アニメ

この世界の片隅に/映画の無料フル動画で見逃し配信を視聴する方法!Dailymotionやパンドラも調査!

↓今すぐ
映画『この世界の片隅に』
の無料動画を見たい人はこちら↓

【U-NEXT】
映画「この世界の片隅に」
無料動画で視聴する!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

 

配信サービス配信状況無料期間
見放題
31日無料
配信なし
2週間無料

見放題
2週間無料
 
配信なし
2週間無料



こんにちは、シュウです。

映画「この世界の片隅に」は、こうの史代のマンガを原作した作品です。

昭和19年に広島市江波から呉に18歳で嫁いだ主人公すずが、戦時下の困難の中にあっても工夫を凝らして豊かに生きる姿を描ています。

戦争のアニメ映画で、年齢を問わず視聴できるので、やはリ夏のこの時期には見ておきたい作品の一つだと思います。

 

この記事では、映画「この世界の片隅に」を無料・安全にかつ快適で、さらに高画質で視聴できる方法を紹介していきます。

それでは、映画「この世界の片隅に」

  • フル動画配信
  • 無料視聴する方法
  • Dailymotionやパンドラ

を中心に調査していきます。

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「この世界の片隅に」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『この世界の片隅に』
無料動画で視聴する!

映画「この世界の片隅に」を無料動画で安全にフル配信で視聴するには?

映画「この世界の片隅に」を安全に無料動画でフル視聴することが可能で、動画配信サービスの「U-NEXT「FODプレミアム」で配信されています。

オススメはは、「U-NEXT」です。

2018年に放送されたドラマ「この世界の片隅に」(松本穂香×松坂桃李)の全話を見放題で視聴することができます。

☆☆ドラマ「この世界の片隅に」全話を見放題でイッキ見!!

 

簡単にまとめると

  • U-NEXT→アニメ・映画などの作品が多い
  • FODプレミアム→アニメ・フジテレビのドラマなどの作品が多い

となっているので、ニーズにあわせて選択するのもいいかもしれませんね。後は、無料期間が終わる頃に、登録していない方で視聴すれば「1ヶ月+2週間」無料で視聴できます(*^^*)

 

  • U-NEXTをすでに登録済みの方→FODプレミアムを登録
  • FODプレミアムにすでに登録の方→U-NEXTを登録

 

U-NEXT」で視聴する

U-NEXT」は月額課金のオンデマンド配信サービスですが、31日間の無料トライアル期間が設けられており、その間で解約してしまえば完全無料で視聴することができます。

過去の放送などでは一部追加課金が必要な番組もありますが、

新規登録で31日間の無料トライアル期間だけでなく、課金ポイント600円分がもらえるので、課金が必要な一部ドラマや新作の映画なども600ポイント分無料で視聴することができるので、お得に視聴することができるのでオススメです。

画質は「フルHD(1080p)」で4K(超高画質/2160p)にも対応しています!ちなみに、通常の動画配信サービスは、「HD画質(720p)」

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

 

登録は、簡単で約2~3分!!
解約も、所要時間が約1分!!

 

間にCMが入らないからストレスフリー!!

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ映画「この世界の片隅に」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『この世界の片隅に』
無料動画で視聴する!

 

FODプレミアム」で視聴する!

FODプレミアム」は月額課金のオンデマンド配信サービスですが、2週間の無料トライアル期間が設けられており、その間で解約してしまえば完全無料で視聴することができます。

 

登録は、簡単で約2~3分!!

 

解約も、所要時間が約1分!!

 

間にCMが入らないから「ストレスフリー!!」

 

 

  • 間にCMが入らないからストレスフリー!
  • フジテレビ系のドラマがほぼ配信される
  • 動画の配信作品数が2000本以上
  • 最新映画も放送されがち
  • 30日間の無料トライアル期間がある
  • 1ヶ月間に最大1300円の課金ポイントがもらえる(初回加入時100ポイントと8のつく日ログインで400ポイント)
  • 読み放題の雑誌がある
  • 漫画も読める
  • 月額料金は安め!「888円(税抜)」
  • フジテレビ系バラエティも配信されている(BSもある場合が多い)

 

FODプレミアムなら1ヶ月間の無料トライアルで

今すぐ映画「この世界の片隅に」
を見逃し配信で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば無料で動画を見放題!

今すぐ
映画「この世界の片隅に」を
無料動画で視聴する!

 

映画「この世界の片隅に」はpandoraやDailymotionとアニチューブで視聴できる?

pandoraやDailymotion・アニチューブといったサイトで動画が違法にアップロードされている場合があります。これらのサイトに違法にアップロードされた動画を視聴すると、パソコンのウイルス感染、不正アクセス、あらゆるネット詐欺に巻き込まれたりするなど、様々な危険が伴います。

 

その上これらのサイトの動画は画質・音質共に悪く、通信速度が遅かったりする為、せっかくの作品の良さが半減してしまいます。

違法サイトでの動画視聴は避け、これから紹介する方法で安心安全かつ快適に映画「この世界の片隅に」を楽しみましょう!

 

  • 違法アップロードなのですぐに消去される。
  • 最近は、動画を探すのが大変で時間がかかる。
  • PCやスマホのウィルス感染の恐れがある。
  • 低画質・低音質で視聴するのが大変!
  • CMや広告が多すぎ!

映画「この世界の片隅に」の作品情報

【公開日】
2016年11月12日(日本)

【上映時間】
129分

【監督】
片渕須直

【脚本】
片渕須直

【制作】
真木太郎

【出演者】

  • (北條(浦野)すず)のん
  • (北條周作)細谷佳正
  • (黒村晴美)稲葉菜月
  • (黒村径子)尾身美詞
  • (水原哲)小野大輔
  • (浦野すみ)潘めぐみ
  • (白木リン)岩井七世
  • (北條円太郎)牛山茂
  • (北條サン)新谷真弓
  • (浦野十郎)小山剛志

映画「この世界の片隅に」のあらすじやネタバレ

能年玲奈改め“のん”がアニメ映画に初挑戦し、絶賛された。

戦時下でも繰り返される何気ない日常。

ごく普通の人々のドラマを等身大に描き、静かな感動を呼ぶ。

昭和19年、絵を描くことが好きなすずは海軍の街・呉に嫁ぐ。見知らぬ土地に戸惑いながらも、一家の日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。

だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、幾度もの空襲に襲われる。

そして、昭和20年の夏がやってきた。

引用元:wiki

スポンサーリンク



映画「この世界の片隅に」の感想や評価は?

かなしくて かなしくて
とても やり切れない

この映画を観れたことは私の人生の糧になった。
忘れてはいけないもの。
それを物語として残していくことは本当に大切で、語り継ぐべき作品だと思った。

舞台は広島・呉。江波から嫁いできたすずは、鈍臭いけれども働き者で明るい娘。彼女の送る朗らかで長閑な暮らしからは、豊かな現代にはないような余裕が感じられる。
しかし、彼女の元にも戦争はやってくる。空襲や爆弾は、すずから日々の暮らしを奪っていく。
世界の片隅で暮らす少女の視点から、戦争を描いた名作。

センスの良いユーモアはこの作品の魅力の一つだろう。
僕はキャラクターを好きになることに、ユーモアという要素が非常に効くのではないかと思う。すずの日常にはユーモアと余裕が溢れていて、彼女とその日常をすぐに好きになることができる。ずっと見ていたくなる程に。
そんな日常に戦争が訪れるからこそ、メッセージ性が生まれる。日常から見た戦争は、ずっと残酷で暴力的に映る。

キャラクター達の広島弁が(ネイティブ的に上手いのかどうかは分からないけど)可愛らしくて、作品の雰囲気作りに一役買ってると思う。特に主演ののんさんは良かったなぁ。

ノスタルジーを感じさせるような作風なんかも僕にはドンピシャだったし、全体的にとても良かった。
口紅の件など、所々削られたような跡が残っているが、ここは『さらにいくつもの』の方で語られるのだろうか。早速Blu-rayを予約したので、今から楽しみである。

素晴らしかった。
のんが語るたび、その「普通さ」に涙した。

8月6日のその先、8月9日のその先、8月15日のその先、生活は生きている限り続いていく。もちろんその前もあって、ずっと積み重なっていく。その生活を埋れさせてはダメだ。噛み締めなければ。私達と戦時中の人たちは同じだったことを。なにも変わらず、しぶとく、強く、したたかに生活しているのだ。

戦争が何かも知らされずに、突如命を奪われる理不尽さが、彼らの日常を通して浮き彫りにされる。何の権利があって爆弾を落とすのだろうか。彼らの生きてきた証は、ずっと残る。名もなき亡骸たちも、生きていた、生きている。

戦争があったことを忘れないように…と、やや気を負って観たのに、不思議と最後には温かい気持ちになり、大切なことを気づかせてくれた。この感覚は忘れてはいけない。自分にとって貴重な作品となった。

やわらかなタッチのイラスト。
ほんわか人を安心させる、主人公すず。そんなすずの日常を、子どもの頃から丁寧に描いている。

畳の上できょうだい寝転んでの昼寝、おばあちゃんのお家での団欒、作ってもらった着物…。自分の思い出とも重なる風景。

また、絵を描くことが好きなすずの、繊細で淡く綺麗な色使いの風景画は、日常の穏やかさや好きなことをできる喜びの象徴。

日本が参戦し、遠い国で起こっていた戦争が、日に日に近づき、空襲警報・防空壕への避難が日常と化する。大切な人の死が前触れもなく現実となり、人の心を蝕む。
犠牲になるのは、戦争を決めた人達ではなく、都合のいい情報を刷り込まれた国民。
終戦となって初めて、虚しさ、理不尽さ、愚かさに気づく。

そんな中でも、気持ちを温めてくれるのは、周りの人達の人を思いやるこころ。
また、人同士の助け合いだけではなく、物を大切に使ったり、少ない食材で工夫して食事を美味しくいただいたり…。日常を丁寧に過ごすことは、幸せなことなんだ。

来年は、さらにいくつもの〜の長編版を観て感動を再び!と思う。

僕にとってアニメ映画の中では、生涯ベスト級の作品の一つかもしれません。

僕は広島に住んでいるので、冒頭のすずさんのおつかいシーンで既に落涙してしまいました。

僕たちは、“原爆が落ちた後”の広島のイメージは強く持っていても、“原爆が落ちる前”の賑わっていた広島の街をイメージすることはほとんどありませんでした。この映画は、当時の広島の状況をたくさんの資料や証言を元にかなり丁寧に調査した上で描かれており、おそらく相当当時の街の様子に近い描写になっているものと考えられます。このリアルな1930年代半ばの広島の描写を通して、かつて原爆投下前にも今の僕らと同じように多くの市民の豊かな日常があったということを、この映画は鮮やかに見せて理解させてくれました。

この映画は“食”に関する描写が多いことが特徴的で、食料調達場面や食事場面など、フード描写がかなり多く丁寧に描かれています。市民にとって戦争は食べ物を得るための戦いだったのだと実感させられますし、美味しいものを食べる幸せというものが身にしみる映画した。

炊事のシーンが好き。
とある方が言っていたな。命を削ってご飯を作ってるって。自分の貴重な時間を削って、大事な人達のためにご飯を作る。丁寧に炊事して丁寧に暮らす母親を改めて尊敬するし、こうありたいと思う。

戦時中に逞しく生きる主人公を見ていたら元気が出てくる。戦争に比べたらコロナなんて!
自粛や3密の日々が続いて気が滅入る時があっても、大切な人達との何気ない交流を大切にして慈しんで、日常を丁寧に暮らそう。

自分の日常を丁寧に生き慈しむことができる人は、他者の日常をも慮る能力を有すると思う。他者や他国の人々の日常にも想いを馳せる、想像力豊かな人が世界中にいるといいな。

歴史の事実を授業で勉強して知る事はできても、その時生きていた人の感情を体験するには作品を通してしかできないと思う。

環境は今とは違えど、心はさほど変わらない。恋をして子供から大人になってだんだんと愛を知って、でも本当の事を言いたくても言えないもどかしさに悩んで、それでも好きなんだと思ったら抱きしめて。
そんな純粋な気持ちを抱きながらもその時代に生まれただけに失っていく、たくさんの事が今とは全く違っていて、普通というのがどんなに愛おしく幸せなのかに気づかされる。

すずちゃんがとにかくいい。キャラクターとして1人の人間としてとにかくしっかりと軸があって個性もあって心の動きが色んな形で出てくる。自分は男だけどそれを見ていくうちにすずちゃんの気持ちになって頑張れとか辛いとか共感する。
でも、逆にたまに男目線で純粋で優しく強く生きないとと頑張るすずちゃんを抱きしめたくなる気持ちも出てくる。
こんなに感情を動かされるのはすずちゃんのキャラクターをとことん深掘りしてつくりあげたスタッフ達と、それをとことん理解しようと尽力したのんの努力の結晶だと思う。

あー、いい作品を見ると心が浄化される。
なんでだろうー。
宗教も昔からある一つの作品だとするとこうやって人を救ってきたのかもしれないね。。笑

ドラマを放映当時に見ていたので、あらすじは知っていて、それでもなんだかやっぱりちょっと見るのが怖くてずっと躊躇していたけど、75年の節目ということで。

75年前、この世界の片隅には、確かに「普通の暮らし」があって、「普通の人々」がいた。そしてその人々が命を繋いでくれたから、私たちがいる。

もしあの時代に生まれていたら、私は生き抜けただろうか……

のんの声にとても癒されたし、エンドロールも良かった。

学生の頃図書室にこの漫画があってみんな読んでた
ほのぼのかわいい絵だけど色気のある魅力的な作画、途中肩の力を抜いてくれる、メリハリのある豊かな演出
中盤から段々リアルになって、終盤はグロめ
普通だった日常が段々と無くなってく恐怖…
でも現実の話で、これなら若い世代でも観れると感じたし、戦争と核を知ることが大事だと思うので、もっと広まってほしいなとおもう
2016年公開の129分のアニメーション映画。広島原爆に関連する内容という予備知識のみで鑑賞。物語で時系列が昭和の年代と月日と共に紹介されていくので、原爆投下の日を、西暦ではなく昭和20年8月6日として頭に入れてから映画を見るのは一つの方法だが、主人公に共感を強く持ちたいが、昭和と西暦の関係はわからないという人は、むしろ知らないで見たほうがよい。歴史の年代の知識があると、昭和20年まではたぶん平穏であろうという思いで映画を鑑賞してしまい緊張感を欠いてどこか安心してみてしまう。逆に予備知識として見ておきたいのが、呉と広島の位置関係。私はこれを知らずに見たので、「下関」の話が出た時もピンとこず、原爆投下のシーンではじめて呉と広島の距離感がつかめたという状況で後悔したものである。
本作の素晴らしいのは、主人公を演じた「のん」の名演技。アニメーションの声優というと通常、声優以外の有名人が行う場合、本人の顔が思いつかず、理想的には有名人が声優を演じたことを忘れてしまう(わからない)出来であるべきと思っていた。しかし、この作品の出来栄えは、まったく私の持論を変えてしまうほどのものであった。主人公すずが登場し、「のん」の声が入ると、アニメの女の子は、生き生きとした女優のん、そのものになっている。アニメを見ているのであるが、演技をしているのは、のん以外の誰でもないのである。のんが他の映画で演じているのと同じように、この映画でも主人公に魂が入り、それでいて、演じているのが女優であることがわかる。主人公への強い感情移入も、のんの「名演技」によるところが大きいと考えられ、これだけの演技は声優ではなく女優ならではのものではないかと、声優さんには失礼なことすら感じてしまった。
勿論、本作の重要性は、今までほとんど描かれることのなかった、戦争前及び戦時下の市民の暮らし、軍港近くに遊郭が設けられていること、闇市の繁栄ぶり、憲兵という醜い存在、呉の連日の空襲などが、ストーリーに無理なく組み込まれていること。戦火が激しくなるのは最後半であり、それまでは、戦前・戦中の日常が描かれているにも関わらず飽きさせない。
戦争というテーマを離れてのメッセージも印象的で、特にすずが夫の周作と夜の橋の上で交わす会話は印象的。すずは、現在の自分の生活は数年前の状況からすれば激変し夢にだって描けないものであったとしながらも、今の自分と生活を大事にする想いを語る。
海のさざなみを白いウサギに喩えた水原くん、まじで詩人。感受性豊かすぎ。茨木のり子かよ。

すずさん、右腕もがれて絵を描けなくなって可哀想。左腕だったら水木しげるさんみたいになってたのかな。

晴美ちゃんを失ったときの「なんで私じゃなかったんだろう」が焼夷弾のように胸を焼いた。

すずさんの義姉(名前忘れた)から、晴美の死のことで責めて悪かったと謝られる場面、きつすぎた。あの一言で、それまでの義姉の心の内が読めて、ずっと謝るタイミングを探していたのだろうと思うと胸が詰まる。そして、私をここに居させて下さいってすずが言う場面も、涙腺が崩壊しかけた。

何も分からぬまま終戦を迎えて、ただ失ったものを指を折り数える。戦争を経て、何を得たのだろう。
戦争から学ぶものは何も無い。
教訓を得たと言い切るには、代償が大きすぎる気がする。
戦後に生まれた私たちは、過去から何を学ぶのだろう?
彼らを踏み台にして、何かを得た気になるのを、どこか間違っていると思っているのはわたしだけなのだろうか。

歴史を見つめるには冷たさも必要な気がする。忘れてはいけないことは、この現代にも数多く存在する。私たちは、現代から目を背けずに、今を生き延びていかないといけないのだと思う。

敗戦国としての大日本帝国ではなく、それを乗り越えた日本という国に私たちは生まれたのだから。

引用元:Amazonレビュー

 

スポンサーリンク



この世界の片隅に/映画の無料フル動画で見逃し配信を視聴する方法!Dailymotionやパンドラも調査!のまとめ

今回の記事では、この世界の片隅に/映画の無料フル動画で見逃し配信を視聴する方法!Dailymotionやパンドラも調査!について紹介してきました。

紹介した動画配信サービスを使って、快適にかつ安全に映画やドラマ、アニメなどを楽しみましょう!

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「この世界の片隅に」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】映画「この世界の片隅に」
無料動画で視聴する!

(本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT・FODプレミアム サイトにてご確認ください。)