衆院選2017の結果予想と日程は?出口調査や速報放送日程と投票率も!

『9月28日の臨時国会で衆議院解散か?』

こんにちは、シュウです。

ついに安倍首相が、28日に行われる臨時国会で衆議院の解散に踏み切る報道がでましたね。

以前は学校法人「森友学園」「家計学園」などの問題で政権が悪化し、輪をかけて都議選での歴史的敗北とかなり追い込まれ状態に。

が、

8月の内閣改造で支持率が大幅に増え不支持率と逆転し、さらに野党の第一党「民進党」が不倫騒動などで離党者が相次ぎ安倍政権にとって明るい光が見えてきました。

なので、衆院選をやるなら来年の任期満了の時よりも今がチャンスというに方のようですね。

今回は、衆院選2017年の

  • 結果予想と日程
  • 出口調査や速報放送日程と投票率

を中心に調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

衆院選2017年の日程と結果予想は?

現時点では、まだ正確に日程は決まっていませんが大方の予想をみていきましょう。

今のところの衆院選が濃厚だと言われているのが

  • 公示:10月10日(火)
  • 投開票:10月22日(日)

ただ、9月28日に衆議院解散予定なので解散から公示までの期間が短く事務手続きの問題や北朝鮮ミサイル問題などを考慮して

  • 公示:10月17日(火)
  • 投開票:10月29日(日)

の日程も検討しています。

衆院選の結果予想に関しては、今のところ支持率通り自民党がやや有利といったところでしょうか。

野党では本来ならば民進党に頑張ってもらわなければならないのですが、不祥事などで離党者も多く混乱状態ですね。

なので、どこまで立て直してくるか注目なのですがちょっと期待はあまりできそうもなさそう・・・・

となると、小池都知事が率いる「都民ファーストの会」所属メンバーがどこまで議席を獲得するか焦点が集まりそうですね!

個人的には、自民党が今回も政権をとっても現状と変わらないので新しい風を持ってきそうな都民ファーストの会に頑張ってもらいたいと思います。

スポンサーリンク

衆院選2017年の速報放送日程

※コチラは放送予定が決まり次第、追記していきますね。

衆院選2017年の出口調査と投票率も調査

出口調査や投票率については、わかりましたら追記していきますね。

前回の衆院選の投票率は、52.66%となっており戦後最低でした。

過去5回の衆院選の投票率を見て見ると

  • H26年:52.66%
  • H24年:59.32%
  • H21年:69.28%
  • H17年:67.51%
  • H15年:59.86%

平成17年より期日前投票制度が導入され、飛躍的に投票率は上がりましたがここ2年は下る傾向にあります。

もちろん、天候などにも左右されると思いますがやはり、投票率の低下は国政に対する国民の諦めを象徴しているのではと筆者は感じました。

衆院選に対してのネットのコメントは、

「与党の都合のいい時に解散するのが当たり前になっているが、本来なら任期満了での解散が当たり前であるべきなんだと、国民も忘れかけてる感がある。」

「結局は、選挙に勝つ事しか考えてない。自民党しかり、民進党しかり、都民ファーストしかり。」

「不祥事を起こす無駄な議員が多すぎる。」

「今の時期はミサイル問題もあるので政治空白をつくるのは良くないと思うけどやっぱり自分達が勝つことしか考えてないんやろね。」

といった感じで衆院選についてあまり良く考えていないものが多く見られました。

まとめ

今回は、衆院選2017の結果予想と日程は?出口調査や速報放送日程と投票率も!について書いてきました。

日程は大方の予想だと

  • 公示:10月10日(火)
  • 投開票:10月22日(日)

ですが、少しズレて

  • 公示:10月17日(火)
  • 投開票:10月29日(日)

になる可能性もあります。

結果予想としては、自民党がやや有利で都民ファーストの会のメンバーがどこまで議席を獲得できるか注目です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする