映画

映画「アバター」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】

↓今すぐ映画『アバター』の無料動画を見たい人はこちら↓

【U-NEXT】
映画『アバター』
無料動画で視聴する!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

 

 

サービス名配信状況月額料金無料期間視聴方法無料ポイント
Hulu1,026円(税込)2週間見放題なし
FODプレミアム888円(税抜)1ヶ月見放題最大1300P
U-NEXT1,990円(税抜)31日間見放題1200P(無料期間600p)
Paravi1,017円(税込)2週間見放題なし

 

こんにちは、シュウです。

映画「アバター」は、日本でも話題になったSFファンタジー映画。近代的なストーリーになっていて、ある美しく可能性のある土地に侵略しようとする人物たちが登場していました。美しい映像などが、特に見どころになっています!

自分の利益の為に任務に参加した主人公が、次第に変化していく姿などにも注目してみてください!

この記事では、映画「アバター」を無料・安全にかつ快適で、さらに高画質で視聴できる方法を紹介していきます。

それでは、映画「アバター」

  • フル動画配信
  • 無料視聴する方法

を中心に調査していきます。

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「アバター」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『アバター』
無料動画で視聴する!

映画「アバター」を無料動画で安全にフル配信で視聴するには?

映画「アバター」を安全に無料動画でフル視聴することが可能で、動画配信サービスの「U-NEXT」で配信されています。

 

U-NEXT」は月額課金のオンデマンド配信サービスですが、31日間の無料トライアル期間が設けられており、その間で解約してしまえば完全無料で視聴することができます。

過去の放送などでは一部追加課金が必要な番組もありますが、

新規登録で31日間の無料トライアル期間だけでなく、課金ポイント600円分がもらえるので、課金が必要な一部ドラマや新作の映画なども600ポイント分無料で視聴することができるので、お得に視聴することができるのでオススメです。

画質は「フルHD(1080p)」で4K(超高画質/2160p)にも対応しています!ちなみに、通常の動画配信サービスは、「HD画質(720p)」

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

 

登録は、簡単で約2~3分!!
解約も、所要時間が約1分!!

 

2020年日本アカデミー賞の作品賞にノミネートされた作品も

この中で「閉鎖病棟」と「蜜蜂と遠雷」に関しては、現在(3/6)まだ配信されていませんが、そろそろ配信される可能性が高いと予想されています。

 

間にCMが入らないからストレスフリー!!

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ映画「アバター」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『アバター』
無料動画で視聴する!

映画「アバター」はpandoraやDailymotionで視聴できる?

pandoraやDailymotion・9tsuといったサイトで動画が違法にアップロードされている場合があります。これらのサイトに違法にアップロードされた動画を視聴すると、パソコンのウイルス感染、不正アクセス、あらゆるネット詐欺に巻き込まれたりするなど、様々な危険が伴います。

 

その上これらのサイトの動画は画質・音質共に悪く、通信速度が遅かったりする為、せっかくの作品の良さが半減してしまいます。

違法サイトでの動画視聴は避け、これから紹介する方法で安心安全かつ快適に映画「アバター」を楽しみましょう!

 

  • 違法アップロードなのですぐに消去される。
  • 最近は、動画を探すのが大変で時間がかかる。
  • PCやスマホのウィルス感染の恐れがある。
  • 低画質・低音質で視聴するのが大変!
  • CMや広告が多すぎ!

映画「アバター」の作品情報

【公開日】
2009年12月23日(日本)

【上映時間】
162分

【監督】
ジェームズ・キャメロン

【脚本】
ジェームズ・キャメロン

【制作】
ジェームズ・キャメロン
ジョン・ランドー

【出演者】

  • サム・ワーシントン
  • ゾーイ・サルダナ
  • シガニー・ウィーバー
  • スティーヴン・ラング

映画「アバター」のあらすじやネタバレ

アルファ・ケンタウリ系惑星ポリフェマス最大の衛星パンドラ。地球の熱帯雨林を思わせる密林に深く覆われ、特異な磁力による地形が神秘的な美しさを湛えるこの惑星の地下には、希少鉱物アンオブタニウムの莫大な鉱床が眠っていた。

地球のエネルギー問題の解決の鍵となる希少鉱物を採掘するため人類はパンドラに進出するが、パンドラにはナヴィという先住民族が住んでいた。RDA社(資源開発公社)は資源の採掘を願い出るも、ナヴィ達は地球側の提示する条件にまったく関心を示さなかった。

資源開発の目的を果たすべく、RDA社は地球人とナヴィそれぞれのDNAを掛け合わせた人造生命体を作り、神経を接続する操作員の意識を憑依させたアバターとしてナヴィとの接触を図る「アバター計画」をスタートさせる。しかし、それでもナヴィ達はどのような申し出にも興味を抱かず、地球人から見れば未開で原始的な生活に満足するのみで、交渉は一向に進まなかった。

元海兵隊員のジェイク・サリーは、アバターの操作員だった兄が急死したことにより、RDA社から兄の仕事を引き継いでほしいとの誘いを受ける。

アバターは操作員各自のDNAに合わせて作られているために新たな操作員を使うとなると高額なアバターをもう一度作り直さねばならないが、ジェイクは一卵性双生児の兄とDNAが一致するため、兄のために作られたアバターを利用することが可能なのだった。戦傷で下半身不随になっていた身体を治す治療代を得るため、ジェイクはRDA社の誘いに応じることにする。

西暦2154年、およそ6年の冷凍睡眠を経てパンドラに辿り着いたジェイクは、ナヴィ研究の権威でアバター計画の責任者であるグレイス・オガースティン博士の下で操作員としての任務に就くこととなった。

兄のアバターは問題なくジェイクの神経に適合した。仮の肉体とはいえ、久々に自身の足で自由に動けることにジェイクは大きな喜びを感じる。アバターとのリンクに慣れ始めた頃、ジェイクは地球人居留地を警護する傭兵部隊の隊長・クオリッチ大佐から、グレイスの下で働きながら自分にも重要な情報を入れてほしいと持ちかけられる。

新参者のジェイクは知らなかったが、具体的な進展のないアバター計画に苛立つRDA社の責任者・パーカーと、地道に交渉を続けるべきとするグレイスの間には確執が存在した。そして、ナヴィを蔑視するクオリッチが、交渉がうまくいかないならば強硬手段もやむなしと、何かにつけてパーカーを焚きつけていたのだった。

ある日、アバターを使ってのフィールドワークに参加していたジェイクは、不意なアクシデントから仲間とはぐれてしまい、危ういところをネイティリというナヴィの若い娘に助けられる。

やがて現れたネイティリの部族・オマティカヤ族の村人達に捕えられたジェイクは彼らの村へ連行され、そこで部族のリーダーであるネイティリの父母に引き合わされる。元海兵隊員であるためにこれまで接触を図ってきた科学者達と異なる印象を持たれたジェイクは、ネイティリからナヴィの生き方を学ぶよう勧められる。

引用元:wiki

スポンサーリンク



映画「アバター」の感想や評価は?

都市伝説としては一作目を土台イメージとした二作目が面白い傾向があるように感じるが
一作目がこれだけ完成度が高いと二作目は相当にプレッシャーが高いプロデュースとなるであろう。

一作目は今の時代背景を反映するかのように、力ではない寛容への期待がテーマとなり、今こそ面白い時期にあたる。
すでに今の時代を代表するテーマを一作目でやってしまった中、二作目は何を描くか、まさにここがポイントになってくるのでしょう。

力と寛容の駆け引きはヤマト2202でもテーマになっており、この軸は旬なのかと思う。
そういう軸にのせて視聴者に一歩ひいて第三者目線で考えさせるようなもっていき方は期待したところだ。

そういうテーマ性の中で展開やストーリー作りに時間をかけて映画の質を落さないでほしいというキャメロンさんへの願いである。

プライム対象と言う事で、PCで見ましたが
これは大画面で見た方が良いですね。
伏線も綺麗に張ってあり、前半で見聞きした事が
「ああ、これってあの時の」と後半で綺麗に回収されています。

パンドラと言う”映画の中の世界”では知られている星の事も
突然パンドラへ行くことになってしまった主人公が、
いろいろ見聞きする事で、その世界を知って行くので、
主人公と視聴者の知識レベルは、いわば同じような物。

物語も王道で、特に残虐なシーンは無く(死ぬシーンは多いけど)
ちょっと長い(3時間弱)映画ですが、一見の価値は有りです。

資源を手に入れる為に、その地域の原住民を懐柔し、支配し、同化し、時に殺戮する。人類は過去からそうして来たし、残念ながらそれは現代でも続いている。

我が国も過去は太平洋戦争、現代なら中近東やアフリカ外交がそうだ。政府開発援助や円借款、青年海外協力隊等の平和的な手法を取りながら「近代化を与えるやり方」で接近している。但しその段階で止まるか、その先に進むかが友好外交と帝国主義の境目だが、今も易々と踏み越える国が後を立たない。

このテーマを史実から取り上げた作品は数多いが、ジェームズ・キャメロンが凄いのは、物議を醸す人類相手からCGを駆使した異星人相手のSFにすることで未来を含む現代的問題として描いたことだ。このテーマを扱う事は相応に政治的でリスキーな行為だ。私達はエンターテイメントとしてしか観ないが、都合が悪いとして実際に公開を禁止した国もある。

ストーリーは定番ながら素晴らしい映像と環境設定で観るものを魅了する傑作であることは間違いない。強引な植民星開発手法への株主牽制にも触れ、その後のパンドラ保護まで見据えた周到なシナリオを含め、本作の製作意図と覚悟こそ真の称賛に値する。

米国映画界が健全なのは成功者がこれらの社会的訴えから逃げないことだ。偽善と捉えるのは簡単だが、やはり文化人の世界的な影響力の大きさには感心せざるを得ない。
映像と責任の二つの意味で映画史にその名を刻まれるべき名作だと思う。

プライムで観ました。映画館では3Dで観て、その後はDVDレンタルしたこともあります。
私の好きな映画の一つで、自然と調和して生きる先住民族と侵略者である地球人のストーリーです。

映像も音楽も素晴らしく、DVDを購入しようかと思っていた矢先にプライムで発見して観ました。この映画を見た後に思う事は、人間は本当に残酷なことをする生き物で、自分たちのエゴの為なら自然を壊し、他者を傷つけても構わない生き物だということを痛感します。

いくら戦争があっても、みんなが同じ価値観ではないから、再び同じことを絶対に起こすし、月日が立てば痛みを忘れてしまう、現実の世界でも人間は世代が変われば過去の過ちを繰り返す、根本からしてそういう生き物だなと思います。そしてそのようにしか生きれない世の中を悲しく思います。見た後は自分もアバターの中の原住民と一緒に住みたい、と思うような映画です。

先住民と新規開拓者の軋轢というか問題点を、地球の大陸を他の惑星に置き換え人間と先住エイリアンで描写している。
そう表現すればいいのでしょうか。

最近ではこの手の映画、散見されますね。
インディアン、アボリジニ、日本ではアイヌなど、思想の原点は映画のナヴィとほぼ同じではないでしょうか。

母なる大地より、恵みをおすそ分け受けていると。
現在の乱開発に対し、警笛を鳴らしている映画?
難しく言えば、そんなところでしょうか。

個人的にはその描写も面白いのですが、他惑星で進化した生き物の描写が大変興味深くもあり。
形態は地球上の生き物に似てはいても、付属器官の異なる位置や祖先の想像に耽てしまうぐらい興味深いものです。

生き物の描写は、しなやかな動きで見入ってしまいますね。
想像に、ワクワクしてしまいました。
主人公の心情変化にも、感情移入してしまいます。

下半身麻痺の脊髄損傷に見舞われ、自暴自棄になった。
アバターという生物工学の産物?で、自分の足で歩く・走る感覚を取り戻した驚喜。
そしてナヴィの教えを、兵士として・人としての観察力と知識で全うしていく様。
感情移入しないではいられない映画でした。

引用元:Amazonレビュー

 

スポンサーリンク



映画「アバター」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】のまとめ

今回の記事では、映画「アバター」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】について紹介してきました。

紹介した動画配信サービスを使って、快適にかつ安全に映画やドラマ、アニメなどを楽しみましょう!

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「アバター」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『アバター』
無料動画で視聴する!

(本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)