青雲丸(海技大学)で行方不明の原因や理由は?スケジュールと船長も

こんにちは、シュウです。

新聞を見ていたら、

「練習船・青雲丸で学生の失踪などが多発発生」

という記事を見かけました。

どういうことか気になって見てみると

海技士を目指して練習線・青雲丸に乗船している学生が先月(1ヶ月間)だけで3人も失踪などをしており中には、自ら命を立つような行為もあったようです。

確かに、船の訓練は相当キビシイと思いますが何人も失踪をするなんてちょっと何かあるんじゃないのかと思ってしまいますよね。

だって、厳しいのは前からわかっていたはずだし、学生たちもそれなりの覚悟はしていると思うし・・・・

なので、青雲丸(海技大学)で行方不明の

  • 原因や理由
  • スケジュールと船長

を中心に調査したみたいと思います。

スポンサーリンク

青雲丸(海技大学)で行方不明の原因や理由は?

今回の事件があった海技大学は、国土交通省の独立行政法人・海技教育機構の学生を教育や訓練などをする学校。

航海士・機関士・通信士として船に乗船するために必要な国家資格の「海技士」を目指しています。

所在地:兵庫県芦屋市西蔵町12-24

問題があった件を簡単に整理してみると

  • 7月13日:未遂
  • 7月20日:自ら命を立つことをした
  • 7月30日:失踪

3人の内20日と30日に問題を起こした学生は船内で同部屋だったということです。

また、2014年と2016年に今回と同様なことが2件ありました。

ただ、今回のように1ヶ月で3件というのはチョット異常ですね。

筑波大学教授・精神科医の高橋教授は、今回の件に

「閉鎖空間による連鎖反応ではないか」

と報道にコメント。

以前の件に対して海技教育機構は、

「将来、船員になることへの不安の可能性がある」

としており、今回の件に対しては第三者委員会を設けて原因究明を進めるとしている。

個人的には、少し対応が遅いのでは?と思います。

最初に問題があった時に他の生徒達にも真摯に対応ができていれば、何人もでてこなかった可能性がありますね。

スポンサーリンク

青雲丸(海技大学)のスケジュールと船長も

海技大学の航海訓練では

  • 日本丸
  • 海王丸
  • 大成丸
  • 銀河丸
  • 青雲丸

の5隻を練習船として使っています。

青雲丸の概要としては

  • 総トン数:5,890トン
  • 全長:116m
  • 出力:7,722kw

引用元:https://www.jmets.ac.jp/kaidai/

今回の青雲丸の訓練は、7月1日より3ヶ月間に渡り実習生を約140~150人乗船して訓練を行っている。

また、問題があった7月の青雲丸の航海スケジュールは↓
◎◎青雲丸の航海予定はコチラ

ネットで探しましたが、青雲丸の船長に関しての情報はありませんでした。わかりましたら追記していきますね。

まとめ

今回は、青雲丸(海技大学)で行方不明の原因や理由は?スケジュールと船長もについて書いてきました。

青雲丸で行方不明などの原因や理由として、

筑波大学教授・精神科医の高橋教授は、

「閉鎖空間による連鎖反応ではないか」

とコメントしています。

青雲丸のスケジュールとしては7月1日から3ヶ月間、実習訓練を行っているということでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする