映画

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】

↓今すぐ映画『ボヘミアン・ラプソディ』の無料動画を見たい人はこちら↓

【U-NEXT】
映画『ボヘミアン・ラプソディ』
無料動画で視聴する!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

 

サービス名配信状況月額料金無料期間視聴方法無料ポイント
Hulu1,026円(税込)2週間見放題なし
FODプレミアム888円(税抜)1ヶ月見放題最大1300P
U-NEXT1,990円(税抜)31日間見放題1200P(無料期間600p)
Paravi1,017円(税込)2週間見放題なし

 

こんにちは、シュウです。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、世界中で未だに根強い人気のある伝説的ロックバンド「QUEEN」のヴォーカル「フレディ・マーキュリー」の人生が描かれた作品。ラミ・マレックがフレディ・マーキュリーを演じ、ステージさながらの臨場感を味わえます。

フレディ・マーキュリーの人生と、QUEENの歴史を是非ご自分の目で確かめてください!

この記事では、映画「ボヘミアン・ラプソディ」を無料・安全にかつ快適で、さらに高画質で視聴できる方法を紹介していきます。

 

それでは、映画「ボヘミアン・ラプソディ」

  • フル動画配信
  • 無料視聴する方法

を中心に調査していきます。

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「ボヘミアン・ラプソディ」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『ボヘミアン・ラプソディ』
無料動画で視聴する!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を無料動画で安全にフル配信で視聴するには?

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を安全に無料動画でフル視聴することが可能で、動画配信サービスの「U-NEXT」で配信されています。

 

U-NEXT」は月額課金のオンデマンド配信サービスですが、31日間の無料トライアル期間が設けられており、その間で解約してしまえば完全無料で視聴することができます。

過去の放送などでは一部追加課金が必要な番組もありますが、

新規登録で31日間の無料トライアル期間だけでなく、課金ポイント600円分がもらえるので、課金が必要な一部ドラマや新作の映画なども600ポイント分無料で視聴することができるので、お得に視聴することができるのでオススメです。

画質は「フルHD(1080p)」で4K(超高画質/2160p)にも対応しています!ちなみに、通常の動画配信サービスは、「HD画質(720p)」

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

 

登録は、簡単で約2~3分!!
解約も、所要時間が約1分!!

 

 

2020年日本アカデミー賞の作品賞にノミネートされた作品も

この中で「閉鎖病棟」と「蜜蜂と遠雷」に関しては、現在(3/6)まだ配信されていませんが、そろそろ配信される可能性が高いと予想されています。

 

間にCMが入らないからストレスフリー!!

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ映画「ボヘミアン・ラプソディ」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『ボヘミアン・ラプソディ』
無料動画で視聴する!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」はpandoraやDailymotionで視聴できる?

pandoraやDailymotion・9tsuといったサイトで動画が違法にアップロードされている場合があります。これらのサイトに違法にアップロードされた動画を視聴すると、パソコンのウイルス感染、不正アクセス、あらゆるネット詐欺に巻き込まれたりするなど、様々な危険が伴います。

 

その上これらのサイトの動画は画質・音質共に悪く、通信速度が遅かったりする為、せっかくの作品の良さが半減してしまいます。

違法サイトでの動画視聴は避け、これから紹介する方法で安心安全かつ快適に映画「ボヘミアン・ラプソディ」を楽しみましょう!

 

  • 違法アップロードなのですぐに消去される。
  • 最近は、動画を探すのが大変で時間がかかる。
  • PCやスマホのウィルス感染の恐れがある。
  • 低画質・低音質で視聴するのが大変!
  • CMや広告が多すぎ!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の作品情報

【公開日】
2018年11月9日(日本)

【上映時間】
134分

【監督】
ブライアン・シンガー

【脚本】
アンソニー・マクカーテン

【制作】
グレアム・キング
ジム・ビーチ
ロバート・デ・ニーロ
ブライアン・メイ
ロジャー・テイラー

【出演者】

  • ラミ・マレック
  • ルーシー・ボイントン
  • グウィリム・リー
  • ベン・ハーディ

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のあらすじやネタバレ

1970年代初頭のロンドン、ゾロアスター教徒ペルシャ系移民出身の青年ファルーク・バルサラは、移民差別を受けつつも音楽に傾倒していた。

ある日フレディはファンだったバンド「スマイル」のメンバーでギタリストのブライアン・メイ、ドラマーのロジャー・テイラーに声をかけ、ヴォーカリストが脱退したばかりの同バンドに見事な歌声を披露して新しいヴォーカル兼ソングライターとなり、同じく新メンバーのベーシスト・ジョン・ディーコンとともに新生バンドをスタートさせる。

厳格な父とは折り合いが悪く、活動の再出発を前に、自分のルーツを嫌って「フレディ」と名乗り始めた。

同じ時期、フレディはケンジントンのお洒落な人気ブティック「BIBA」の店員メアリー・オースティンと知り合い恋に落ちる。「クイーン」と改名したバンドは、ワゴン車を売却してアルバムを自主制作する。

レコーディングの様子を目に留めたEMIのA&Rジョン・リードは彼らをスカウト、ポール・プレンターが担当マネージャーとなる。フレディはさらに名字を「マーキュリー」に改名、デビュー・世界各国でのツアーとクイーンが躍進する中、フレディはメアリーにプロポーズする。

やがてクイーンはEMIの重役レイ・フォスターからヒット曲「キラー・クイーン」の路線を踏襲する曲を制作するよう命じられるが、同じことの繰り返しを嫌う彼らは反発する。

フレディはオペラをテーマとしたロック・アルバムを作ると提案し、郊外での曲制作とレコーディングが始まる。メンバーの喧嘩を交えつつも、熱意を注いで完成されたアルバム『オペラ座の夜』の出来に彼らはおおいに満足する。

しかし6分という長さと斬新な構成の曲「ボヘミアン・ラプソディ」のシングルカットを、フォスターは「ラジオでかけてもらえない」と認めずクイーンと徹底的に対立。しかしフレディ自らラジオに出演し、「本来ならラジオで聴けない曲」と同曲を独占放送、マスコミには酷評されるが大ヒットする。

引用元:wiki

スポンサーリンク



映画「ボヘミアン・ラプソディ」の感想や評価は?

私はDVDで、楽しませてもらいます。それでも充分な気がするので、。
(※Blu-rayにオーダー変更しました、特典映像のこと見落としてました。)

内容の良さは、もうご存知のとおりでしょう(笑)。
映画ですから、多少の脚色や演出があるにしろ、ストーリーの素材自体が事実に基づいていて、素晴らしかったですね。

それにしてもクイーンの包容力の深さ。
…(1)それは堅いフレンドシップの力。ライヴエイドで再び自信を掴(つか)んだというのも、昔から伝えられていたことですよね。
そしてもう一つのクイーンの包容力の深さ。
…(2)それは多様な音楽の力。場面ごとにしっくりと流れる曲の種類の多さ、しかも名曲ばかり。これにはファンでありながらも改めて驚きました。

ラストのフレディー(役者さんだけど)の目の輝き、印象的で忘れられません。「ボヘミアン・ラプソディ」、曲も映画も永遠ですッ!

●以下余談
ライヴ・エイドは1985年のこと、これは素晴らしいライヴDVD『ロック・モントリオール1981』に特典映像的に収められていましたよね。しかし映画では触れていない、『ライヴ・アット・ウエンブリー・スタジアム1986』のDVDもまた、格別に素晴らしいですよ。もうご存知でしょうけど(笑)。さらに初期ライヴ映像の『オデオン座の夜~ハマースミス1975』や『ライヴ・アット・ザ・レインボー’74』(Blu-ray)なんかも最高ですッ!。本当に驚嘆させられます(爆死)ww。

熱狂的な人気を誇るロックバンド「クイーン」のリードボーカル、
フレディ・マーキュリーの生涯を描いた伝記映画。

ミュージシャンとして一気に上り詰める気持ちよさと
周囲との軋轢に悩む苦しさが味わえる内容で、
各場面に流れる楽曲にいちいち感動させられる。

観終わる頃にはファンになってしまうほど魅力のある歌と
退屈させることなく展開していくスピード感が見事。
特にクライマックスのライブシーンは本当に感動的で
それまでのさまざまな想いが集約された素晴らしい場面。
フレディを支える周囲の人物にグッとくる。

事実をうまく脚色しているのか、
クイーンに興味がない人でも十分に没入できる仕上がりで、
あくまで一般層向けの映画として楽しめる良作。

映画本編についてはドラマとしても素晴らしいので、是非1人でも多くの人に観てもらいたいと思う作品です。

特典映像のライブ・エイド完全版について

「これ全部入れても良かったのでは?」と思いました。
本編でカットされてる部分(曲のショートカットも含めて)実際の映像をみなさんネットなんかで観られてると思うのですが、ラミ・マレックのステージでの熱演がやはり素晴らしいのと、実際の映像では観れない観客やスタッフ、もちろんクィーンの他のメンバーも、とにかく凄く良いんですよ!

(カットされたのが残念なくらい)
いつか映画館の大画面、大音響でライブ・エイド完全版を含めた「ボヘミアン・ラプソディ完全版」みたいなのを観てみたくなりました。
クィーンのライブなら本物見てりゃいいんじゃないの?史実と違うし、フレディはあんなじゃないし

なんて野暮な事は言わないで、あくまでも映画としてこれだけの作品を作ってくれた事に感謝ですね。

なんか普通にスチブ仕様買えちゃったけどよかったのかな? 1種類しかないよね?そういう類の物とは違ったかな?

病気で身体が不自由だから劇場には足を運べなかったものでやっと観られると思って幸せな気持ちです。自分の命が途切れるか発売が先かマジで微妙な感じなので少なくとも一度は観ておきたいと…。

子供の頃に何度か武道館には兄に連れられて行ったんだけどその頃の記憶しかないので久々に当時の記憶がよみがえるかな?

自分,クイーンがデビューしたころ高校でロックバンドをやっていたリアルタイム世代の老兵です。

当時、クイーンがポップ性を増し始めた頃は仲間で酷評したりしていました。。。40数年も前のことですが、本作を観て,マーキュリーや「伝説のギタリスト」メイに謝りたくなりました。

本作はそのブライアン・メイとロジャー・テイラーが音楽制作担当した由、それだけで本気度は十分。そしてマーキュリー役のパフォーマンスの詳細がほとんどホンモノなみで,さらにメイ役,テイラー役が,プレイをふくめて実際のかれらの70年代を鮮やかに再現したごとくで,感心感動せざるをえませんでした。

「輝ける七つの海」の伝説的”震える”ハーモニー部分などを含め、名曲の誕生秘話もすばらしいアクセントです!

本作はとくに、マーキュリーの個性と人間的苦悩,やがてすべてを乗り越えて昇華していく彼の人生を描きつくした,優れたヒューマンドラマでもあるとおもいました。マーキュリーがバイセクシュアルと知られたころ,リアルタイム世代の自分たちはそりゃそうだろう,と殆ど驚かなかったです。どっちでもよい,彼は超越的な音楽家であることは認めていたのです。

永遠のベスト・トラック「We are the champions」がヒットした当時,評論家やメディアはクイーンは自分たちが王者だとはなんとおごっている,などと批判したりしました。しかし本作は,これはともに辛くても苦しくても,最後まで生き切ろう,そうすれば友よ,われわれはみんなチャンピオンなのだ,とうたった、秀逸な人間賛歌なのだと。マーキュリーが到達した極みであったその真実を,鮮やかに強調してくれています。

誰しもが満足度が高いであろう、傑作です。そしてまさに人間賛歌なのだとおもいました。天国のマーキュリー氏も喜んでいることでしょう。星5つです。

引用元:Amazonレビュー

 

スポンサーリンク



映画「ボヘミアン・ラプソディ」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】のまとめ

今回の記事では、映画「ボヘミアン・ラプソディ」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】について紹介してきました。

紹介した動画配信サービスを使って、快適にかつ安全に映画やドラマ、アニメなどを楽しみましょう!

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「ボヘミアン・ラプソディ」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『ボヘミアン・ラプソディ』
無料動画で視聴する!

(本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)