櫻井周斗(日大三)の経歴や出身中学は?家族とシニアや球速も調査!

こんにちは、シュウです。

春の甲子園が終わったと思ったら、高校球児達はもう春季大会で夏のシード権をかけて戦っています。

そんな中で早実の清宮幸太郎君は相変わらず注目の的で、連日のようにネットなど各メディアが騒いでますね。

その清宮幸太郎くんを去年の秋季都大会の決勝で5三振とったピッチャーが、日大三高のエース桜井周斗くんです。

もちろん春の甲子園にも出場しましが、一回戦で準優勝した履正社と対戦し惜敗してしまいました。

その時も今秋ドラフトの超目玉の安田尚憲君を3三振、4番の若林将平君も4三振とその実力を見せつけています。

なので、今秋のドラフトで大注目される桜井修周斗君の経歴や出身中学を調査するとともに家族とシニアや球速・球種なども調べていきます。

桜井周斗(日大三)の経歴や出身中学とシニアは?

それでは、簡単に桜井周斗君のプロフィールを紹介していきます。

  • 生年月日:1999年6月25日
  • 身長:177cm
  • 体重:78kg
  • 出身地:埼玉県所沢市
  • 出身中学:所沢市立東中学校
  • 出身シニア:新座シニア
  • 投打:左投・左打

小学1年生の時に野球を始め、中学の時の新座シニアでは1番でピッチャーでした。

この打順にちょっと驚く人も多いかもしれませんが、桜井周斗君は足もすごく早く50m6.1秒という俊足の持ち主なんです。

しかもバッティングもよく日大三高では、1年の秋からライトで6番のレギュラーを取りました。

この感じどっかで聞いたあことがあるような・・・・

そうです!

あの二刀流の大谷翔平選手(日ハム)にそっくりじゃないですか!大谷翔平選手も俊足なので去年、1番ピッチャーで出場し先頭打者ホームランを打っていますね。

これは、筆者の野球観が壊れてしまうような起用方法です!

しかし、日大三高ではさすがに1番でなく3番ですね。

スポンサーリンク

桜井周斗(日大三)の家族や球速と球種も調査!

家族に関しては、詳細の情報がなくわかりませんでした。ドラフトされればテレビやメディアがほっとかないので詳しくわかるかもしれませんね。

球速はMAX144キロです。
球種は3種類。

  • ストレート
  • スライダー
  • チェンジアップ

桜井周斗君といえば、何と言ってもスライダーでしょう!超高校級ともいわれるこのスライダーを打てるバッターは、日本全国探しても中々いないと思います。

◎◎安田尚徳君を3三振はコチラ

◎◎清宮幸太郎くんを5三振はコチラ

また、課題ともいわれているのがスタミナ面と制球力です。このあたりを夏までに克服できればまた甲子園に出場しかなりいいところまでいけるのではないでしょうか。

もちろん優勝候補にあがってくると思います。

まとめ

今回は、桜井修斗(日大三)の経歴や出身中学は?家族とシニアや球速も調査!について書いてきました。

夏までに課題と言われているスタミナと制球力をどこまで仕上げてくるか楽しみですね。

また、残念なことに夏の西東京大会では早実と日大三校があり、どちらかしか甲子園に出場することが出しません。

ちなみに去年は早実が決勝戦で日大三高にサヨナラ勝ちをしています。

今年は果たしてどうなるのでしょうか。
夏の西東京大会は大注目です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする