映画

映画「アベンジャーズ」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】

↓今すぐ映画『アベンジャーズ』の無料動画を見たい人はこちら↓

【U-NEXT】
映画『アベンジャーズ』
無料動画で視聴する!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

マーベル作品がU-NEXTで視聴可能!!

 

配信サービス 配信状況 無料期間
見放題
31日無料
配信なし
2週間無料

配信なし
2週間無料
配信なし
2週間無料

 

こんにちは、シュウです。

映画「アベンジャーズ」は、アメコミのスーパーヒーローたちが遂に集結し地球を守るために奮闘するストーリーになっています!エンドロールまで見どころ満載のアクションシーンが盛りだくさんで、思わず笑ってしまうようなコメディ要素もある作品です。

日本でも注目されているロバート・ダウニー・Jrや、クリス・へムズ・ワースなどの共演作としても話題。

この記事では、映画「アベンジャーズ」を無料・安全にかつ快適で、さらに高画質で視聴できる方法を紹介していきます。

 

それでは、映画「アベンジャーズ」

  • フル動画配信
  • 無料視聴する方法

を中心に調査していきます。

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「アベンジャーズ」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『アベンジャーズ』
無料動画で視聴する!

映画「アベンジャーズ」を無料動画で安全にフル配信で視聴するには?

映画「アベンジャーズ」を安全に無料動画でフル視聴することが可能で、動画配信サービスの「U-NEXT」で配信されています。

 

U-NEXT」は月額課金のオンデマンド配信サービスですが、31日間の無料トライアル期間が設けられており、その間で解約してしまえば完全無料で視聴することができます。

過去の放送などでは一部追加課金が必要な番組もありますが、

新規登録で31日間の無料トライアル期間だけでなく、課金ポイント600円分がもらえるので、課金が必要な一部ドラマや新作の映画なども600ポイント分無料で視聴することができるので、お得に視聴することができるのでオススメです。

画質は「フルHD(1080p)」で4K(超高画質/2160p)にも対応しています!ちなみに、通常の動画配信サービスは、「HD画質(720p)」

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

 

登録は、簡単で約2~3分!!
解約も、所要時間が約1分!!

U-NEXTで映画「アベンジャーズ」が見れる!

 

マーベル作品の映画も視聴可能!

 

 

2020年日本アカデミー賞の作品賞にノミネートされた作品も

この中で「閉鎖病棟」と「蜜蜂と遠雷」に関しては、現在(3/6)まだ配信されていませんが、そろそろ配信される可能性が高いと予想されています。

 

間にCMが入らないからストレスフリー!!

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ映画「アベンジャーズ」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『アベンジャーズ』
無料動画で視聴する!

映画「アベンジャーズ」はpandoraやDailymotionで視聴できる?

pandoraやDailymotion・9tsuといったサイトで動画が違法にアップロードされている場合があります。これらのサイトに違法にアップロードされた動画を視聴すると、パソコンのウイルス感染、不正アクセス、あらゆるネット詐欺に巻き込まれたりするなど、様々な危険が伴います。

 

その上これらのサイトの動画は画質・音質共に悪く、通信速度が遅かったりする為、せっかくの作品の良さが半減してしまいます。

違法サイトでの動画視聴は避け、これから紹介する方法で安心安全かつ快適に映画「アベンジャーズ」を楽しみましょう!

 

  • 違法アップロードなのですぐに消去される。
  • 最近は、動画を探すのが大変で時間がかかる。
  • PCやスマホのウィルス感染の恐れがある。
  • 低画質・低音質で視聴するのが大変!
  • CMや広告が多すぎ!

映画「アベンジャーズ」の作品情報

【公開日】
2012年8月14日(日本)

【上映時間】
143分

【監督】
ジョス・ウェドン

【脚本】
ジョス・ウェドン

ザック・ベン

【制作】
ケヴィン・ファイギ

【出演者】

  • ロバート・ダウニー・Jr
  • スカーレット・ヨハンソン
  • クリス・エヴァンス
  • サミュエル・L・ジャクソン

映画「アベンジャーズ」のあらすじやネタバレ

神々の国アスガルドから宇宙空間に飛ばされたロキは、そこで遭遇した宇宙人種族チタウリのリーダー「ジ・アザー」と地球に侵攻することで手を組む。

地球では、国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.長官のニック・フューリーが、部下のマリア・ヒルとともに、緊急事態に陥っている研究施設を訪れていた。

そこでは、エリック・セルヴィグ博士が研究を進めていた、無尽のエネルギーを秘めた謎の物体、四次元キューブが暴走を始めていた。

そこに突如ワームホールが開き、ロキが降臨する。ロキは手にしたセプターでセルヴィグやクリント・バートン(ホークアイ)の心を操り、味方にしてしまった。彼らはキューブを奪い、施設から脱出する。

世界滅亡の危機を前に、フューリーはヒーローたちの最強チーム「アベンジャーズ」を結成することを決意した。

女スパイのナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)はインド・コルカタに派遣され、そこで医師として働き身を潜めていたブルース・バナー博士(ハルク)に協力を要請する。

S.H.I.E.L.D.のエージェント、フィル・コールソンは、ニューヨークのスターク・タワーを訪れ、トニー・スターク(アイアンマン)にセルヴィグの研究資料を手渡す。

フューリーは、70年の眠りから覚めたスティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)に対して、「世界を救え」と説得した。

程なくしてドイツ・シュトゥットガルトに現れたロキは、駆けつけたスティーブ、トニー、ナターシャと対峙するが、あっけ無く降参する。

その隙に、バートンはキューブの安定化に必要なイリジウムを盗んでいた。ロキの義兄、ソーはロキに地球侵略を諦めてアスガルドに戻るよう説得するがかなわず、仕方なくトニーとスティーブに従ってS.H.I.E.L.D.の空飛ぶ空母ヘリキャリアの中にある独房にロキを閉じ込めた。

科学者のバナー博士とトニーは、キューブの位置を特定しようとする。

引用元:wiki

[the_ad id=”6380″]

映画「アベンジャーズ」の感想や評価は?

次回作があるとはいえ,『インフィニティ・ウォー』があの結末だっただけに,モヤモヤ感が尾を引き,その反動で第1作をブルーレイで購入してしまいました。
それぞれ自らの正義を主張して時に激しく対立することがあっても最後には結束して戦う最強チームというストーリー展開に,迫力ある映像とアクション。“予定調和”とわかっていてもハマってしまいます。戦時中に原作が生まれたキャプテン・アメリカがいくら70年も冷凍されていたからといって21世紀に活躍するとか,神と超人とパワード・スーツが同じレベルで戦うって「ありえねー」ことだらけではあるんですが,それでも素直に面白い。
それは各ヒーローの特殊能力だけでなく,それぞれが複雑な過去や心の傷を負っているという人間性(ソーは“神”ですが)の部分もしっかり描かれているところとか,そういったところにあるんだろうな,という気がします。
アイアンマンもキャプテン・アメリカももちろんカッコ良いですが,シールドを率いるニック・フューリーを演じるサミュエル・L・ジャクソンの存在感がたまりません。
ボーナス・コンテンツを観ると,アイアンマンやマイティ・ソーの原作がどのようなアイデアで生まれたのか,といったこともわかってさらに興味や関心が深まります。
これを観てしまうと,やっぱり『インフィニティ・ウォー』の続きとなる最新作が待ち遠しいですね。
これまでアメコミ系の映画は殆ど見たことがなかったものの、複数の知り合いから「めちゃくちゃおもしろいから」という話を聞き、「そんなに面白いの?」という流れで視聴。

結果、面白かった。

面白かった点は、一人ひとりのキャラが個別で主体の映画を持っている、つまり主人公がたくさんいるわけで、どの場面も見せ場となりとても面白かった。
特に戦闘シーンは圧巻で、そこかしこで主人公が敵を殲滅しているのが良かった。

また、上述したとおりマーベル作品は殆ど見たことがなかったが、それでも序盤で各キャラがどのような役なのか把握することができ、初見でも問題なく楽しめた。

展開が早くて素直に楽しめた。
見て時間を損した気分にはならない。
感想は割愛するが、
日本のTVドラマとかは
回りくどいというか、しつこいというか
クレームをよく入れるような揚げ足取り向けで
そこも拾うのって言いたくなるぐらい細かい。
それとは真逆のエンターテイメント。
でも雑ではなく細かく作りこまれている。
それをさりげなく演出している。
つづきを見たくなる作品。
アイアンマンが最高過ぎる。
色んなパターンがありますが歴代でも一番好き。ある意味ターミネーター2の液体金属を彷彿させるような機能でずっと高性能でカッコイイ。
そしてサノス。単なる破壊者でない所は興味あります。ビジュアルも良ければ人気も出た気がする。
最強のアベンジャーと呼ばれたハルクもパワー負けし、分かりやすく脳筋が力で勝てずトラウマを抱えてしまうのも面白い。エンドゲームでは克服するのか怒りで乗り越えるのか見ものです。
帳尻合わせなんて言う方もいますが、正直ラスボスが最初から全力出したら話になりませんから。
結構伏線があると思うんですが次作ありきなので今回は謎のまま。
今回は完全敗北なのですが、ストレンジの言っていた1405万分の1の勝利とは。
そもそも何を持って勝利なのかエンドゲームに期待高まります。
こすごく面白いここからアベンジャーズの戦いが始まるので必ず見た方がいい
ただハルクやマイティ・ソーなどを見てなかったのでなぜ?ってなることがあるためまずは先に見た方が面白いのだろう。
全部見直すと時間が足りないのが辛い
今月の映画雑誌SCREENの表紙は何とソー&ロキ兄弟の2人!ブラックウィドウとその後のフェイズ4の最新情報が一杯で神6メンバーの新作特集と季節外れの(ブラックウィドウ公開延期の為)MCU特集になってしまってて、思わず買ってしまった。最高でした✨

気がつくと妻がアベンジャーズにたどり着き、その後アイアンマン3を経て、今日はマイティソー ダークワールドを観てます😍もはや彼女は今MCUの世界にいて、前半期のディテールは私より詳しいです✨伏線見逃し、後で気づくと悔しがってます 笑

この作品では改めて観るアベンジャーズの初代神6の揃い踏みからのあのそれぞれの空中戦いをワンカットでカメラが流れるようにシームレスに魅せるシーンほんと痺れる。

ほんとしっかりドキドキワクワクさせてくれて、コールソンの勇姿に泣かされて😢、最初から最後まで文句なしに面白いのだけど、なんといってもたまらないのは、、ハルクがロキをビタンビターン!って叩きつけるところが大好き 笑

その時のロキの表情がたまらない😂

あー、最高過ぎです✨

『ニューヨークにスーパーヒーロー?バカ言うな』

2012年、アメリカのスーパーヒーロー映画
アメリカン・コミックヒーローのクロスオーバー作品

「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)シリーズの第6作品目の映画
「フェイズ1」のクライマックスを飾る作品でもある。

監督ジョス・ウェドン

2008年公開の「アイアンマン」から始まったMCUシリーズの集大成になる『アベンジャーズ』
単独映画からヒーロー達が集まり、一本の映画で大集合するなんて、当時ワクワクが止まらなかった!

アイアンマン、ハルク、ソー、キャプテン・アメリカ、そしてブラック・ウィドウ、ホークアイ
初期のアベンジャーズとしてその個性豊かすぎるメンバーが大混乱していますねw

144分の上映時間中に、なんど言い合いして喧嘩してんだよwって何度か見ているとツッコミ入れたくもなるけど、エンドゲームまで見ているとそれも微笑ましく思ってしまうファン心です。

脇を固めるキャラも豊富、ニック・フューリーはもちんコールソンは今作のキーとなるし、マリア・ヒルも活躍していたね。

そして、今作のヴィランはロキがメインとなり、終盤で登場するチタウリ軍
ロキだけってのはちょいインパクトに掛けるけども、終盤のチタウリ軍の迫力はなかなかの見どころ

ニューヨークがめちゃめちゃに破壊されていて、どうやって勝つねん、と所見では思った次第です。

大筋ではヒーロー達が集合し、ひと悶着ありつつも最後は団結してヴィランを退ける。って王道ストーリーなんだけども、途中になかなか興味深い伏線を入れ込んでくる。
こういうところがMCUの面白いところ。今作では回収せずに、先々で回収していくんだから、この先も見続けたいと思ってしまう。

この時点でサノスを少し登場させるあたり、いかにMCU作品が先を見越して制作されていたのかがわかる。
よくぞエンドゲームまで制作してくれたものだ。感激ですよ。

アベンジャーズ1ということで、見どころ満載!
エンドゲームまで見ていると、見方が変わって来るのもオススメポイントだね!

引き続きマーベルシリーズ。
まだ6作目。やっと6作目?
やっとハマってきたかも!

バラバラだった個性の強いヒーローがいつの間にか団結してお互いを補いつつ戦う。
1作目から推しのアイアンマン。やっぱりかっこいい〜
最後は利己的じゃないよね。優しいアイアンマン。

ハルクがひたすらに強かった。
ロキと戦うシーンは完全にロキが犬のおもちゃだった。

この作品のせいでアメコミにはまりました……
個性がバラバラすぎるヒーローたちが集まって協力して、、、日本の特撮ものも素敵ですが、個性のバラ付きのレベルが違います。笑笑

生い立ち・性格・環境・力を得た経緯、それぞれ全く異なった性質のメンバーが不完全ながらもチームになって力を発揮していく様がとてもスカッとします。
ヒーローものを欲していてまだ見ていなければぜひこれを!

アベンジャーズ最終章まで見終わった方も見返してみると面白いです!

思えば映画館で初めてこの作品を見た時に、何てしょーもない映画を見たんだろう、このシリーズは2度と見ることはないと誓いマーベルから遠ざかっていましたが、ここ最近スパイダーマンホームカミングからハマり出しました。
一緒に見る子どもの興味の赴くままなので、順番通りにはいかないのが嫌ですが、今日見たのは僕にとっていわくつきの作品。
改めて愛着とともに見ると当然楽しいに決まってる。ストーリーの理解度も以前より深まってるし、アベンジャーズの面々のやりとりが楽しい。
やっぱり一作目だけあって大集結的な、ヒーロー大集合!ってノリがないようである。ワンフレームに全員収めたい気持ちは分かるんだけど、まあ日本みたいに横並びにさせないだけ好感。
真剣な戦いの最中にもユーモアを忘れない感覚は素晴らしいし、どこか俯瞰してアンチヒーローの目線があるのも良い。
ただ、やはりアクションの質が普通に高レベルという域を出てない。何か新しいアクションの可能性を大いに見せてくれた、シビル・ウォーやファーフロムホームには遠く及ばない。まあその辺が出来過ぎなんですが。
しかし、アベンジャーズ一作目、それ自体でものすごく価値のある作品。
とにかくキャラクターの個性が全員よく出ていてすごく面白いよく出来た映画だった。ヒーロー単体では花がないから1つの映画に集めてみました、みたいな浅はかな作品ではなく、しっかりそれぞれの良さが相殺されずに表現されていて非常に満足感を得られた。
アメコミは好きな人と嫌いな人が両極端に分かれがちだが、個人的には好きな部類に入ると思う。

また、製作費もケタ違いに投入されていることも予想され、全体的なスケールも大きく、山場となるアクションのシーンも迫力感いっぱいでかなり楽しめた。それに加えてアベンジャーズのテーマ曲がバックでかかると、もう感動がすごい。長官を除く現場の6人が揃い踏み、初めて協力し合い1つのチームとしてまとまった瞬間の撮影と音楽は本作のハイライトだった。

エンドクレジットが流れた後のワンシーンが最高すぎて良いなと思った。実際映画館では会場が沸いてたんだろうなと予想がつく。

◯個人的最強: ハルク(マーク・ラファロ)→上空1万mから落ちても死なない、銃弾が効かない、などとにかく守備力が半端じゃない。かつジャンプ力も高く空中戦もいける。最強。
◯個人的推しキャラ: ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)→最強の女スパイで、チームメイトであるホークアイとの戦いも制すほどの戦闘力を持ちながら、クールな美しさも兼ね備える。見たことある女優さんだと思ったら、「ジョジョ・ラビット」のお母さん役だった。ヒトラーを崇拝する主人公の少年を育てながら、自らは体制反対運動を担う複雑な役柄を演じていた人物。シンプルに驚いた。単体の作品も見たいと思ったら今年の11月公開予定だった。残念。

自分がアメコミを好き派か嫌い派か分からないまま見て、結果的に好きな方だったからまた一つ楽しみが増えた気がした。早くエンドゲームまで見終わりたい。

引用元:Amazonレビュー

 

[the_ad id=”6380″]

映画「アベンジャーズ」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】のまとめ

今回の記事では、映画「アベンジャーズ」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】について紹介してきました。

紹介した動画配信サービスを使って、快適にかつ安全に映画やドラマ、アニメなどを楽しみましょう!

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「アベンジャーズ」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『アベンジャーズ』
無料動画で視聴する!

(本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)