鈴木萌斗(作新学院)の経歴と出身シニアや家族は?盗塁の技術に注目

こんにちは、シュウです。

続々と夏の甲子園大会・予選の組み合わせが決まってきましたね。

梅雨が続きますが、来月から予選が始まり各チームとも緊張感が高まっっていると思います。

そんな中で、ネットのニュースにすごい記事がありました!

足のドクターX!作新学院・鈴木は公式戦盗塁失敗0!

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-01843850-nksports-base

筆者は、一瞬止まってしまいました。

というのは、盗塁を失敗したことがない選手なんているなんて信じられなかったからです。

野球経験者で盗塁も自信があった筆者なので気にならないわけがありません!

なので、鈴木萌斗君(作新学院)の経歴と出身シニアや家族を調べるとともに、盗塁の技術に注目して調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

鈴木萌斗(作新学院)の経歴と出身シニアや読み方は?

それでは、簡単に、鈴木萌斗君のプロフィールを紹介していきましょう。

  • 読み方:すずき もえと
  • 生年月日:1999年6月27日
  • 出身地:栃木県宇都宮市
  • 出身中学:宇都宮市立旭中学
  • 出身シニア:宇都宮リトルシニア
  • 身長:182cm
  • 体重:75kg
  • 投打:右投・左打

小学1年から野球を始め、中学ではシニアと学校では陸上部に所属していました。

作新学院では1年の秋からベンチ入りし、主に代走や守備固めで出場。

2年の秋から1番センターのレギュラーになりました。

走攻守が揃っており、プロのスカウトも注目しています。

スポンサーリンク

家族や彼女は?

家族や彼女に関しての有力な情報は見つかりませんでした。

家族は、今後の活躍次第で情報が出てくるかもしれません。

彼女は、作新学院のような強豪校だと練習時間が長すぎて、作るヒマがないかもしれませんね。

盗塁の技術に注目

今回、注目されているのは公式戦で盗塁の失敗がないということです。

盗塁成功率=100%

スゴすぎますね。

野球で目立つのは、ホームランだったり投手の投げる速度だったりですが、チームが勝つのに必要不可欠なのが実は「盗塁」なんです。

打ったり投げたりは、意外と好不調の波があるのですが盗塁にはほとんどありません。

なので、安定して勝利に貢献できるのです。

ちなみに鈴木萌斗選手の50Mは、5.9秒です。

確かに、かなり速い部類に入りますがこれだけでは中々、全て成功するわけではありません。

なので、盗塁する技術である

  • スタートの良さ
  • スライディングのうまさ
  • 投手の癖をつかむことが上手
  • 盗塁の感覚

などといったことがかなり高いレベルなのでしょう!

まとめ

今回は、鈴木萌斗(作新学院)の経歴と出身シニアや家族は?盗塁の技術に注目について書いてきました。

ちなみに、筆者も高校生の頃は50M 5.9秒でした。しかしながら、盗塁は自身はありましたがさすがに全て成功はできませんでした。

なので、足が速いことも重要ですがそれ以外もかなりレベルの高い技術を持っているのでしょう!

プロの世界でも盗塁の技術を持った選手は、かなり重宝されますので今秋のドラフトも指名があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする