映画

映画「蜜蜂と遠雷」の無料動画は?フル配信で高画質の視聴方法!【松岡茉優/松坂桃李】

こんにちは、シュウです。

 

2020年日本アカデミー賞の作品賞に映画「蜜蜂と遠雷」がノミネートされましたね。

なので、映画「蜜蜂と遠雷」を初めて視聴したい!もう一度みたい!という方に無料動画を視聴できる方法を紹介していきたいと思います。

 

それでは、映画「蜜蜂と遠雷」の

  • 見逃し無料動画
  • フル配信で高画質の視聴方法

を中心に調査していきます。

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

映画「蜜蜂と遠雷」を無料動画で視聴する!!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画「蜜蜂と遠雷」を無料動画で視聴する!

 

映画「蜜蜂と遠雷」の作品情報

【公開日】
2019年10月4日

【上映時間】
118分

【監督】
石川慶

【脚本・制作】
石川慶
佐藤善宏
石黒裕亮
加倉井誠人

【出演者】

  • 松岡茉優
  • 松坂桃李
  • 森崎ウィン
  • 鈴鹿央士
  • 臼田あさ美
  • ブルゾンちえみ
  • 福島リラ
  • 眞島秀和
  • 片桐はいり
  • 光石研
  • 平田満
  • アンジェイ・ヒラ
  • 斉藤由貴
  • 鹿賀丈史

スポンサーリンク



映画「蜜蜂と遠雷」は9tsu・pandoraやDailymotionで視聴できる?

pandoraやDailymotion・9tsuといったサイトで動画が違法にアップロードされている場合があります。これらのサイトに違法にアップロードされた動画を視聴すると、パソコンのウイルス感染、不正アクセス、あらゆるネット詐欺に巻き込まれたりするなど、様々な危険が伴います。

 

その上これらのサイトの動画は画質・音質共に悪く、通信速度が遅かったりする為、せっかくの作品の良さが半減してしまいます。

 

違法サイトでの動画視聴は避け、これから紹介する方法で安心安全かつ快適に映画「蜜蜂と遠雷」を楽しみましょう!

  • 違法アップロードなのですぐに消去される。
  • 最近は、動画を探すのが大変で時間がかかる。
  • PCやスマホのウィルス感染の恐れがある。
  • 低画質・低音質で視聴するのが大変!
  • CMや広告が多すぎ!

 

スポンサーリンク



映画「蜜蜂と遠雷」を無料動画で安全に見逃し配信で視聴するには?

映画「蜜蜂と遠雷」の動画配信を探しましたが、現時点では配信予定はありませんでした。

基本的には、映画公開後の4~6ヶ月くらいにDVDがリリースされ、その時期くらいに動画配信がはスタートするケースが多いです。

DVDは、「2020年4月15日」にリリースすることが決定しています。

なので、4月の中旬くらいに動画配信がスタートする可能性が高いと個人的には考えています!

映画の動画配信ですと、おそらく「U-NEXT」が配信するのではないかと思います。

※追記

「U-NEXT」で4/8から配信が決定しました!!

 

サービス名配信状況月額料金無料期間視聴方法無料ポイント
Hulu1,026円(税込)2週間見放題なし
FODプレミアム888円(税抜)1ヶ月見放題最大1300P
U-NEXT4/8~1,990円(税抜)31日間見放題1200P(無料期間600p)
Paravi1,017円(税込)2週間見放題550P
dTV500円(税抜)31日間見放題なし
auビデオパス562円(税抜)30日間有料550コイン
アマゾン500円(税込)30日間有料なし

 

 

U-NEXT」は月額課金のオンデマンド配信サービスですが、31日間の無料トライアル期間が設けられており、その間で解約してしまえば完全無料で視聴することができます。

 

過去の放送などでは一部追加課金が必要な番組もありますが、

 

新規登録で31日間の無料トライアル期間だけでなく、課金ポイント600円分がもらえるので、課金が必要な一部ドラマや新作の映画なども600ポイント分無料で視聴することができるので、お得に視聴することができるのでオススメです。

 

画質は「フルHD(1080p)」で4K(超高画質/2160p)にも対応しています!ちなみに、通常の動画配信サービスは、「HD画質(720p)」

 

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

 

登録は、簡単で約2~3分!!

 

 

解約も、所要時間が約1分!!

2020年日本アカデミー賞の作品賞にノミネートされた作品も

  • キングダム
  • 新聞記者
  • 翔んで埼玉
  • 閉鎖病棟~それぞれの朝~
  • 蜜蜂と遠雷

この中で「閉鎖病棟」と「蜜蜂と遠雷」に関しては、現在(3/6)まだ配信されていませんが、そろそろ配信される可能性が高いと予想されています。

「キングダム」「新聞記者」「翔んで埼玉」は動画配信サービス「U-NEXT」で配信中です!

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

映画「蜜蜂と遠雷」を無料動画で視聴する!!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画「蜜蜂と遠雷」を無料動画で視聴する!

映画「蜜蜂と遠雷」のあらすじやネタバレ

「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」というジンクスをもち、近年高い注目を浴びる芳ヶ江(よしがえ)国際ピアノコンクール。

ピアノの天才達が集うこのコンクールの予選会に、若き4人のピアニストが現れる。

7年前の突然の失踪から再起を目指す元・天才少女、英伝亜夜(松岡茉優)。

“生活者の音楽”を掲げ、最後のコンクールに挑むサラリーマン奏者、高島明石(松坂桃李)。

人気実力を兼ね備えた優勝大本命、マサル(森崎ウィン)。

今は亡き“ピアノの神”からの「推薦状」を持つ謎の少年、風間塵(鈴鹿央士)。

熱い“戦い”を経て、互いに刺激し合い、葛藤し、成長を遂げ<覚醒>していく4人―。

その先に待ち受ける運命とは。

スポンサーリンク



映画「蜜蜂と遠雷」の感想やSNSの反応

ストーリーは、恐らく原作に比べかなりふわっと抽象的にされているのだろうけど、なにせ演奏が素晴らしくて泣いてしまった。
芸術の天才は、羨ましいけど大変だと思う。でも凄い感動を与えてくれる。ピアノ、オーケストラの奏者も指揮者も楽しんでいる演奏って最高だね。何かにかける事を避けて無難な自分の人生に少し後悔。
原作本があまりにも素晴らしかったので、映画は正直言ってあまり期待していませんでした。しかし、その杞憂は嬉しくも見事にはずれました。
もう、文句なし。クラシック音楽音痴の自分が映画でかなりの部分を占めるアーチャン、マークン、ジンチャン、明石さんたちのピアノ演奏に引き込まれました。
原作本での素晴らしいというしかない音楽描写に引き込まれた時と見事に重なり、映画を観終わったときには、普段はほとんどクラッシック音楽を聞かない自分が無意識に劇場で売っていたCDを買っていました。特にアーチャンとジンチャンの連弾のシーン、肩の力が抜け、音楽を心から楽しむ二人の姿に感動です。聞く側にとっても、難しいことを考えなくても良い音楽はジャンルを問わず誰にでも感動を与えてくれるということかな。
また、配役も原作本のイメージとピッタンコで嬉しいですね
結論から言えば面白かったし素晴らしい映画で最高ですよ。#最高
具体的に言うともうね。キャストがもう優勝してるっていうかさ。もう松岡茉優、松坂桃李、
森崎ウインさんとかね。もう映画の成功が約束されたキャスティングでね。実際素晴らしい。
あとは鈴鹿央士さんとかね。もう全く無名な役者さんが狂気すらはらむようなキャラクターを見事に演じきっててね大変面白いですよ。
そもそものところ監督が石川慶監督でね。短いのは数本撮ってるみたいですけど、前作『愚行録』が長編デビューでね。批評的にも凄く評判のいい作家ですよね。本作も、なんならクラシック音楽のコンペティションを描いた映画なんですけど、時折バキバキに尖った絵を撮ってたりするのが凄いっすよね。
演出面も良くてね。やっぱりこの4人のなかでの松坂桃李さんのエピソードをじっくり描いているのが良いというか。もはやこの人も映画に出てきたら優勝確定の臼田あさ美さんとの夫婦のエピソードがね。「夫婦であるが究極的には理解し得ない断然」みたいなものをグラフィカルな画角や距離で浮かび上がらせるのも見事、臼田あさ美さんが演じてる役ってパンピー、要は我々観客の視点でもあるわけですけど、パンピーからすれば松坂桃李さんすら天才に見える。こういう演出があるからこそ中盤以降、残り3人が才能を散らす演奏が際立つわけですわな。
まああとはピアノとか音楽周りの説得力も見事でね。詳細は言及するまでもないけどまあ「音楽」っていう映画にしにくい題材をちゃんと映画にして撮ってるのは本当に素晴らしい達成ですよね。
とにかく見事な作品だと思いましたけど、なんか結構この映画を昨年の日本映画ベストに挙げる方が多かったのでね。期待値高めで観ちゃったっていうかね。
前作の『愚行録』もそうでしたけど石川慶監督、映像化が難しめな作品を撮っててね。いずれも「これは素晴らしい映像化!映画化だ!」って作品なんですけど、意地悪い言い方すると「素晴らしい映像化、映画化」っていう印象でしかない部分もあってね。「じゃあ何か映画ならでは新しさは?」「突き刺さるものがあったか?」みたいなこと考えるとうーん、みたいなとこもあるんですよね。
本当に見事に撮れてる映画だと思いますし全然悪い映画じゃないんですけどね。冒頭にも書いた通り、なかなか感想書きたくならなかったっていうことですよ。よく出来てる映画ですけど、私としてはゴリゴリ感想書きたい熱みたいなものは特になかったというか。とりあえず石川慶監督、非常に才能ある映画監督なのは間違いないのでオリジナル作品観たいですね。
繊細すぎて魅力が分かる人が少ない印象の作品。
特出した才能についても描きつつ、繊細さ、リアルさを追求してるため、派手なことがほとんど起こりませんが、その繊細さに隠された登場人物の情熱や展開運びの魅力をくみ取ることができればほんとに面白い映画です。

個人的には中盤、ラストで見せた松岡茉優の涙で潤んだ宝石のような瞳を携えた笑顔にグッときました!

まず最初に思ったのは、こんなに演奏シーンが多い作品を音のない原作ではどんな風に言葉で表現しているの!ってこと!
逆に言語化したこのストーリーを読んでみたいと思いました。

4人の「春と修羅」「カデンツァ」、連弾シーンとても良かったし最後のマサルと亜夜の最終審査シーンは鳥肌モノでした。
亜夜のお母さん、素敵だったなあ。
世界は音楽で溢れてる。

そして思い出したのは、全く比にもならないけど自分の幼い頃のピアノの発表会のこと。
あの舞台に立つのって緊張するんだよなあ…
楽しく弾くこと、よりもあの場のプレッシャーとかレッスンに行かなくちゃ、みたいな義務感から私はピアノから遠ざかってしまった人間なのであんな風に弾ける役者の人たちが羨ましかった。

松岡茉優、やっぱりお芝居上手だなあ。
髪の毛キレイでした。
タイトルの意味はわからなかったのでやはり原作読むしかないのかな。

お見事。原作を読んで頭に思い浮かべていた情景が、ちゃんと映像化されていた。

松岡茉優の英伝亜夜は原作よりもっと大人しいというか闇を抱えるような雰囲気になっていたけど、これはこれでいい。風間塵カンペキ。マサルカルロスは原作から飛び出してきたレベルだった。松坂桃李はこういう役が本当にうまい。

そして審査員の斉藤由貴がめちゃくちゃよかった。

この物語は純粋に音楽の素晴らしさを目で感じることと並行して、「コンクール」におけるさまざまな立場からの葛藤を描く作品だと思っているので、斉藤由貴がめちゃくちゃハマっていて嬉しかった。

強いて言えばもうすこしコンクールシーンに時間を割いてもよかったのかなと。でもあの大作を2時間で綺麗にまとめたのはすごい。

私が生まれて初めて生で聴いたピアノ協奏曲は、セルゲイ・プロコフィエフの第3番だった。そのプロコの3番に、本作中のコンクールで、松岡茉優扮する栄伝亜夜が本選で挑む。

30年程前、出張で訪れたサンフランシスコ。ルイーズ・デイヴィス・シンフォニー・ホールで、まだシェフに着任前の若きマイケル・ティルソン・トーマスが棒を振ったサンフランシスコ交響楽団。プロコの3番は、その演目の一つだった。鍵盤に向かうは、ロシアのミハエル・プレトニョフ。まさに脂の乗り切った、絶頂時のプレトニョフが、最も得意とするレパートリーで、お世辞にも一流とは言えないSFSOをぐいぐい引っ張り、MTTも知性と情熱で絶妙にソリストをサポートしていく。時差ボケが一発で吹き飛ぶほどの快演だった。

栄伝亜夜はプロコフィエフに関してこう言う。

「プロコフィエフって、踊りたくなっちゃうよね。私がダンサーだったら、絶対に踊っちゃう」

ラヴェルのピアノコンチェルトと並んで大好きなプロコの3番は、まさに血湧き肉躍るダイナミズムの塊のような作品だ。その宇宙の虜になったものは、決して私だけではないはずだ。

この原作を、私はあまり評価していない。恩田陸には、もっと素晴らしい作品が沢山あるし、ピアノコンクールものならば、漫画ではあるが、「ピアノの森」がずば抜けている。よくあることだが、直木賞受賞作は、必ずしもその作家のベストではない。残念ながら、選考委員は、作家としての技倆は確かでも、それは必ずしも作品を見抜く能力とは限らないからだ。

だが、この映像化された作品は素晴らしい。松岡茉優の天才ぶりは凄まじいばかりだし、松坂桃李や森崎ウィンを始めとした、他の役者さん達の演技もとても良かった。

コンクール用に書き下ろされた、新作、「春と修羅」のカデンツァでは、それぞれのピアニストの個性豊かな演奏が奏でられる。新時代のオーセンティシティを目指すヴィルトオーゾ、森崎ウィン演ずるマサル・カルロス・レヴィ・アナトール、地に足の着いた、地の塩のための音を奏でたい、松坂桃李扮する高島明石。奔放なインプロヴィゼーションを爆発させる、若き風間塵には、新人の鈴鹿央士が抜擢され見事に期待に応えている。そして栄伝亜夜は・・・。

各ファイナリスト(正確には3人だが)には、河村尚子、福間洸太朗、金子三勇士、藤田真央という国際的に活躍している錚々たるラインアップのシャドウ・ピアニストが顔を揃えているのも、見どころ(聞きどころ?)の一つだ。

世界が音楽で溢れているのは何故だろうか?それは、それを聴き取り、感じ取り、表現するものがいるからだ。世界は存在し、そして私たちもまた存在する。音楽という確かな媒介を通じて。

秋の青空の下、ブルートゥースをオンにしてヘッドセットを装着すれば、あのどこまでも果てしなく昇りつめていくような第3楽章のコーダが聴こえてくる。

世界は今日もどこかで鳴り響き続けている。

音楽、特にクラッシックとか全く門外漢の自分でも、楽しめた作品。
ピアノコンクールでのヒリヒリとした空気感、そして主要キャラを演じる松岡茉優、森崎ウィン、松坂桃李、鈴鹿央士、この4人の演技!
コンクールから離れた際に見せる、音楽に対しての天才として向き合い方、表情、やはり凄い!
もちろん松岡茉優のラストでピアノに向き合う演技とか音楽知らなくても凄さは伝わってきた。

でも、新人という鈴鹿央士って、なに?そのキャラクターにぴったり感! そして、デビューの切っ掛けがエキストラの中から広瀬すずが見出してスカウトされたって、、、凄すぎ(笑)

音楽が主題となっている映画でしたので、劇場で観たいと思いつつ、公開からだいぶ経ってからの鑑賞でしたが、この作品、絶対に劇場の素晴らしい音響で観るべき作品でした。

新型コロナウイルスで自粛ムードの世の中、このままそれに流されるのもシャクだし、映画館へ行こう!と思ったし、渋谷の街がホントに人が少ないの?と確認したかったし(笑)
そんなこんなで渋谷のシネクイントさんで鑑賞。
マジ、渋谷は普段に比べて人少なかったー

引用元:ヤフー

 

スポンサーリンク



映画「蜜蜂と遠雷」の無料動画は?フル配信で高画質の視聴方法!【松岡茉優/松坂桃李】のまとめ

今回は、映画「蜜蜂と遠雷」の無料動画は?フル配信で高画質の視聴方法!【松岡茉優/松坂桃李】について書いてきました。

 

残念ながら、映画「蜜蜂と遠雷」の動画配信は、現時点(3/6)ではありませんでした。

ただ、2020年4月15日にDVDのリリースが決定しているので、おそらくこのくらいの時期に動画配信がされる可能性は高いです。

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

映画「蜜蜂と遠雷」を無料動画で視聴する!!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画「蜜蜂と遠雷」を無料動画で視聴する!

(本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)