやリンゴも怪しいですけど3店舗が同時期にというのは個人的にはちょっと考えられないかな?と思いました。

まとめ

今回は、ポテサラ食中毒(O157)の原因や症状は?工場名や場所と混入ルートもについて書いてきました。

ポテサラ食中毒の原因は、現時点ではわかりませんでした。

原因の可能性があったポテトサラダを製造した食品工場は、保健所の検査の結果「シロ」。

食品工場は、

  • 光食品惣菜製造工場
  • 所在:群馬県高崎市神保町769

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする