映画

映画「グリーンマイル」の無料フル動画で配信を視聴する方法!【吹き替え・字幕】

↓今すぐ映画『グリーンマイル』の無料動画を見たい人はこちら↓

【U-NEXT】
映画『グリーンマイル』
無料動画で視聴する!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

 

配信サービス配信状況無料期間
見放題
31日無料
配信なし
2週間無料

配信なし
2週間無料

配信なし
2週間無料

 

こんにちは、シュウです。


映画「グリーンマイル」は、トム・ハンクス主演で1932年の大恐慌時代の死刑囚が収容されている刑務所を舞台とするファンタジー小説を映画化した作品。

スティーブンキング原作の作品の中では、一番人気のある映画かもしれません。

感動作品の名作中の名作なので、一度は、見ておきたい作品かもしれません。

 

この記事では、映画「グリーンマイル」を無料・安全にかつ快適で、さらに高画質で視聴できる方法を紹介していきます。

それでは、映画「グリーンマイル」

  • フル動画配信
  • 無料視聴する方法

を中心に調査していきます。

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「グリーンマイル」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『グリーンマイル』
無料動画で視聴する!

映画「グリーンマイル」を無料動画で安全にフル配信で視聴するには?

映画「グリーンマイル」を安全に無料動画でフル視聴することが可能で、動画配信サービスの「U-NEXT」で配信されています。

 

U-NEXT」は月額課金のオンデマンド配信サービスですが、31日間の無料トライアル期間が設けられており、その間で解約してしまえば完全無料で視聴することができます。

過去の放送などでは一部追加課金が必要な番組もありますが、

新規登録で31日間の無料トライアル期間だけでなく、課金ポイント600円分がもらえるので、課金が必要な一部ドラマや新作の映画なども600ポイント分無料で視聴することができるので、お得に視聴することができるのでオススメです。

画質は「フルHD(1080p)」で4K(超高画質/2160p)にも対応しています!ちなみに、通常の動画配信サービスは、「HD画質(720p)」

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

 

登録は、簡単で約2~3分!!
解約も、所要時間が約1分!!
間にCMが入らないからストレスフリー!!

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ映画「グリーンマイル」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『グリーンマイル』
無料動画で視聴する!

映画「グリーンマイル」はホームシアターとpandoraやDailymotionで視聴できる?

pandoraやDailymotion・ホームシアターといったサイトで動画が違法にアップロードされている場合があります。これらのサイトに違法にアップロードされた動画を視聴すると、パソコンのウイルス感染、不正アクセス、あらゆるネット詐欺に巻き込まれたりするなど、様々な危険が伴います。

 

その上これらのサイトの動画は画質・音質共に悪く、通信速度が遅かったりする為、せっかくの作品の良さが半減してしまいます。

違法サイトでの動画視聴は避け、これから紹介する方法で安心安全かつ快適に映画「グリーンマイル」を楽しみましょう!

 

  • 違法アップロードなのですぐに消去される。
  • 最近は、動画を探すのが大変で時間がかかる。
  • PCやスマホのウィルス感染の恐れがある。
  • 低画質・低音質で視聴するのが大変!
  • CMや広告が多すぎ!

映画「グリーンマイル」の作品情報

【公開日】
2000年3月25日(日本)

【上映時間】
188分

【監督】
フランク・ダラボン

【原作】
スティーヴン・キング

【脚本】
フランク・ダラボン

【制作】
フランク・ダラボン/デヴィッド・ヴァルデス

【出演者】

  • トム・ハンクス
  • デヴィッド・モース
  • ボニー・ハント
  • マイケル・クラーク・ダンカン
  • ジェームズ・クロムウェル
  • マイケル・ジェッター
  • グレアム・グリーン
  • ダグ・ハッチソン
  • サム・ロックウェル
  • バリー・ペッパー

映画「グリーンマイル」のあらすじやネタバレ

20世紀末、60年前の出来事を刑務所の看守主任だったポールが回想する形で物語が始まる。

1932年、アメリカの刑務所。死刑囚監房で看守を務めるポールのもとに、一人の大男が送られて来る。

双子の少女を強姦殺人した罪を持つ死刑囚ジョン・コーフィは、その風貌や罪状に似合わないほど弱く、繊細で純粋な心を持っていた。

これと同時期に、知事の妻の甥であるパーシーが看守となり、傲慢な態度で他の看守たちから嫌われる存在になる。

ある時、コーフィは局部を掴んだだけでポールの重い尿路感染症を治してしまう。

彼はその後も、パーシーに踏みつけられ瀕死の重傷を負わされたネズミ(囚人デルがMr.ジングルスの愛称で飼っていたネズミ)の命を救い、これを見た看守たちは、彼はその不思議な力を神から授かった特別な存在なのではと考え始める。

同時にポールは悩む。コーフィが電気椅子に送られること、それを行う自分たちは大きな過ちを犯しているのではないかと。

しばらくして、ウィリアム・ウォートン―通称“ワイルド・ビル”という凶悪な死刑囚が送られてくる。

コーフィは刑務所所長のハルの妻・メリンダから吸い取った病気をすぐに吐き出さず、パーシーに移した。

パーシーは錯乱状態となってウォートンを銃殺し、まもなく精神病院に送られた。

それからコーフィはポールの手を取って双子の少女の殺人事件の真相を伝え、ポールはウォートンが双子の少女を殺害した真犯人だったと知る。

 

引用元:wiki

スポンサーリンク



映画「グリーンマイル」の感想や評価は?

原作は読んでいませんが、あのスティーブンキング原作作品
それだけでも期待しますよね。

久しぶりに見たので、忘れていた所も有り
改めて見て、やっぱり面白かった。

この作品は、パーシーと言う、どうにもならない悪役が上手く描かれていて、
見る側に苛立ちを感じさせる。
このイヤな役をとても上手に演じてくれたので、トムハンクス演じるボスが引き立つ。

今のアメリカには電気椅子は無いと思いますが、この時代には死刑執行を見届ける人がいる事に驚きますね。
日本の絞首刑に被害者の家族は立ち会うなんて話聞いた事無いなぁ

脇役のネズミがとっても可愛くて、こんなに人馴れをするのだったらペットとして買う事も有りだなぁと思いました。

凄すぎる…
深くて深くて深くて
言葉がでないですもう、、

目を覆いたくなるほど苦しい場面もありますが、人生で一度は見た方が良い映画

序盤、なぜ主人公が映画で堪えきれない涙を見せたのか…痛いほど、よくわかりました

この映画の話をたくさんしたいけど、
話すだけで泣いてしまいます…
ずっとずっと胸にしまって
人生を一歩ずつ歩いていきたい、
そう思わせてくれる映画です

昨日エジソンズ・ゲームを観たばかりだったから、電気椅子が…

感情にぐっと訴えかけてくる…
観ててきついシーンがたくさんあったけど、みなければならない、目を背けてはいけないと思った。
名作ってこういう映画のことを言うんだな

ジョンがとにかくあたたかくて。
本当にいいキャラクターだった。
彼はいつも頭の中にガラスが刺さったような思いをしていたかと思うと辛い。

善悪と死刑について考えた

フランク・ダラボン監督脚本作品。スティーヴン・キング原作。
1930年代の大恐慌時代に死刑囚が収容されている刑務所で、看守を務めるポールの元に、双子の少女を殺した罪を持つ大男の死刑囚ジョン・コーフィが送られてくる。コーフィには不思議な力があり、彼との交流を深めていった看守たちは、コーフィの罪に疑問を抱くようになり・・・という物語です。
「ショーシャンクの空に」のフランク・ダラボン監督と原作スティーヴン・キングのコンビということで、しかも同じ刑務所が舞台で、どうしても比べてしまうのですが、ショーシャンクと比べると劣ってしまうかなあという感想です。完全にヒューマンドラマかと思ったら意外とファンタジーでしたが、ファンタジー映画かと言われるとそこまで物語の中心ではない感じ。涙なくしては見れない感動作とも言われてますけど、全体的に救いようが無いせいか、泣けませんでした。でも3時間ある映画なんですけど長く感じなかったし面白いことは面白いんですけどねえ。
死刑囚官房から電気椅子へと繋ぐ緑の通路(グリーンマイル)。そこで看守を務めるポールは数々の奇跡や優しさに触れるのであった…。

前々から気になってた超有名作をようやく鑑賞。もうめちゃくちゃ良かった!!大体官房や看守のポールの家で展開し、全体的にスローテンポだからこそ物凄くのめり込める魅力的な作品でした。それにスローテンポだからこそトム・ハンクス、マイケル・クラーク・ダンカンなどキャストの名演技を十分に堪能できる面も。
本作では非現実的な現象が色々描かれてますが、決してただのファンタジー作品ではありません。原作がスティーブンキングなだけあってヒューマンドラマとファンタジー要素の織り混ぜ方が絶妙。非現実的な現象と言っても魔法ではなく、奇跡と優しさの生む神の子みぞなせる業。そこら辺は文字にするとよく分からないかもしれませんが、作中ではしっかり描かれているため観てるとすんなり受け入れられると思います。

“人は皆、自分のグリーンマイルを歩いている。”

これは絶対死ぬまでに観てほしい作品の1つです。

刑務所を舞台にした、Sキング&Fタラボン監督によるヒューマンドラマ。
同じ製作陣の『ショーシャンクの空に』よりもファンタジー要素が高いが、生と死の尊厳を考えさせる点は、本作の方が遥かに重い。
〈見処〉
・3時間を超える長尺作品。小さなイベントを丁寧に紡いだ好演出にて、飽きることなく鑑賞出来る。回想映画であるが、回想で途中で途切れないのが良い。
・死刑を執行する側の心情を正面から描いており、本作の看守役デビット・モースが出演する『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の対極にある。
・正悪のブレ幅が大きいサム・ロックウェルにおいて、本作の囚人役が正真正銘のNo.1クズだろう。
・20年前の作品であるが、ハツカネズミの「Mr.ジングルス」は実写とCGの見分けが出来ないほど「不気味の谷」がなく違和感なし。
とある刑務所を舞台に、送り込まれてくる死刑囚とそこにいる看守たちの間で起こる問題、そして目の当たりにする「奇跡」を描く。フランク・ダラボン監督が贈る言わずと知れた名作。
これまた何度も見てるんだけど、いつ見ても心に響いてくるよなと、改めて感じたりして。上映時間もなかなか長いのに、そんなの気にならないほど見入ってしまう不思議。どのシーンも印象深くて、久しぶりに見てもちゃんと記憶に残ってるという、これって何気にすごい。今作は感動モノとして広く知られてる気がするんだけど、改めて気づくのはわりとショッキングで痛ましい内容でもあるということ。胸にダイレクトに突き刺さってくる感じ。看守による嫌がらせとか、救いのない人間模様とか、可哀想で見てられないシーンもしばしば。また待っている結末というのも、これは原作のスティーブン・キング節でもあるのかもしれないけど決してハッピーエンドとは言えないという、このただのほっこりでは終わらせない作風もじつは名作たる所以なのかもなんて。トム・ハンクスを筆頭に、デヴィッド・モースやサム・ロックウェルや、今は亡きマイケル・クラーク・ダンカンの名演も素晴らしい。そうそう、今作でやっぱり大きいのは囚人「ジョン・コーフィ」の存在。いや体の話じゃなくて。そんでコーヒーとはスペルが違うんだよね、うんうん。彼の正体やら何やらというのは想像におまかせ、はたまた「察してね」というところだと思う、そこは正直どうでも良くて、彼が起こす奇跡の数々、そこにあるいくつかの真実というのをこちらがどう受け取るか、なんだろうなと。芸達者なネズミ、通称「ミスター・ジングルス」の存在なども含めて、考察する余地ありあり。信仰心などが強い人からしたら、今作はまた違うニュアンスになるのかも。
何はともあれ、一生に一度は見てほしい、心打たれる一本。患ったことはないんだけどもトム・ハンクス演じるポールの序盤の病気がマジで痛そう、男ならちょっと想像がつくんじゃないかなと。治ってよかったね本当に。

引用元:Amazonレビュー

 

スポンサーリンク



映画「グリーンマイル」の無料フル動画で配信を視聴する方法!【吹き替え・字幕】のまとめ

今回の記事では、映画「グリーンマイル」の無料フル動画で配信を視聴する方法!【吹き替え・字幕】について紹介してきました。

紹介した動画配信サービスを使って、快適にかつ安全に映画やドラマ、アニメなどを楽しみましょう!

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「グリーンマイル」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画「グリーンマイル」
無料動画で視聴する!

(本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)