鵜飼航丞(中京大中京)の経歴や出身中学は?父親とドラフト評価も!

こんにちは、シュウです。

甲子園2017夏の注目選手を特集しています。

今回は、中京大中京(愛知)の鵜飼航丞君です。

高校通算56本のプロ注目のスラッガー。飛距離がすごく、ホームランアーティストです。

中京大中京の高橋監督が「飛距離は歴代No1」とうなる程。U-18W杯の候補選手にも選ばれています。

今回は、鵜飼航丞君の(中京大中京)の

  • 経歴や出身中学は
  • 父親とドラフト評価

を中心に調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

鵜飼航丞(中京大中京)の読み方と経歴や出身中学は

それでは簡単に、鵜飼君のプロフィールを紹介していきます。

  • 生年月日:1999年
  • 身長:181cm
  • 体重:83kg
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 出身中学:名古屋市立冨士中学
  • 投打:右投・右打

小学1年から野球を始め。中学時代は「名古屋ドジャース」。軟式野球のクラブチームなんですが、ちょっと調べてみると・・・

「ウォー!中学のチーム??」とびっくりするようなチームでした!

    • 創部:2011年
    • 少人数制で1学年20人しか入部させない。
    • 元プロ野球選手が指導する
    • 屋内練習場がある
    • 年間のタイトルがスゴイ!多い年で7つの大会で優勝。
    • ITの活用。ipadで動画を取り自分のフォームを見直す。

◎◎名古屋ドジャースのサイトはコチラ

などとプロ顔負けの練習をしています。

確かにこんな素晴らしいクラブチームがあれば絶対に入部したいですね。

中京大中京では1年の秋からベンチ入りし、2年の春にファーストでレギュラーになり秋から4番へ。

5月の練習試合ではプロ注目の櫻井周斗(日大三)から満塁本塁打、早実との試合でも清宮君が2発打つと同じ2発のホームランを放っている。

その後、左太ももの肉離れがありその影響で愛知県大会では不振。

ケガもだいぶ良くなったみたいなので、甲子園での活躍が楽しみです。

スポンサーリンク

鵜飼航丞(中京大中京)の父親とドラフト評価も!

ネットで探しましたが、鵜飼君の家族に関しての情報は見つかりませんでした。

ネットで鵜飼君を検索すると「親・父親」というキーワードで検索している人が多いみたいです。

これ程の選手だと親が有名なアスリートだったりすることが結構あるので、それで検索されているかもしれませんね。

鵜飼君は3月の練習試合から5月までで20本以上のホームランを量産しています。

現在の感じだとすぐにドラフト指名はなさそうですが、甲子園で活躍するともしかしたら指名があるかもしれません。

まとめ

今回は、鵜飼航丞(中京大中京)の経歴や出身中学は?父親とドラフト評価も!について書いてきました。

鵜飼君は名古屋市立冨士中学出身でした。

中学時代は名古屋ドジャースというプロ顔負けするくらいのクラブチームに所属。

ドラフトは甲子園でも活躍によっては指名があるかも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする