映画

映画「アイトーニャ」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕・マーゴット・ロビー主演】

↓今すぐ映画『アイ・トーニャ』の無料動画を見たい人はこちら↓

【U-NEXT】
映画『アイ・トーニャ』
無料動画で視聴する!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

 

サービス名配信状況月額料金無料期間視聴方法無料ポイント
Hulu1,026円(税込)2週間見放題なし
FODプレミアム888円(税抜)1ヶ月見放題最大1300P
U-NEXT1,990円(税抜)31日間見放題1200P(無料期間600p)
Paravi1,017円(税込)2週間見放題なし

 

こんにちは、シュウです。

映画「アイ・トーニャ」は、1990年代にフィギュアスケート界を揺るがしたスキャンダル「ナンシー・ケリガン襲撃事件」の中心人物トーニャ・ハーディングの半生を描いています。

今、人気女優でマーゴット・ロビーの主演作となる映画「アイ・トーニャ」がどんな作品か見てみたいですね。

 

この記事では、映画「アイ・トーニャ」を無料・安全にかつ快適で、さらに高画質で視聴できる方法を紹介していきます。

 

それでは、映画「アイ・トーニャ」

  • フル動画配信
  • 無料視聴する方法

を中心に調査していきます。

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「アイ・トーニャ」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『アイ・トーニャ』
無料動画で視聴する!

映画「アイ・トーニャ」を無料動画で安全にフル配信で視聴するには?

映画「アイ・トーニャ」を安全に無料動画でフル視聴することが可能で、動画配信サービスの「U-NEXT」で配信されています。

 

U-NEXT」は月額課金のオンデマンド配信サービスですが、31日間の無料トライアル期間が設けられており、その間で解約してしまえば完全無料で視聴することができます。

過去の放送などでは一部追加課金が必要な番組もありますが、

新規登録で31日間の無料トライアル期間だけでなく、課金ポイント600円分がもらえるので、課金が必要な一部ドラマや新作の映画なども600ポイント分無料で視聴することができるので、お得に視聴することができるのでオススメです。

画質は「フルHD(1080p)」で4K(超高画質/2160p)にも対応しています!ちなみに、通常の動画配信サービスは、「HD画質(720p)」

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

 

登録は、簡単で約2~3分!!
解約も、所要時間が約1分!!

 

マーゴット・ロビー出演の映画もU-NEXTで視聴可能!

 

 

2020年日本アカデミー賞の作品賞にノミネートされた作品も

この中で「閉鎖病棟」と「蜜蜂と遠雷」に関しては、現在(3/6)まだ配信されていませんが、そろそろ配信される可能性が高いと予想されています。

 

間にCMが入らないからストレスフリー!!

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ映画「アイ・トーニャ」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『アイ・トーニャ』
無料動画で視聴する!

映画「アイ・トーニャ」はpandoraやDailymotionで視聴できる?

pandoraやDailymotion・9tsuといったサイトで動画が違法にアップロードされている場合があります。これらのサイトに違法にアップロードされた動画を視聴すると、パソコンのウイルス感染、不正アクセス、あらゆるネット詐欺に巻き込まれたりするなど、様々な危険が伴います。

 

その上これらのサイトの動画は画質・音質共に悪く、通信速度が遅かったりする為、せっかくの作品の良さが半減してしまいます。

違法サイトでの動画視聴は避け、これから紹介する方法で安心安全かつ快適に映画「アイ・トーニャ」を楽しみましょう!

 

  • 違法アップロードなのですぐに消去される。
  • 最近は、動画を探すのが大変で時間がかかる。
  • PCやスマホのウィルス感染の恐れがある。
  • 低画質・低音質で視聴するのが大変!
  • CMや広告が多すぎ!

映画「アイ・トーニャ」の作品情報

【公開日】
2018年5月4日(日本)

【上映時間】
121分

【監督】
クレイグ・ガレスピー

【脚本】
スティーヴン・ロジャース

【制作】
ブライアン・アンケレス
スティーヴン・ロジャース
マーゴット・ロビー
トム・アカーリー

【出演者】

  • マーゴット・ロビー
  • セバスチャン・スタン
  • アリソン・ジャネイ

映画「アイ・トーニャ」のあらすじやネタバレ

1991年の全米フィギュアスケート選手権。トーニャ・ハーディングはアメリカ人として史上初めてトリプルアクセルを成功させた。

この偉業はトーニャの名前と共に不朽の業績として後世に語り継がれていくはずだった。

しかし、1994年に事態は暗転する。リレハンメル五輪の選考会となる全米フィギュアスケート選手権で、トーニャはライバルのナンシー・ケリガンを襲撃して出場不能に追い込んだのである。

この事件によって、トーニャの業績を正当に評価することが困難になってしまった。

悪戦苦闘しながらもキャリアを積み重ねていたトーニャが何故このような愚行に至ったのか。

その影には幼少時からトーニャに言葉の暴力を振るってきた母親、ラヴォナの存在があった。

スポンサーリンク



映画「アイ・トーニャ」の感想や評価は?

のマーゴット・ロビーの魅力もあるのだが、この映画を見て、トーニャ・ハーディングから何かしらんけど変な元気をもらったような気になった。
ストーリーは、ドキュメンタリーでなく、トーニャが「第4の壁」を超えて、観客に語りかけてくるモノローグ(ハウス・オブ・カードみたいな)。
ちょっと喜劇寄りの作品。
出てくる俳優さんが ご本人さんにそっくりでびっくり‼︎
トーニャの役を演じる女優さんもある程度
いやいや、それ以上にスケートが滑れなくてはいけないので
撮影は 大変な事だったでしょう
特に、トーニャの母親役の人が 凄い怪演で 彼女の吐く 毒だらけのセリフに
私は脳内破壊です (笑〕
汚い言葉が飛び交う 映画ですが
なんだか最後には 麻痺して ハイな状態にまでなって来て
思わず 中指を立ててしまいました
妙な魅力を持った映画でした
すごい!
登場人物全員クズ!

映画は面白かったです。
役者全員うまい!
撮影もうまい。
滑走シーンは迫力満点。

審判に靴を見せるシーンは今でも憶えてます。
お嬢様然としたナンシー・ケリガンと、
なかなかやんちゃ顔のトーニャ・ハーディング。
日本ではなんとなくしか事件を知らなかった。
映画全てが真実とは思わないが、
最後トーニャ・ハーディング本人の顔を見て、
ああこんな背景もさもありなんと感じました。

この環境からトップスケーターになったのは、彼女が天才だったからだろう。
オリンピックに出るようなトップアスリートは
聖人君子であるような錯覚持ちがち。
でもみんな色々あるんだろうな。

主役でタイトルにもなっている彼女はトーニャ・ハーディング。
アメリカではじめてトリプルアクセルを成功させた人物だ。フィギュアスケートは技術点と芸術点の2種類の点数の合計で順位を決めるけれど、彼女は典型的な芸術点が取れない人だった。そんな彼女が、技術点で大きな点を稼げるジャンプに注力したことは競技として全然間違ってない。
ただいかんせんまわりがダメダメすぎる。どうしたらこんなにダメな大人ばっかり集まってしまうのかと思うレベルで(しかし往々にしてダメがダメを呼ぶことはある)、スケートだけが彼女が有名になって賞賛をもらえることだった。
映画館で観て、また配信で見て、どうしてこうなったのかと考え込んでしまう。
しかし、どうしてもまた見たくなる魅力が、この作品にはある。ただの欝な映画ではないから。どうしようもない中でも負けてたまるか、笑い飛ばしてやれというところが見えるからだろうか。
スケートシーンはスピード感と質感が相まって本当によくできている。この手の実話をもとにした話では、概ねリアルさが負けてしまうことがあるが、この作品のスケートシーンは説得力がある。とてもリアルなのだ。
ハーレイクインのマーゴット・ロビーが好きなので普段見ないジャンルだが視聴してみた。
やっぱり海外の女優さんは美人なだけじゃなく体の張り方が尋常じゃないですね!
日本人女優にはこんな憑依したような演技は絶対に見られませんからね。
ハーレイクインの”ニィ~~ッ”と笑う、横幅の広い口元は本作でもステキに映るし、最後の鏡に向かって
泣きながら笑顔を作るシーンは紛れもない”本物”の女優を堪能させられる。

スキャンダルを生み、演技よりもテクニック重視なところは何よりもまず”安藤美姫”さんを彷彿させる。
不遇な環境にもめげずに、なんだかんだスケート一筋だが(本編では大人になってからのトレーニングシーンが乏しいが)、表面上の”品格みたいなもの”も重視されがちなこの競技において、言動や選曲が審査員にウケずに不当な選考をされるあたりは見ていて苦しくなりますね。現代は選曲の自由度が増したと思うけど、それも彼女のような人たちが少しずつ業界を馴らしていったんでしょうか?
沢山の人が書かれてますが、彼女は人に恵まれなかみたいですね。
けど、彼女のようにけなされることで火が着く人もいれば、恵まれた環境でも芽が出ない人もいるので
もし彼女に最高の人と環境があったらどうなってたのか、、、?と想像せずにはいられません。
身近に鬱病の人がいるので、不遇でも人として強く自尊心が高いことが一番幸せと思います。

強いて言えば、映画2時間というのはあまりにも短いが、事件の裏側や人間関係を描くためにかなりの時間を使い
肝心のトレーニングシーンがほぼ描かれていなかった。なので最後にトーニャが『私にはスケートしかない』と
泣きながら嘆願していたのが残念ながら伝わりにくかった。
最近では文句なしに最高の一本。

引用元:Amazonレビュー

スポンサーリンク



映画「アイ・トーニャ」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕・マーゴット・ロビー主演】のまとめ

今回の記事では、映画「アイ・トーニャ」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】について紹介してきました。

紹介した動画配信サービスを使って、快適にかつ安全に映画やドラマ、アニメなどを楽しみましょう!

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「アイ・トーニャ」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『アイ・トーニャ』
無料動画で視聴する!

(本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)