横浜スパークリング2017花火の打ち上げ場所は?見所と屋形船も調査

こんにちは、シュウです。

今回も前回に引き続き、横浜スパークリングトワイライト2017花火大会について見ていきたいと思います。

前回では、日程や有料席と穴場スポットについて紹介しました!

横浜スパークリング2017花火の有料席は?日程や穴場スポットも!

見る場所を考える時に、一体どこから花火が打ち上げいるのかを知っておく必要がありますよね。

また、夏のボーナスが入ってちょっと経済的にも余裕があったら屋形船なんかでお酒を飲みながら見るのもいいかもしれません。

なので、横浜スパークリング2017花火の打ち上げ場所を調べるのと、見所と屋形船も調査していきたいと思います。

また、横浜スパークリングトワイライトでは花火以外のイベントも開催しているのでそちらも紹介していきます。

スポンサーリンク

横浜スパークリング2017花火の打ち上げ場所と見所は?

まずは、簡単に横浜スパークリングトワイライト2017花火大会の概要を見ていきましょう!

<日程>

2017年7月15日(土)~16日(日)

19:30~20:00 (両日とも)

<会場>

山下公園及びその周辺と公園海上(横浜港)

<アクセス>

  • みなとみらい線 元町中華街駅 徒歩約3分
  • JR根岸線 石川町駅 徒歩約15分

<打ち上げ場所>

山下公園の目の前にある海上です。

横浜スパークリングトワイライト2017花火大会の見どころは、何と言ってもすぐ目の前に海があるので

「海から花火が出てくる」

ような感じで見ることができます。

また、同じみなとみらい地区で開催されていた「神奈川新聞花火大会」が今年から当面の間休止すると発表されています。

なので、今年の横浜スパークリング花火大会はいつも以上に期待が持てそうです。

その他にも、見る場所によって

  • ベイブリッジを背景に花火が見られる(大桟橋)
  • 花火と同じ位の高さで見ることができる(マリンタワー)
  • 花火が始まる前後に船などがライトアップされる

などがあり、「花火+〇〇」みたいな感じで楽しめちゃいます!

穴場スッポットの記事に詳細が掲載しています↓

横浜スパークリング2017花火の有料席は?日程や穴場スポットも!

スポンサーリンク

横浜スパークリング2017花火の屋形船も!

屋形船(クルージング)にはいくつかのパターンがあります。

  • 食事なし
  • 食事付き
  • 乗り合い
  • 貸し切り

一番多いパターンが「食事付き+乗り合い」です。このパターンだと10,000~15,000円くらいが多いです。

もちろんドリンクは飲み放題でお酒やソフトドリンクなどの様々な種類があります。

それではいくつかの屋形船を紹介していきます!

☆アニバーサリークルーズは「食事付き+乗り合い」でトワイライトジュエリーポートにも参加します!

◎◎アニバーサリー クルーズはコチラ

☆旅プラスワンでは、食事なしのプランから食事ありまで色々な種類のプランを選択できます。

最安値で4,800円~のプランもあります!

◎◎旅プラスワンはコチラ

☆ロイヤルウィングは豪華客船です。屋形船とは違いかなり大きな客船です。

なので、価格設定も18,000円とちょっと高めです。

◎◎ロイヤルウィングはコチラ

横浜スパークリングトワイライト2017 イベント

それでは、花火大会以外の横浜スパークリングトワイライト2017のイベントを紹介していきます!

スパークリングパレード

日本と世界との友好をテーマにインド・トルコ・韓国など多数の国の人が民族衣装をまとったり、横浜市内の人のお神輿などが見ることができます。

  • 日程:16日(日) 14:00~16:00
  • 場所:山下公園前の道路から大桟橋方面へ

シップパレード

横浜=港町 ということで船のパレードです。

他の場所では中々見ることができません。子供連れのファミリーにもおすすめです!

  • 日程:15日(土) 「横浜港で働く船のパレード」
       16日(日) 「シーカヤックパレード」
  • 時間:14:00~15:30(両日とも)

スパークリングステージライブ

横浜税関音楽隊、赤い靴合唱団などの親しみやすい音楽を楽しむことができ、夕方にはジャズの演奏もあります。

  • 日程:15:00~19:00(両日とも)
  • 場所:公園内の石のステージ

そして、今年もみなと横浜ゆかた祭り2017応援大使「SOLIDEMO」がライブを行います。

16(日)のみ開催予定です。時間は未定です。発表がありましたら追記していきます。

ちなみに、去年は16:20~16:40頃に行われました。

海難レスキューデモ

横浜海上保安部、横浜市消防局によるデモンストレーション。消防船による放水や15日には消防局のヘリコプターによる救助活動が行われます。

まるでドラマでも見ているような感じで迫力満点です。

  • 時間:13:00~13:40(両日とも)
  • 場所:横浜港


シーサイドレストラン&バー

横浜の人気のレスランなどが出店しています。毎年、出店するお店は変わっていますが、過去の例として

  • 泉平
  • 崎陽軒
  • ポンパドウル
  • 四五六菜館
  • かつれつ庵
  • ホテルニューグランド
  • 横浜八十八
  • 荒井屋

などが過去に出店していました。横浜では有名な老舗のお店がズラリ並んでますね。

食べたことのないお店があったら1度は食べる価値ありかも!?

トワイライトジュエリーポート

名前の通り、夕暮れ時に宝石が港にあるがごとくイルミネーションでキレイに彩られます。

みなとみらい地区・マリンタワー・氷川丸などがライトアップされ、まるで冬のクリスマスシーズンのように感じます!

  • 時間:18:50~19:30
  •    20:00~20:15

PR・ファミリーコーナー

消防署、海上保安部等による、楽しく学べるPRコーナーを開催しています。

好評の「氷の彫刻」実演があります!

過去に作ったものとして

  • カモメ
  • オウム貝
  • カサゴ
  • マンタ

などがあり海にまつわる物が多いですね。
今年は何ができるのでしょうか!?

  • 時間:11:30~17:00
  • 場所:シーサイドレストラン&バーの中央にある石造りステージ

まとめ

今回は、横浜スパークリング2017花火の打ち上げ場所は?見所と屋形船も調査について書いてきました。

打ち上げ場所は、山下公園の目の前の海上(横浜港)ですね。

山下公園や大桟橋で花火を見ることができたら、海から花火が上がってくるように見えますよ!

屋形船から見る花火も海上から見ることができて、いつもと違う感覚で楽しめますね。

花火以外にもたくさんのイベントがあるので、1日中楽しむことができそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする