総裁選(自民党)2018の日程はいつ?結果速報と株価の予想や簡単に仕組みも解説!

こんにちは、シュウです。

安倍首相が、8月26日に鹿児島で自民党総裁選の出馬を正式に表明しました!

でもなんで鹿児島で???

そんな大事なことはもっとちゃんとした所でやるものじゃないの??なんて思いながら総裁選についてネットで見てると・・・

実は・・・

「総裁選の仕組み」に答えがあったんです!

また、今回の総裁選は、来年の皇位継承や2020年の東京オリンピックが絡んでいるのでいつも以上に大事なものになりそうです。

もし安倍首相が交代になると日本の経済にも影響が出ると予想されるので株価の動きもきになりますね。

なので、

  • 総裁選(自民党)2018の日程はいつ?
  • 結果速報と株価の予想
  • 簡単に仕組みも解説

について調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

総裁選(自民党)2018の日程はいつ?

それでは、自民党の総裁選2018の日程などの概要をみていきましょう!

<告示日>

2018年9月7日(金)

<投開票日>

2018年9月20日(木)

※国会議員票と地方票(党員票)は、投票終了後に同時に開票します。

総裁選に出馬の可能性があった岸田政調会長は、すでに不出馬の表明しており、次回の総裁選に手を挙げたいとコメント。

野田総務相は、派閥に属さないので総裁選の立候補に必要な推薦人(20人)が集まらない模様です。

なので、すでに正式に出馬表明している安倍首相と石破元幹事長の一騎打ちになる見込みです。

日本経済新聞社とテレビ東京による8月24~26日の世論調査で、9月の自民党総裁選で誰が総裁にふさわしいか聞いたところ、安倍晋三首相と答えた人は39%だった。石破茂元幹事長は31%、野田聖子総務相は4%

引用元:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34612790W8A820C1PE8000/

各新聞の世論調査では、安倍首相が石破氏を5~8%くらい支持率が上回っています。

確かに安倍首相が上げてきた成果は多くありますね。筆者がすぐに思いつくのは、

  • 株価の上昇(2012年1万円前後→2018年2万2000~3000円※2018年8月現在)
  • 有効求人倍率(2018年6月現在1.62倍で44年ぶりの高水準)
  • 国内総生産(GDP)→50兆円以上もアップ

と素晴らしいです。

が、

庶民の筆者は、あんまり成果の恩恵を受けていないような・・・物価が上がって格差が広がっているような気がしてならないのですが(・・;)

ともあれ国が潤えばいつか個人にもその恩恵がきっとあるはずですね!と信じたいです(*^^*)

スポンサーリンク

総裁選(自民党)2018の仕組みも簡単に解説

「総裁選」といっても「普通の選挙とどう違うんだろう?」って思いますよね!恥ずかしながら筆者もなんとなくしかわかりませんでした・・・

なのでわかりやすく簡単に総裁選について解説していきますね!

2014年に総裁選の改正があり、今回の総裁選は

  • 国会議員の投票
  • 全国の党員・党友(地方票)

で決まります。

写真

引用元:http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201807/CK2018072602000154.html

以前は、地方表が「300票」と固定されていました。今回は、地方票を重視するということで国会議員票と同数の「405票」に変更されています。

この地方票を重視する事になった経緯は、2012年の総裁選の時に石破氏が1回目の地方票で圧勝したにもかかわらず過半数に届かず。

そして2回目の国会議員のみの決選投票で安倍首相に逆転され、「地方の声をもっと考えて欲しい」と多くの声が聞かれたからです。

ちなみに安倍首相が鹿児島で総裁選の出馬の発表したのは、この地方票をアピールするためと言われてます。

さらに、人気のあのドラマ「西郷どん」にちなんでだそうですね(*^^*)

また、総裁選の立候補者が複数いる場合は、1回目の投票で「過半数獲得者」がいなかった場合は、「上位2人による決戦投票」となります。

今回の場合は、安倍首相と石破氏の2人だけになりそうなので必ずどちらかが過半数獲得でき1回の投票で終わりそうですね。

総裁選(自民党)2018の結果速報と株価の予想

※ 9月 20日 追記 

自民党総裁選2018年の結果は「安倍氏」に決定しました!

  • 安倍氏:553票(国会議員票:329票 地方票:224票)
  • 石破氏:254票(国会議員票:73票   地方票:181票)

また、この総裁選がもたらす株価の影響をみていきましょう。

安倍首相がそのまま当選し継続すれば、市場は政権安定を好感し株価上昇に繋がる可能性があります。

反対に石破氏の場合だと、一時的な株価のショック安は免れないというのが専門家の味方のようです。

ですが、石破氏の新鮮さに期待して株価上昇の展開を見せる可能性もあるとのことです。

つまり、新政権が誕生してもよほどのことがない限り株価の暴落とまではいかないというのがこの総裁選に対しての専門家たちの見方のようですね。

まとめ

今回は、総裁選(自民党)2018の日程はいつ?結果速報と株価の予想や簡単に仕組みも解説!について書いてきました。

自民党の総裁選は、公示日が9月7日で投開票が9月20日です。

2014年に総裁選の改正があり「地方の声をもっと反映して欲しい」との声を用いて地方票を重視し、国会議員票と同数の405票となりました。

株価に関しては、石破氏が当選することになったら一時的な株安が起こる可能性はありますがそれも一時的で徐々に持ち直してくるのではという専門家のコメントが多く見られました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク