雑記

天叢雲剣(草薙の剣)の読み方や他の三種の神器とは?熱海神宮にある?

こんにちは、シュウです。

 

今日は、天皇陛下が「即位礼正殿の儀」を行う日ですね。あまり馴染みがないのでついうっかり、忘れてました!!

この儀式があるから祝日なのに(*^^*)

 

即位礼正殿の儀は午後1時から、皇居・宮殿で行われ、国内外の約2000人が参列する予定です。

 

でもその前に天皇陛下は、午前9時から「即位礼正殿(せいでん)の儀」を行うことを報告する皇室行事「即位礼当日賢所大前(かしこどころおおまえ)の儀」に臨まれました。

 

う~ん・・・慣れない言葉ばかりで難しいですね。また、今回の儀式に伴って、「天叢雲剣(草薙の剣)」がYahooリアルタイムで急上昇してました。

 

なので、天叢雲剣(草薙の剣)の

  • 読み方や他の三種の神器とは?
  • 熱海神宮にある?

を中心に調査してみたいと思います。

<

天叢雲剣(草薙の剣)の読み方や他の三種の神器とは?

難しい漢字で、「くさなぎのつるぎ」は筆者も読めるんですが・・・「あま・・なんとかのつるぎ??」

なので、すぐに検索してみると

  • あめのむらくものつるぎ
  • あまのむらくものつるぎ

と読むそうで、別名が

  • 草薙剣(くさなぎのつるぎ)
  • 草那藝之大刀(くさなぎのたち)

ともいわれるそうで、三種の神器の一つと言われるそうです。

三種の神器といったら・・・「ゲーム」の世界にしか思えないですが・・・

ちなみに三種の神器とは

  • 八咫鏡(やたのかがみ)
  • 八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
  • 草薙剣

 

引用元:wiki

 

三種の神器は、日本の神話でヤマタノオロチを退治した時に使った武器だそうです。また、この話は、「古事記」「日本書紀」に書かれているそう。

やはり相当昔の神話とも言える話ですね。

 

スポンサーリンク



 

天叢雲剣(草薙の剣)の熱海神宮にある?

そして、「天叢雲剣」は現在、熱海神宮の「神体」となっています。

 

また、「神体」とか難しい言葉が・・・・文字通り「かみのからだ??」

 

ちなみに、「神体」とは神道で神が宿るとされる物体で、礼拝の対象となっており、 宗像大社では沖ノ島、大神神社では三輪山が神体とされ、皇大神宮では三種の神器の一つの八咫鏡とされるなど様々です。

 

簡単に言うと、「すごい剣が熱海神宮にあって、それを神様のように拝む」そんな漢字でしょうか。ちょっと乱暴にいいすぎのような気もしますが(*^^*)

 

また、Twitterでは「天叢雲剣」の話題ですごく盛り上がっていますね。

 

https://twitter.com/caya_co/status/1186462512931164160?s=20

 

 

 

 

 

天叢雲剣(草薙の剣)の読み方や他の三種の神器とは?熱海神宮にある?のまとめ

今回は、天叢雲剣(草薙の剣)の読み方や他の三種の神器とは?熱海神宮にある?について書いてきました。

読み方が、

  • あめのむらくものつるぎ
  • あまのむらくものつるぎ

と読むそうで、別名が

  • 草薙剣(くさなぎのつるぎ)
  • 草那藝之大刀(くさなぎのたち)

ともいわれるそうで、三種の神器の一つと言われるそうです。

そして、三種の神器は、

  • 八咫鏡(やたのかがみ)
  • 八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
  • 草薙剣

でした!