映画

映画「ふたりの女王メアリーとエリザベス」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】

↓今すぐ映画『ふたりの女王
メアリーとエリザベス』
の無料動画を見たい人はこちら↓

【U-NEXT】
映画『ふたりの女王
メアリーとエリザベス』
無料動画で視聴する!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

 

サービス名 配信状況 月額料金 無料期間 視聴方法 無料ポイント
Hulu 1,026円(税込) 2週間 見放題 なし
FODプレミアム 888円(税抜) 1ヶ月 見放題 最大1300P
U-NEXT 1,990円(税抜) 31日間 見放題 1200P(無料期間600p)
Paravi 1,017円(税込) 2週間 見放題 なし

 

こんにちは、シュウです。

映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」は、シアーシャ・ローナンがメリーの高潔さと激情を、マーゴット・ロビーがエリザベスの気高さと孤独を体現。表裏一体ともいえる2人の女王の緊迫した関係を鮮烈に映し出しています。

今、人気女優でマーゴット・ロビーの出演作「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」がどんな作品か見てみたいですね。

 

この記事では、映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」を無料・安全にかつ快適で、さらに高画質で視聴できる方法を紹介していきます。

 

それでは、映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」

  • フル動画配信
  • 無料視聴する方法

を中心に調査していきます。

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『ふたりの女王
メアリーとエリザベス』
無料動画で視聴する!

映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」を無料動画で安全にフル配信で視聴するには?

映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」を安全に無料動画でフル視聴することが可能で、動画配信サービスの「U-NEXT」で配信されています。

 

U-NEXT」は月額課金のオンデマンド配信サービスですが、31日間の無料トライアル期間が設けられており、その間で解約してしまえば完全無料で視聴することができます。

過去の放送などでは一部追加課金が必要な番組もありますが、

新規登録で31日間の無料トライアル期間だけでなく、課金ポイント600円分がもらえるので、課金が必要な一部ドラマや新作の映画なども600ポイント分無料で視聴することができるので、お得に視聴することができるのでオススメです。

画質は「フルHD(1080p)」で4K(超高画質/2160p)にも対応しています!ちなみに、通常の動画配信サービスは、「HD画質(720p)」

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

 

登録は、簡単で約2~3分!!
解約も、所要時間が約1分!!

 

マーゴット・ロビー出演の映画もU-NEXTで視聴可能!

 

 

2020年日本アカデミー賞の作品賞にノミネートされた作品も

この中で「閉鎖病棟」と「蜜蜂と遠雷」に関しては、現在(3/6)まだ配信されていませんが、そろそろ配信される可能性が高いと予想されています。

 

間にCMが入らないからストレスフリー!!

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『ふたりの女王
メアリーとエリザベス』
無料動画で視聴する!

映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」はpandoraやDailymotionで視聴できる?

pandoraやDailymotion・9tsuといったサイトで動画が違法にアップロードされている場合があります。これらのサイトに違法にアップロードされた動画を視聴すると、パソコンのウイルス感染、不正アクセス、あらゆるネット詐欺に巻き込まれたりするなど、様々な危険が伴います。

 

その上これらのサイトの動画は画質・音質共に悪く、通信速度が遅かったりする為、せっかくの作品の良さが半減してしまいます。

違法サイトでの動画視聴は避け、これから紹介する方法で安心安全かつ快適に映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」を楽しみましょう!

 

  • 違法アップロードなのですぐに消去される。
  • 最近は、動画を探すのが大変で時間がかかる。
  • PCやスマホのウィルス感染の恐れがある。
  • 低画質・低音質で視聴するのが大変!
  • CMや広告が多すぎ!

映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」の作品情報

【公開日】
2019年3月15日(日本)

【上映時間】
124分

【監督】
ジョージー・ルーク

【脚本】
ボー・ウィリモン

【制作】
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
デブラ・ヘイワード

【出演者】

  • シアーシャ・ローナン
  • マーゴット・ロビー
  • ジャック・ロウデン
  • ジョー・アルウィン

映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」のあらすじやネタバレ

1561年、夫であるフランス王フランソワ2世が崩御したため、メアリー・スチュアートは故国スコットランドに帰国して親政を開始した。

メアリー女王を支えるのは、異母兄(庶子)で摂政マリ伯ジェームズや忠義深いボスウェル伯らだった。

高貴な血筋に加え、若く美しく、健康で出産可能なメアリーの縁談は引く手数多だったが、当時のスコットランドはすでにイングランド女王エリザベス1世の影響下にあり、メアリーは再婚すらも意のままにならない状態であった。

メアリーは、フランスから伴った侍女たちと同様、未だ男を知らぬ処女であり、一人の女性としても再婚を強く望んでいた。

メアリー女王はイングランドの王位継承権を主張し、独身で後継者のいないエリザベス女王と対立する。

二人の女王は面識こそないが、互いの存在を意識し、対立しながらも男社会で孤軍奮闘する女性として共通点を有していた。

イングランドでは、エリザベス女王の父ヘンリー8世の離婚問題に端を発した、新教(イングランド国教会)と旧教(カトリック教会)との対立が深刻であり、その波はカトリック派のスコットランドにも伝わっていた。

メアリー自身はカトリック教徒だが、新教徒を容認しようとし、ジョン・ノックスを追放する。一方、エリザベス女王は、重臣セシルらの進言に従い、新教徒であり寵愛するレスター伯ロバート・ダドリーをメアリーの縁談の相手として、スコットランドに送る。

メアリーは、イングランドの一貴族など相手にしなかった。程なく、エリザベスは天然痘を発病。

メアリーは冷酷と思いつつも、これを機に自らの王位継承を要求する。エリザベスは発病を知られたことに屈辱を感じ、さらに後遺症で容姿を損ねたことで以前以上にロバートに依存するようになる。

イングランド宮廷を追われた、スコットランド貴族のレノックス伯マシューは、息子のダーンリー卿ヘンリーを引き合わせる。

ヘンリーはステュアート家とテューダー家双方の血を引くことから、メアリーの子の王位継承の主張を強固にするのにうってつけの相手だった。

ヘンリーは魅力的な男性で、やがてメアリーも彼を気に入り寝室に招き入れる。しかも、ヘンリーは口で愛撫したのみで退下し、メアリーは初めて感じた法悦と彼の紳士的な振る舞いに喜びを感じる。

程なく二人は結婚するが、マリ伯は激しく反対し、側近とともに女王から離反する。

しかし宴の席で、大量に飲酒したヘンリーは、メアリーお気に入りの音楽家リッチオと寝所を共にし、翌朝、激怒したメアリーはマリ伯の叛乱を告げて叩き起こす。

呑気なヘンリーと対照的に、武装したメアリーは女王として冷静沈着に対応し、ボスウェル伯に叛乱を鎮圧させる。

帰還したメアリーは、怒りを交えつつヘンリーの体に触れて関係を持とうとする。しかし国王ではなく『女王の配偶者』でしかないヘンリーは、その立場に屈辱を感じ、肉体関係はわずか1分で終わる。

それはメアリーが夢見ていたものと全く異なっていたが、メアリーは冷静に侍女たちを寝室に呼び寄せ、懐妊するよう祈り合う。

数か月後、メアリーは懐妊を公表し、男児だと強く信じる。一方のエリザベスは40代に差し掛かり、肉体的に子供が産めなくなることと向き合えず、動揺する。

相変わらずヘンリーは自身が『国王』として遇されることを望み、メアリーを恫喝するが、メアリーは世継ぎを与えてくれたことは「愛よりも重い」と返すだけだった。

冷遇されたヘンリーの怒りは、メアリーの寵臣リッチオに向かう。メアリーは再度叛乱を試みようとするマリ伯に、子供の頃の思い出話をし、産まれてくる子が男児なら、兄や父と同じ『ジェームズ』と名付けると話し、和解する。

そんな中、レノックス伯らは女王の不貞の疑惑がかかるリッチオ殺害を画策し、息子であるヘンリーにも(旧約聖書『レビ記』で禁じられた)同性愛という『罪』から逃れさせるため、連判状に署名を強要する。

リッチオはメアリーの寝室で多数の男達に殺され、ヘンリーは無理やり止めを刺す役目を与えられる。

翌朝、血まみれになった寝室で、メアリーはヘンリーを慰め、『国王』として遇すかのように言葉巧みに脱出の手はずを整えさせる。

脱出したメアリーは、自らの軍勢の元に赴き、ヘンリーを排除し、殺害に対する恩赦と引き換えに叛乱を収める。

やがて、メアリーは難産の末一人息子ジェームズを出産する。エリザベスに息子の代母(God mother)となることを望み、さらにエリザベスに子の無い時は、ジェームズが両国の王位を継承することを求めた。

エリザベスは表面上、全て快諾するが、すでに年齢的に出産は不可能であり、心は深く傷つきクイリングに没頭する。

引用元:wiki

[the_ad id=”6380″]

映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」の感想や評価は?

“現実は血腥く、物語はドラマチック”
鑑賞するに当たって、軽く歴史のおさらいなどして臨みました。
きちんと真実やターニングポイントになった出来事などを押さえておくと、より楽しめます。

王位に在りながら女性であるが故の悩みが付き纏う2人。
幾つもの崩れない壁に阻まれる、現代女性の社会進出に通じるものがあります。
聡明なエリザベスと高貴で芯の強いメアリー、
覇権争い、宗教対立、男の野望と裏切り … 運命に逆らえず苦悩する2人の女王。

何度となく映画化・舞台化されたふたりの女王の物語は、
その時代を代表する、気品漂う美しさと聡明さ、
そして演技に定評のある女優が選ばれてきたように思います。
本作品では、
スコットランド女王メアリー・スチュアートを、シアーシャ・ローナン。
イングランド女王エリザベスI世を、マーゴット・ロビー。
歴史を悲しくも美しく彩ったふたりの女王を、情感溢れる演技で魅せてくれます。

生まれた時代が違えば、また違った運命だったのではと思うと、
古のふたりに対する思いが、より深まって行くのです。

いつも題名しか知らないまま映画を観るので、
古い時代のきらびやかな衣装を着た女王達の話なのかなあと思いつつ観はじめたら、、、
海岸に打ち上がったボートから濡れながら上陸し、自ら馬にまたがるメアリー女王が登場。
たどり着く城の入り口も岩肌むき出しで、城の中も華やかなところはほとんどなく、敵の襲来に備えたような色のあまりない要塞でした。
でもきらびやかではない戦のある時代の暮らしや馬にまたがって駆ける荒々しい自然の中では、女王の美しさや豊かな赤毛が一層際だって美しく見えました。
メアリー王女の人柄は、周りにいる侍女たちと恋の話をしたり、頼りにならない旦那さんをシャットアウトしたり。
女王でも、感情豊かな1人の女性だよね。と、親近感を持てたり、同情したりと共感できるところが意外にもかなりありました。
頼りない夫に失望して、国(家庭)や子供は私が守らなくてはと強くなっていく妻と、ふてくされてますます飲んだくれる夫は今の時代も昔も同じかしらと思いました。しかし女王らしく、戦いでは男性の家来たちと共に怯むことなく馬にまたがり立ち向かい、女王として国のために命を捧げる覚悟はあると言います。
イングランドに対しても断固として譲らないし、感情的に行動してしまうところもあり、激しさと共に、国を背負っている女王としての威厳と覚悟が凛として素敵でした。

エリザベス女王は、同じように威厳と覚悟がありながらも、対照的に静かな強さで、お互いに似たような境遇にあって、自分にないものを羨み、心の中では敵対しつつも認めあう関係だったのかなと思いました。
最後には敵であったエリザベス女王に助けを求め、助けたわけですが、
助けてもらう立場になっても立場は上であるという態度をとることしかできないメアリーと、メアリーに劣等感を感じていたけれど、立場が逆転したことを知り手を差しのべたエリザベスの優しい強さで、
ふたりが対面するシーンは本当に凛としたそれぞれの女王が良かったです。

エリザベス女王も、恋や出産を経験していく美しいメアリーにあこがれながらも、国を守るために隙をつくらないために生涯独身を貫き、結果的には愛に生きたメアリーにくらべると命永らえ、国を守れたのかなとは思います。どちらの生き方にも共感できました。

2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
時間の経過がゆっくりだが、常に緊迫感があり飽きさせない。
なまじ親戚同士なだけにドロドロの後継者問題、女王同士の対決がじわじわと伝わって来る。
キングなら問題にならないところだったが、不幸にも王位継承権の
上位が女性ばかりになってしまった。それが女王たちの不幸であり、
幸運でもあった。
メアリーは唯一信用できると思っていた者が次々と裏切っていったので、
一人で何でも解決しなければならず、それが不幸につながった。
女王に早々になってしまったがために、頼りたくても素直に頼れない、
男勝り気質が仇になってしまったと思われる。
後継者の誕生が臣下たちの陰謀につながったとも考えられる。
母親の犠牲で得た両王国の貴族民衆からの情けが味方になり、
王子が統合王家を継げたのだ。
母であった女王には悲劇でしかないが、結果よければ、すべて良しというところ。
男社会で戦って敗戦した悲劇の女王は、近代の女性たちの戦いに
通じ、共感もできるだろう。
フランスの某悲劇の女王作品と違い、ドレスが地味だが、
プロテスタント系は派手さを嫌っているので、
黒ずくめだったりが普通。汚れも目立たない。
フランス王妃の未亡人であるカトリックのメアリーとヘンリー8世とアン・ブーリンの庶子であるエリザベス。
高貴な血脈の二人の女王が臣下達の野心や陰謀と、女王特有の嫉妬心や傲慢に翻弄されていく歴史ドラマですが、私はカトリックとプロテスタントという宗教の対立という点で興味深く見ました。
どの時代でも権力争いや主導権争いはつきものですが、私自身、この時代においても親族の中での宗教対立を経験しました。また、家の名を絶やすまいとする人間の理解不能な熱望も。
とりわけ近しく信頼している人の裏切りの痛みは、500年前も現在も変わらないでしょう。
歴史的時事実については、映画をご覧になった方のレビューやその後の資料から理解しましたが、メインテーマはかなり事実に忠実で時折原作者の脚色が施されているところもあるようです。
イングランドに特有の天候が抑えられた衣装の色にリンクされていたり、だからこそ処刑の時のメアリー女王の緋色のドレスが際立ちます。
また、怒りの足踏みの音、臣下達の整然とした踊りの風景、なによりもテーマ音楽の流れるような旋律が全編に彩りと気品を添えていました。
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
スコットランド女王の 女王の座 に固執する余り身を滅ぼしたお話しですね。
女王の権力の誇示が行き過ぎ、
臣下に対しても政治的な駆け引きが出来なかったので、周りに敵を作りすぎて追われる羽目に、
という感じ。
途中から強欲さが見え始めます。

結局、政治が出来ないと権限を持ってるだけでは転覆するのは当たり前なんでしょうね・・。
若さ故か 彼女には政略的な思考が出来ない傲慢さがあり、
父権社会に生きる2人の女王が同じ苦悩を持ち、理解し合える間柄だったのに
プライドが邪魔をし差し伸べた手を振り払うという愚行に終わった。

反面、エリザベス女王は見据えていたのでしょう、自己を犠牲にしつつ苦悩しつつも。
長く統治が続きましたという。

感想としては 男の強欲に振り回されて女王は不幸せだな、と思いましたですね。
面白かったです。

引用元:Amazonレビュー

 

[the_ad id=”6380″]

映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】のまとめ

今回の記事では、映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】について紹介してきました。

紹介した動画配信サービスを使って、快適にかつ安全に映画やドラマ、アニメなどを楽しみましょう!

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『ふたりの女王
メアリーとエリザベス』
無料動画で視聴する!

(本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)