映画

映画「フォードvsフェラーリ」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】

↓今すぐ映画『フォードvsフェラーリ』の無料動画を見たい人はこちら↓

【U-NEXT】
映画『フォードvsフェラーリ』
無料動画で視聴する!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

 

サービス名配信状況月額料金無料期間視聴方法無料ポイント
Hulu1,026円(税込)2週間見放題なし
FODプレミアム888円(税抜)1ヶ月見放題最大1300P
U-NEXT1,990円(税抜)31日間見放題1200P(無料期間600p)
Paravi1,017円(税込)2週間見放題なし

 

こんにちは、シュウです。

映画「フォードvsフェラーリ」は、ハリウッドの実力派、マット・デイモンとクリスチャン・ベイルが、情熱と執念、勇気で逆境に立ち向かう男たちを熱演。

企業戦争の裏側や圧巻のレースシーンも見どころとなっています。

この記事では、映画「フォードvsフェラーリ」を無料・安全にかつ快適で、さらに高画質で視聴できる方法を紹介していきます。

それでは、映画「フォードvsフェラーリ」

  • フル動画配信
  • 無料視聴する方法

を中心に調査していきます。

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「フォードvsフェラーリ」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『フォードvsフェラーリ』
無料動画で視聴する!

映画「フォードvsフェラーリ」を無料動画で安全にフル配信で視聴するには?

映画「フォードvsフェラーリ」を安全に無料動画でフル視聴することが可能で、動画配信サービスの「U-NEXT」で配信されています。

 

U-NEXT」は月額課金のオンデマンド配信サービスですが、31日間の無料トライアル期間が設けられており、その間で解約してしまえば完全無料で視聴することができます。

過去の放送などでは一部追加課金が必要な番組もありますが、

新規登録で31日間の無料トライアル期間だけでなく、課金ポイント600円分がもらえるので、課金が必要な一部ドラマや新作の映画なども600ポイント分無料で視聴することができるので、お得に視聴することができるのでオススメです。

画質は「フルHD(1080p)」で4K(超高画質/2160p)にも対応しています!ちなみに、通常の動画配信サービスは、「HD画質(720p)」

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

 

登録は、簡単で約2~3分!!
解約も、所要時間が約1分!!

 

2020年日本アカデミー賞の作品賞にノミネートされた作品も

この中で「閉鎖病棟」と「蜜蜂と遠雷」に関しては、現在(3/6)まだ配信されていませんが、そろそろ配信される可能性が高いと予想されています。

 

間にCMが入らないからストレスフリー!!

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ映画「フォードvsフェラーリ」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『フォードvsフェラーリ』
無料動画で視聴する!

映画「フォードvsフェラーリ」はpandoraやDailymotionで視聴できる?

pandoraやDailymotion・9tsuといったサイトで動画が違法にアップロードされている場合があります。これらのサイトに違法にアップロードされた動画を視聴すると、パソコンのウイルス感染、不正アクセス、あらゆるネット詐欺に巻き込まれたりするなど、様々な危険が伴います。

 

その上これらのサイトの動画は画質・音質共に悪く、通信速度が遅かったりする為、せっかくの作品の良さが半減してしまいます。

違法サイトでの動画視聴は避け、これから紹介する方法で安心安全かつ快適に映画「フォードvsフェラーリ」を楽しみましょう!

 

  • 違法アップロードなのですぐに消去される。
  • 最近は、動画を探すのが大変で時間がかかる。
  • PCやスマホのウィルス感染の恐れがある。
  • 低画質・低音質で視聴するのが大変!
  • CMや広告が多すぎ!

映画「フォードvsフェラーリ」の作品情報

【公開日】
2020年1月10日(日本)

【上映時間】
153分

【監督】
ジェームズ・マンゴールド

【脚本】
ジェズ・バターワース(英語版)
ジョン=ヘンリー・バターワース(英語版)
ジェイソン・ケラー

【制作】
ピーター・チャーニン
ジェンノ・トッピング
ジェームズ・マンゴールド

【出演者】

  • (キャロル・シェルビー):マット・デイモン
  • (ケン・マイルズ):クリスチャン・ベイル
  • (リー・アイアコッカ):ジョン・バーンサル
  • (モリー・マイルズ):カトリーナ・バルフ
  • (ヘンリー・フォード2世):トレイシー・レッツ
  • (レオ・ビーブ):ジョシュ・ルーカス
  • (ピーター・マイルズ):ノア・ジュープ
  • (エンツォ・フェラーリ):レモ・ジローネ
  • レイ・マッキノン

映画「フォードvsフェラーリ」のあらすじやネタバレ

レーシングドライバーのキャロル・シェルビーは、1959年のル・マン24時間レースで優勝する栄光に輝いたが、そこからほどなく心臓病のためにキャリアを終える。

引退後は自らの理想のスポーツカーを作るためにシェルビー・アメリカンを設立し、多数のセレブリティを顧客に抱え、経営者兼カーデザイナーとして成功したが、心の中ではレースを渇望していた。

イギリス人レーサーのケン・マイルズは、第二次世界大戦の終結後イギリス軍を除隊すると、家族とともにアメリカへ移住し、自動車整備工場を経営しながらレースに参戦していた。

レーサーのマイルズが整備する車は一般人には扱いにくい品質になり、マイルズ自身の偏屈な性格もあいまって経営はラクではなかったが、純粋に車を愛するマイルズは妻のモリーと息子のピーターから敬愛され睦まじい家庭を築いていた。

あるレースの現場でマイルズと出会ったシェルビーは、会話の流れからマイルズを挑発してしまい、怒ったマイルズからスパナを投げつけられる。

しかしレースでは、マイルズは巧みなレース運びを見せ、そして冷静な判断と果敢な追い抜きで最終周回にトップを奪い優勝。

シェルビーは、観戦している自分と同じタイミングで同じ判断をしたマイルズの優秀さを認め、投げつけられたスパナを持ち帰ると、オフィスにそれを飾った。

一方、レースには優勝したマイルズだが、税金の滞納から整備工場を差し押さえられてしまう。

レーサーとしてももう若くない40代半ばの年齢もあり、家の差し押さえまでは避けるために、レースをやめて地道に働くとモリーに告げる。

1963年、アメリカの巨大自動車メーカーであるフォード・モーターを率いるヘンリー・フォード二世(英語版)会長は、会社の現状に飽き足らずさらなる成長のアイディアを募る。

30代にして早くもフォードの副社長兼総支配人にまで昇ったリー・アイアコッカは、これから自動車を新たに買い始めることになるベビーブーマー層に訴求するため、従来のフォードのブランドイメージを一新することを考える。

そして導いた策は、ル・マン24時間レースを4連覇し全世界的なあこがれのブランドとなっているにもかかわらず、経営危機に陥っていたイタリアの自動車メーカー、フェラーリの買収であった。

意気揚々とマラネッロのフェラーリ本社を訪れたアイアコッカを出迎えた創業者のエンツォ・フェラーリは、「市販車部門はフォードが株の過半数を持つが、レース部門のスクーデリア・フェラーリはフェラーリが支配する」という条件を吟味し検討する。

しかし、「仮にフォードがレース参戦に反対の立場となった場合はレースから撤退する」という内容は、スポーツカー生産よりもレースへの参加に至上の価値を置くエンツォにとって論外であり、土壇場でフォードの提案を破談にしたばかりか、その裏では同時にフィアットのジャンニ・アニェッリに対してフォードをダシに使った売却話を進めていたのだった。

エンツォはアイアコッカに対し、「醜い車を量産してろ!重役たちは間抜け!ヘンリー二世は所詮二世。偉大な祖父には遠く及ばない」と言い放つ。

引用元:wiki

スポンサーリンク



映画「フォードvsフェラーリ」の感想や評価は?

なんとも熱い映画だった。

強敵フェラーリに立ち向かい、勝利を掴み取るために戦う2人の男の物語。
燃えないはずがない。

身内にこそ難敵がいたり、ラストの衝撃の展開等、実話を基にしているが故に理不尽さや救いの無さが非常なまで描かれていた。
現実は厳しいのだ…

事実は小説より奇なりと言うが、悲しい物語をもハッピーエンドに出来るのがフィクションの良いところであると改めて感じた。

主演がマット・デイモンとクリスチャン・ベールときて、おもしろくないわけがないよね

ル・マンで勝つべくマシンの開発をしていく中で生まれる軋轢や妨害
獅子身中の虫とは言うけれど、どんな組織も、結局最大の敵はだいたい身内にいるよね
そして単なるサクセスストーリーとは一線を画す痛切なラスト
観終わったあとは途方に暮れてしまうような、なんとも複雑な後味の映画でした

ドライバーのキャロル・シェルビー(マット・デイモン)はル・マン24時間レースでアメリカ人として初めて優勝するが心臓病の悪化で引退
理想のスポーツカーを作る為、自身の会社を設立しデザイナーとしても成功していた

イギリスから渡ってきたケン・マイルズ(クリスチャン・ベール)は自身の整備工場で働きながらレーサーとしてもレースに参戦していたが気難しい性格が災いして経営は上手くいっていなかった

その頃、自動車会社フォードはフェラーリの経営危機を聞き付け合併に動くがフィアットに出し抜かれて話は流れてしまいフェラーリには散々こき下ろされてしまう
2代目社長はル・マン連覇中のフェラーリに一矢報いる為、対抗できる措置を講じるよう命令を下す

キャロルそしてケンに白羽の矢が立つが巨大企業のフォード色々な所から横槍が入る。。

対フェラーリというよりフォードの内部抗争の話
実話が元なので所々映画的でなく苦い現実的な解決作をとるのが逆にリアルだった😅
キャロル結構卑怯だし😁笑

車のエンジン音に興奮を覚える‼️

男の映画。
男の子の映画。
少し離れて女神が微笑んでる映画。

昔からFord GT40とCOBRA 427が世界で一番美しい車だと思っていて、それは今でも変わらない。だから予告編だけでも満足してしまった。

今時こんな男臭い映画作ってもいいんだって感じ。細かい固有名詞は知らない人には意味不明だと思うけど、いちいち説明的なシーンを入れない所が潔い。日本映画はなかなかできない。

レースはル・マンに限らずデイトナも緊張感が凄くて、観てるだけで体力を消耗する。レースが終わるとぐったり。現代のレースと違って安全面が充分じゃない時代だから余計に怖い。

役者は皆んな本当に素晴らしかった。要らない役者なんか1人もいない。2人の社長は対照的で面白かった。なんか悪そうな感じになっちゃってるエンツォ・フェラーリは出番は少ないものの、最後の一言のために必要だった。一番カッコいいんじゃないかと思ったのはフォードの社長。ヤクザの親分を演じてる時の西田敏行みたい。
GT40の試乗で、いろんな思いがぐっちゃぐちゃになって泣き出すシーンは本当に大好き。

YouTubeに当時のル・マンのドキュメンタリー映像がある。映画では描かれなかった観客やサーキットの外の様子もちょっと面白い。

めっちゃ前に観てた!
ずっとハラハラしてて心臓に悪かったけど、ひとつのことに打ち込んで、文字通り命がけで取り組むレーサーの姿に圧倒されっぱなしの2時間半でした。
よっぽど車、そしてレースが好きじゃないとこんなのやってられないよな…と思い、それほど”レースを愛した一人の男”を感じさせてくれたクリスチャンベイルはやはりさすがだなと。

私自身は全然車に詳しくないし、フォードともフェラーリともたぶん一生縁がないのだろうけど、映画を通して絶対に知ることのできない世界を垣間見られるというのは凄いことで、これだから映画が好きだ!!と改めて思ったりしました。

そして観終わった後マイルズについてめっちゃ調べた…実際は映画よりもっと穏やかな人物だったのかな?
情熱を注ぐ男たち、あまりにかっこよかったです。

これはとにかく大きな画面と良い音響で観るのが正解。

車のエンジンやギアチェンジの音でとにかく臨場感たっぷりだし、7000rpmを超えた時の無音のような状態も映画体験ならではのもの。

ストーリーは実話ベースなのもあって割とシンプルな展開だけど、それでも十分熱くなったり悔しくなれる。
男同士の友情はもちろん、カーレース自体の迫力や危険度、純粋なレースでの勝負とその順位や勝敗に関わるスポンサーのビジネスに挟まれるジレンマとかも同じくらい丁寧に描かれていた気がする。

スクリーン越しに汗とガソリンと排気ガスの匂いがしてきそうな映画。
もう公開が終わったものを言ってもしょうがないんだけど、臨場感が半端なくて絶対に劇場で観るべきタイプのやつ。時は1960年代、アメリカ。
かつてル・マンの24時間耐久レースでアメリカ人として初めて優勝した元レーサーのキャロル・シェルビー(マット・デイモン)は、心臓病を抱えていたことからレーサーを引退してカーデザイナーとなっていた。
カーデザイナーとしても成功を収めて自分の名前の入った会社”シェルビー・アメリカン”を設立するほどになった彼の下に一人の男がある依頼をしにやってくる。
「ル・マンの王者であるフェラーリに勝てる車を一から作ってほしい。」
荒唐無稽な無理難題を出してきたのはアメリカの自動車メーカー”フォード・モーター”のマーケティング責任者を務めるリー・アイアコッカ(ジョン・バーンサル)だった。
当時のフォード社は経営難からフェラーリの買収を目論むも、創業者のエンツォ・フェラーリ(レモ・ジローネ)に断られ足蹴にされてしまう。
それに怒り心頭になった会長のヘンリー・フォード2世(トレイシー・レッツ)は打倒フェラーリを掲げてレース部門に打って出る。
当然無謀とも思える話だったが、またレースの第一線に立てることをどこか望んでいたシェルビーはその依頼を受けることにするのだった。
しかし、次のル・マンのレースまでもう90日ほどしかない中で、ゆっくりしていられる時間は無かった。
そこでシェルビーは、自動車整備士をしながらアマチュアレーサーをしているケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)を訪ねる。ル・マンの絶対王者として君臨していたフェラーリに、大衆車しか作ってこなかったフォードがガチンコで勝負を仕掛ける!
しかもそのメンバーは引退した伝説の元レーサーと、気難しい性格だけど腕はピカイチの整備士兼レーサーのコンビ!
まるで少年漫画のような男臭い話だけど、監督がそういう男臭い話を撮らせたら世界一のジェームズ・マンゴールドと来れば、これはもう安心して観に行くしかなかった。
主人公たちを雇う側のフォード社内はフェラーリに勝つことはもちろんだが、その先に自社の車を世界中で売ることを見据えての勝負。
一方で完全にゼロからのスタートであるにも関わらず、シェルビーは大舞台のレースを走ったあの熱量が忘れられず、そしてマイルズは苦しい生活をさせてしまっている妻と息子のために、二人はレースへの挑戦を決める。
もうすでに理想vs現実という構図がフォード社内で出来上がってしまい、シェルビーとマイルズは当然のごとくフォード社内からも妨害を受けるようになる。
しかし彼らが本当にカッコいいのはここから。
とにかく自分たちの目と感覚を信じて注ぎ込める知恵やアイデアを注ぎ込んで、こだわりにこだわりぬいて勝ちに行く。
マイルズがメインレーサーから外されそうになったら、社長に力ずくで直談判しに行く。
ここまで来ると行き当たりばったりかと言いたくなるけど、そうまでして駆け上がったレースでは、マイルズがこれまた死ぬほどカッコいい。
普段は人を馬鹿にしたような顔をして悪態ばかりついてるのに、ハンドルを握ってゴールを見据えるマイルズの姿は、エンジンの回転数が7000回転を超える世界で戦う勇敢な男だった。そんなかっこよさを支えているのは音の迫力だというのは間違いない。
たぶんこの映画をIMAX上映で観た人はみんな口を揃えて言うと思うけど、とにかくレースシーンの臨場感がすごい。
監督がリアリティにこだわって、カークラッシュのシーンもCGを使わずに本物の車を本当に事故らせたり、ロケットのように前方に飛ばしてみたりと贅沢なことしてる。
そこにV8エンジンの大轟音が響き渡れば、これにワクワクしない男の子はいないだろう。
自分はあまり車に興味がないタイプの人間だったけど、どのレースシーンも心の中の小学生が歓声をあげてた。
どれだけ言葉を尽くしてもこれだけは本当に観た人にしか伝わらない感覚だというのが、ここに自分で書いてて悔しい。

どうしても賞レース前ということもあって、大作や注目作が立て込んで埋もれがちだけど、ここ最近ではトップクラスに熱くて手に汗握る男前な映画だったなあ。

引用元:Amazonレビュー

 

スポンサーリンク



映画「フォードvsフェラーリ」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】のまとめ

今回の記事では、映画「フォードvsフェラーリ」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】について紹介してきました。

紹介した動画配信サービスを使って、快適にかつ安全に映画やドラマ、アニメなどを楽しみましょう!

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「フォードvsフェラーリ」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『フォードvsフェラーリ』
無料動画で視聴する!

(本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)