映画

映画「64ロクヨン(前/後編)」のフル動画配信を無料視聴する方法!

↓今すぐ映画『64-ロクヨン-(前/後編)』の無料動画を見たい人はこちら↓

【U-NEXT】
映画『64-ロクヨン-(前/後編)』
無料動画で視聴する!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

 

サービス名配信状況月額料金無料期間視聴方法無料ポイント
Hulu1,026円(税込)2週間見放題なし
FODプレミアム888円(税抜)1ヶ月見放題最大1300P
U-NEXT1,990円(税抜)31日間見放題1200P(無料期間600p)
Paravi1,017円(税込)2週間見放題なし

 

こんにちは、シュウです。

映画「64-ロクヨン-」は、2016年に公開された作品で原作の小説も人気があります。前編と後編で構成されていて、しっかりとしたストーリーが話題に。綾野剛さんや佐藤浩市さんなど豪華なキャストが集結しています。

ある誘拐殺人事件の時効後に発生した事件の真相とは?登場人物たちの行動などにも注目しつつ最後までじっくりとお楽しみください!

この記事では、映画「64-ロクヨン-」を無料・安全にかつ快適で、さらに高画質で視聴できる方法を紹介していきます。

それでは、映画「64-ロクヨン-(前/後編)」

  • フル動画配信
  • 無料視聴する方法

を中心に調査していきます。

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「64-ロクヨン-(前/後編)」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『64-ロクヨン-(前/後編)』
無料動画で視聴する!

映画「64-ロクヨン-(前/後編)」を無料動画で安全にフル配信で視聴するには?

映画「64-ロクヨン-」を安全に無料動画でフル視聴することが可能で、動画配信サービスの「U-NEXT」で配信されています。

 

U-NEXT」は月額課金のオンデマンド配信サービスですが、31日間の無料トライアル期間が設けられており、その間で解約してしまえば完全無料で視聴することができます。

過去の放送などでは一部追加課金が必要な番組もありますが、

新規登録で31日間の無料トライアル期間だけでなく、課金ポイント600円分がもらえるので、課金が必要な一部ドラマや新作の映画なども600ポイント分無料で視聴することができるので、お得に視聴することができるのでオススメです。

画質は「フルHD(1080p)」で4K(超高画質/2160p)にも対応しています!ちなみに、通常の動画配信サービスは、「HD画質(720p)」

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

 

登録は、簡単で約2~3分!!
解約も、所要時間が約1分!!

 

2020年日本アカデミー賞の作品賞にノミネートされた作品も

この中で「閉鎖病棟」と「蜜蜂と遠雷」に関しては、現在(3/6)まだ配信されていませんが、そろそろ配信される可能性が高いと予想されています。

 

間にCMが入らないからストレスフリー!!

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ映画「64-ロクヨン-(前/後編)」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『64-ロクヨン-(前/後編)』
無料動画で視聴する!

映画「64-ロクヨン-(前/後編)」はpandoraやDailymotionで視聴できる?

pandoraやDailymotion・9tsuといったサイトで動画が違法にアップロードされている場合があります。これらのサイトに違法にアップロードされた動画を視聴すると、パソコンのウイルス感染、不正アクセス、あらゆるネット詐欺に巻き込まれたりするなど、様々な危険が伴います。

 

その上これらのサイトの動画は画質・音質共に悪く、通信速度が遅かったりする為、せっかくの作品の良さが半減してしまいます。

違法サイトでの動画視聴は避け、これから紹介する方法で安心安全かつ快適に映画「64-ロクヨン-」を楽しみましょう!

 

  • 違法アップロードなのですぐに消去される。
  • 最近は、動画を探すのが大変で時間がかかる。
  • PCやスマホのウィルス感染の恐れがある。
  • 低画質・低音質で視聴するのが大変!
  • CMや広告が多すぎ!

映画「64-ロクヨン-(前/後編)」の作品情報

【公開日】
2016年5月7日
2016年6月11日

【上映時間】
121分
119分

【監督】
瀬々敬久

【脚本】
久松真一
瀬々敬久

【制作】
木村理津
大原真人
渡邉敬介
浅野博貴
伊藤正昭

【出演者】

  • 佐藤浩市
  • 綾野剛
  • 榮倉奈々
  • 夏川結衣

映画「64-ロクヨン-(前/後編)」のあらすじやネタバレ

昭和64年1月5日。 関東近県で漬物工場を営む雨宮芳男(永瀬正敏)の娘・翔子が誘拐された。犯人はサトウと名乗り、身代金要求額は2000万円。翌日、犯人は金をスーツケースに入れ、雨宮に車で運ぶことを指示した。

喫茶店や美容室など様々な店の電話を次の指令の受け取り場所に指定して各所を移動させ、警察の捜査班を翻弄する。

深夜、郊外の橋から身代金の入ったスーツケースは指示に従って川に投下され、やがて回収されたスーツケースから金は紛失していた。後日、被害者の少女も死体となって発見される。

昭和天皇の崩御により、昭和64年はたった7日間で終わった。そして迷宮入りとなったこの少女誘拐殺人事件は、県警内部で「64(ロクヨン)」と呼ばれることになった。

平成14年12月。 県警で、かつて刑事部の刑事として「ロクヨン」の捜査にも加わっていた三上義信(佐藤浩市)は、今は警務部秘書課広報室広報官のポストにあった。

現在、広報室はある交通事故の加害者を匿名で発表したため、県警記者クラブからの突き上げにあっていた。その急先鋒は東洋新聞キャップの秋川(瑛太)。三上を始めとする、
諏訪(綾野剛)、美雲(榮倉奈々)らの広報室スタッフは、事態を穏便に収めようとするが、記者たちは加害者の実名発表を要求して譲らない。

そんな中、三上に新たな難題が持ち上がる。

1週間後に全国の警察を統括する警察庁長官が、時効が1年後に迫った「ロクヨン」担当捜査員を激励するために視察に訪れるというのだ。

その時長官は被害者である雨宮宅を慰問する予定なので、雨宮の了解を取り付けろという命令が下される。三上は「ロクヨン」事件以来、10数年ぶりに雨宮の漬物工場を訪れる。
事件後、妻を病気で亡くし、老け込んでしまった雨宮の姿に愕然とする三上。彼が長官視察の件を切り出すと、雨宮はその申し出を断った。 さらに記者クラブとの関係も最悪の状態となっていた。

例の匿名問題が、記者クラブ全員で県警本部長に抗議文を持っていくまでに話がこじれてしまったのだ。記者クラブは実名発表されない限り、長官視察の取材もボイコットすると強硬姿勢に出る。

八方塞がりとなった三上は、まずは雨宮の態度を軟化させる手がかりをつかむため、捜査一課長の松岡勝俊(三浦友和)をはじめ、かつて「ロクヨン」捜査に関わった人々を訪ねて回る。

そして、三上が複雑に絡み合う事態の収拾に奔走しながら迎えた、長官視察の前日。県内で少女誘拐事件が発生する。サトウと名乗った犯人は、身代金2000万円をスーツケースに入れ、父親に車で運ぶことを要求した。14年前の「ロクヨン」とまったく同じように―

引用元:Amazon

スポンサーリンク



映画「64-ロクヨン-(前/後編)」の感想や評価は?

俳優陣も豪華だし警察の広報という今までにない視点も良く、グイグイ引き込まれるストーリーも良いのですが、詰めが甘いところがあるのでそこが残念でした。

主人公の三上ですが専従班からは離れていたとしても春までは刑事部にいたのにもかかわらず「幸田メモ」の存在すら知らない…。

昭和天皇の崩御の裏で起った誘拐事件だった為、報道が十分にされてなかった事を考えると14年も経って模倣犯というのは考えにくいしポストを死守する為の刑事部の反乱もあり得ないと思う。

実際、松岡参事官が被害者に会った際に無言電話の事を真っ先に聞いたのは64の犯人が誰か知っていたからだと思う。

それよりもっと?と思うのは目崎は誰が犯人か真っ先に気付くはずなのに娘の命より自分の事を優先してるところが迫真の演技と反してしっくりこない点!

何年も刑事をしていたなら三上はもっと早く気付かないとおかしいと思う。
記者クラブと県警の対立もやり過ぎな感じが…

ネタバレになるので詳述は避けますが、原作を読んでいないものの、映画のラストは原作とは異なるそうで、ある意味安心しながら観ました(後で原作でも愉しめるので)。

それにしても、こんなやり方で犯人を見つけたとは! また、犯人もよく道を間違えないでいろいろな指定場所に行けたとは! 個人的には、画面に観入ってしまいました。観終わってからも様々な余韻に浸ることのできるまずは傑作だと思います。

2016年6月11日公開。 監督は瀬々敬久。 原作は横山秀夫。

あらすじ書くとネタバレというか、展開がわかってしまうので書きません。

そんなに意外な展開ではないけれど、それでも十分面白いし登場人物たちの
苦悩も良かった。 ハラハラする展開も楽しい。

『砂の器』とかの松本清張作品みたいな雰囲気も感じた。

最高に面白かったです。 大満足でした。

前後編とも、本編のみを通り一遍に見ていたのでは、内容が分かり辛いのが本作品の致命傷。劇場では特典映像などはあり得なかったろうから、観客がディテールを十分に理解したうえで鑑賞に至ったのかは疑わしい。

それでも全編を通して漲る映像作品としてのポテンシャルがそれを補って余りある秀作に昇華せしめている。恰も出演者の佐藤浩市に寄せるリスペクトが集結して、商業映画を超越して稀有の高みに押し上げたかのようだ。久しぶりに重量級の日本映画に出会った。必見。

とても良い映画でした。前編を見て此れからどう生るのか楽しみにしてました。後編は内容の濃い作品でした。
原作は未読。とある未解決事件を縦糸に
県警内の刑事部と警務部の対立を横糸に描く大作。

主人公に、警察組織内部だけではなく、
外部やマスコミとも繋がらざるを得ない広報官を
据えたことにより、物語に客観的な視点と広がりが
感じられる点がミソ。

本作は前編。警察内部の対立と、未解決事件と、
家庭の問題とに苦しみながら、それでも誠意を持って
目の前の仕事に対処し、ラスト近辺のクライマックス、
記者クラブと和解するシーンは圧巻。

映画館で観ました。
個人的に後編より前編の方が面白かったので星は5です。
特に前編の最後の流れはかなり興奮しました。

あと、ドラマ派やピエール瀧派の方が良いという意見が多いですが、最初にドラマではなく映画を観た自分からしたら、映画派の佐藤浩市派です。
もちろん小田和正さんの歌の影響もありますが。

久しぶりに観た邦画。
佐藤浩市はもとより出演者が演技派揃い。
物語の中に、ぐいぐい引きずり込まれる感じ。

少女誘拐事件、警察内部の抗争、警察対マスコミ。
一つの事件が波紋を広げ、多くの人生を狂わしていく。

昭和天皇崩御により、わずか7日間しかなかった昭和64年。
30年近く前のことなのに、あの頃の自分、仕事、社会の雰囲気。
懐かしく思い出しながら観た。
後編も楽しみです。

佐藤浩市演じる広報官は元刑事で
昭和64年に起こった事件を担当していた人間です。

広報官は県警のトップの伝えたいことを
記者クラブに伝える仕事が主であるが、
記者クラブからは隠し事があるのではないかと非難され、
県警のトップからは無能と呼ばれ、
板挟みにあう、まるで中間管理職のような立場ですので、
共感する方も多いかもしれません。

この作品はドラマ版に比べて役者が豪華ですが、
なによりも素晴らしいのは記者クラブの新聞記者の顔です。
日本映画もまだまだ捨てたものではないと思うほど
豊かな顔です。(わかる人にはわかると思います)

前編は事件よりも佐藤浩市演じる三上の広報官としての
奮闘ぶりが一番の見どころです。ということで
前篇は素晴らしいです。

後編から事件の核心に迫るのですが、
15年の重さがあまり感じられないので、
サスペンスとしては満足度は低いです。

もしも後編に不満があれば、
韓国映画「悪魔は誰だ」をご覧ください。
とても話が似ています(公開日とかを考えるとパクリではないらしい)が、
こちらの方が良くできています。

前編はおススメです。

原作、映画と拝見しBlu-ray でもう一度じっくり鑑賞したく購入しました。

引用元:Amazonレビュー

 

スポンサーリンク



映画「64-ロクヨン-(前/後編)」のフル動画配信を無料視聴する方法!のまとめ

今回の記事では、映画「64-ロクヨン-」のフル動画配信を無料視聴する方法!について紹介してきました。

紹介した動画配信サービスを使って、快適にかつ安全に映画やドラマ、アニメなどを楽しみましょう!

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「64-ロクヨン-」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『64-ロクヨン-(前/後編)』
無料動画で視聴する!

(本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)