野球

甲子園2019ブラバン(智弁和歌山)の新曲は?魔曲(ジョックロック)の動画も

こんにちは、シュウです。

 

去年からブラバンの魅力にどっぷり浸かり、ついには本まで購入してしまった!!

今大会は、去年の大阪桐蔭のように話題になる選手が少なめ。

 

だけど、「美爆音」の習志野、「東邦高校の友情応援」に大阪桐蔭などとブラバンの話題が盛りだくさん。

 

そして、智弁和歌山のおなじみの「魔曲・ジョックロック」。さらに、この智弁和歌山は、「新・魔曲」の新曲も用意しているという情報もあります。

 

どんな新曲なのか気になりますね!!

 

なので、甲子園2019ブラバン(智弁和歌山)の

  • 新曲は
  • 魔曲(ジョックロック)の動画

を中心に調べていきたいと思います。

<

甲子園2019ブラバン(智弁和歌山)の新曲は?

今年の甲子園の応援曲には、「男の勲章(ドラマ・今日から俺は!!の主題歌)」が多く使われたいますね。

このな感じで、はやりの曲を応援曲にアレンジする学校が多い中、智弁和歌山は独自路線でオリジナル曲を多く作っているので人気が高いんです。

 

流行りの曲もいいけど、智弁和歌山しか使っていない応援曲は個性があってみていても楽しいですね。

 

ちなみに、去年も「ミラクルショット」という新曲を披露してるんです!このミラクルショットの原曲は、

 

「テレビ朝日・報道ステーションのスポーツコーナーの曲」

 

なんです。またマイナーな・・・・やはり目の付け所がスゴイ(*^^*)

 

☆智辯和歌山「Miracle Shot」

 

ナント・・・

 

 

この新曲を披露した2018年センバツは、見事に準優勝。ブラバンの応援力恐るべし(*´∀`*)

 

さらに、智弁和歌山は名将・高島監督から中谷仁監督に代わってはじめての甲子園ということで、さらなる魔曲となる新曲も用意してるんです。

 

智弁和歌山の吹奏楽部は、中谷仁・新監督のイメージに合わせて3曲を用意し、その中から中谷監督が選択しました!!

 

☆中谷仁監督のコメント

太鼓をメインにした和のテイストにしてくれました。全部かっこよかったんですけど、特に曲調とテンポが良かった。かっこいいです。新監督で新しい何かをという思いでやってもらった。数多く流れるように1日でも長くやりたい。智弁和歌山のチアと応援団は世界一だと思っています

引用元:https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201903160000011.html

 

新曲にに関しては、わかりしだい追記していきますね。

 

※追記

新曲は、「YAMATO」

 

スポンサーリンク



甲子園2019ブラバン(智弁和歌山)の魔曲(ジョックロック)の動画

新曲が話題になっていますが、やはり智弁和歌山のブラバンといったら

 

「魔曲・ジョックロック」

 

ですね。

 

この魔曲・ジョックロックは、2000年の夏に初めて披露。そして全国制覇を達成。最近では、チャンスの時にこの曲が流れますが、当初は、

  • 8回以降
  • 得点圏に走者がいる場合

のみ使用というルールがあったんです。たしかに、終盤でしかも得点圏であの曲が流れるとチームは盛り上がるし、相手チームは威圧感を感じちゃいますね。

 

「甲子園には魔物が住む」

 

なんて名言がありますが、智弁和歌山・吹奏楽部の「ジョックロック」がかかると球場全体で後押ししチームはビッグイニングを作り大逆転!!

 

なんてことが多かったのでこの曲が「魔曲」として相手チームから恐れられてるんです。

 

☆魔曲・ジョックロック

 

 

☆2018センバツ 準決勝 智弁和歌山vs東海大相模
「魔曲・ジョックロック」で6-10から8回に追いつく!!

 

☆2018 智弁和歌山吹奏楽メドレー

<応援曲セトリ>

  • アフリカンシンフォニー
  • コパカバーナ
  • ミラクルショット
  • エルクンバンチェロ
  • シロクマ
  • サンバ・デ・ジャネイロ
  • ジョックロック 
ちなみに、応援曲の定番「アメリカンシンフォニー」も智弁和歌山がはじめて採用してそのあとに他の高校に定着したんです!

まとめ

今回は、甲子園2019ブラバン(智弁和歌山)の新曲は?魔曲(ジョックロック)の動画もについて書いてきました。

 

智弁和歌山ブラバンの新曲は、中谷仁監督の甲子園デビュー戦のために作られました。

すっかり智弁和歌山ブラバンの曲として定着している魔曲・ジョックロックが誕生してからすでに20年近く経ちました。

美爆音の習志野と魔曲ジョックロックの智弁和歌山のブラバン対決もぜひみてみたいものです。