映画

映画「ホテルムンバイ」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】

↓今すぐ映画『ホテル・ムンバイ』の無料動画を見たい人はこちら↓

【U-NEXT】
映画『ホテル・ムンバイ』
無料動画で視聴する!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

 

サービス名配信状況月額料金無料期間視聴方法無料ポイント
Hulu1,026円(税込)2週間見放題なし
FODプレミアム888円(税抜)1ヶ月見放題最大1300P
U-NEXT1,990円(税抜)31日間見放題1200P(無料期間600p)
Paravi1,017円(税込)2週間見放題なし

 

こんにちは、シュウです。

映画「ホテル・ムンバイ」は、2008年に怒った同時多発テロをテーマとしたストーリーになっています。当時人質にされながらも、自らの仕事を全うしお客さんたちを助けようと奮闘したホテルマンたちの姿が描かれた作品。

テロの恐怖に怯えながらも立ち向かうホテルマンをデーヴ・パテールが演じている事でも話題!

この記事では、映画「ホテル・ムンバイ」を無料・安全にかつ快適で、さらに高画質で視聴できる方法を紹介していきます。

 

それでは、映画「ホテル・ムンバイ」

  • フル動画配信
  • 無料視聴する方法

を中心に調査していきます。

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「ホテル・ムンバイ」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『ホテル・ムンバイ』
無料動画で視聴する!

映画「ホテル・ムンバイ」を無料動画で安全にフル配信で視聴するには?

映画「ホテル・ムンバイ」を安全に無料動画でフル視聴することが可能で、動画配信サービスの「U-NEXT」で配信されています。

 

U-NEXT」は月額課金のオンデマンド配信サービスですが、31日間の無料トライアル期間が設けられており、その間で解約してしまえば完全無料で視聴することができます。

過去の放送などでは一部追加課金が必要な番組もありますが、

新規登録で31日間の無料トライアル期間だけでなく、課金ポイント600円分がもらえるので、課金が必要な一部ドラマや新作の映画なども600ポイント分無料で視聴することができるので、お得に視聴することができるのでオススメです。

画質は「フルHD(1080p)」で4K(超高画質/2160p)にも対応しています!ちなみに、通常の動画配信サービスは、「HD画質(720p)」

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

 

登録は、簡単で約2~3分!!
解約も、所要時間が約1分!!

 

 

2020年日本アカデミー賞の作品賞にノミネートされた作品も

この中で「閉鎖病棟」と「蜜蜂と遠雷」に関しては、現在(3/6)まだ配信されていませんが、そろそろ配信される可能性が高いと予想されています。

 

間にCMが入らないからストレスフリー!!

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ映画「ホテル・ムンバイ」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『ホテル・ムンバイ』
無料動画で視聴する!

映画「ホテル・ムンバイ」はpandoraやDailymotionで視聴できる?

pandoraやDailymotion・9tsuといったサイトで動画が違法にアップロードされている場合があります。これらのサイトに違法にアップロードされた動画を視聴すると、パソコンのウイルス感染、不正アクセス、あらゆるネット詐欺に巻き込まれたりするなど、様々な危険が伴います。

 

その上これらのサイトの動画は画質・音質共に悪く、通信速度が遅かったりする為、せっかくの作品の良さが半減してしまいます。

違法サイトでの動画視聴は避け、これから紹介する方法で安心安全かつ快適に映画「ホテル・ムンバイ」を楽しみましょう!

 

  • 違法アップロードなのですぐに消去される。
  • 最近は、動画を探すのが大変で時間がかかる。
  • PCやスマホのウィルス感染の恐れがある。
  • 低画質・低音質で視聴するのが大変!
  • CMや広告が多すぎ!

映画「ホテル・ムンバイ」の作品情報

【公開日】
2019年9月27日(日本)

【上映時間】
123分

【監督】
アンソニー・マラス

【脚本】
ジョン・コリー

【制作】
ペイジル・イヴァニク
ゲイリー・ハミルトン
マイク・ガブラウィ
ジュリー・ライアン

【出演者】

  • デーヴ・パテール
  • アーミー・ハマー
  • ナザニン・ボニアディ
  • アヌパム・カー

映画「ホテル・ムンバイ」のあらすじやネタバレ

2008年11月26日夜、インド最大の都市であり商業の中心地でもあるムンバイ(旧名ボンベイ)で、同時多発的に発生した10件のテロ立てこもり事件は、11月29日朝、陸軍部隊がすべての立てこもり拠点を制圧して終結した。

少なくとも172人ないし174人(うち34人は外国人)が死亡、負傷者は239人にのぼることが確認されている。

テロ攻撃のうち8件が南ムンバイで起こった。標的となったのは、混雑したチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅、二カ所の五つ星ホテル(ナリーマン・ポイントにあるオベロイ・トライデントとインド門近くのタージマハル・ホテル)、コラバ地区にある旅行者に人気のレストラン(レオポルド・カフェ)、カマ病院、ユダヤ教正統派のナリーマン・ハウス(ムンバイ・ハバド・ハウス)、メトロ・アドラブ映画館である。

ムンバイ警察の本部ではマハーラーシュトラ州対テロ特殊部隊の隊長を含む、少なくとも3人の警察幹部が銃撃戦によって死亡した。

ムンバイ港湾地区のマズガーオン造船所では爆発があった。10件目の事件として、空港に近い北ムンバイのヴィレー・パールレー郊外におけるタクシーの爆発があげられるが、南ムンバイの同時テロとの関連性は不明である

デカン・ムジャーヒディーンと名乗る組織から、事件の犯行声明を主張する電子メールが報道機関に送られた

捜査によりこの電子メールの発信元はパキスタンであることがつきとめられた

しかし、テロ実行犯たちの所属組織は特定されていない

。インドのマンモハン・シン首相は、このテロ事件は単独では実行不可能であったろうから、おそらく「外部とのつながり」があるだろうと述べた

警察の発表によると、逮捕したテロリストのうち一人が、自分たち実行犯はパキスタンに本拠を置くイスラーム主義組織ラシュカレトイバ(Lashkar-e-Taiba)に所属していると供述したとのことであるが、このことはインド・パキスタン両国の関係に深刻な影響をもたらす可能性がある。

しかし、パキスタン政府はテロリスト集団への支援を否定し、「テロリストには宗教など全く関係ない」との考えを明らかにした。

インディアン・ムジャーヒディーンのテロリスト集団は2008年9月にも、ムンバイの市内複数箇所で爆破事件を起こすと犯行予告を出していた。

引用元:wiki

スポンサーリンク



映画「ホテル・ムンバイ」の感想や評価は?

ムンバイ事件がこんなにひどいテロ事件だったとは知りませんでした。同様の体験があったのが韓国の光州事件を描いた「タクシー運転手~約束は海を越えて~」(2017年公開)でした。光州事件は警察がデモ隊に暴虐の限りを尽くすものでこんな国か!と衝撃でした。
ムンバイ事件はイスラムテロリストの非道さですので、いわば正統派のテロ映画。しかし被害者と加害者の行動や会話を同等に描いていることに気が付きます。タクシー運転手では警察=国家については非道ぶりに徹していました。
このホテルムンバイで際立つのは「正義」のありようです。宗教テロの正義。大事な人を守るための正義。ホテルマンの正義。様々に動く正義の人たち。でもその行動には不条理が多かれ少なかれあることに辛い感情が沸き上がります。
その代償は命。いともたやすく潰される。それを顧みずに身を挺する。ラストのドキュメンタリー映像での喜びが心にしみます。不条理を超えて、人を愛し続ける日々でありますように。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
「ユナイテッド93」くらい苛烈ですが、こちらのほうが若干救いがあります。
共通点としてはいずれも宗教が絡んでいるということ。

死後、神に救済されると信じて凶行(彼ら以外にとっては、ですが)に及ぶ少年たちと、そのホテルに居合わせた数多の人たちの群像劇で、一度見始めたときは疲れていたこともあり、開始早々眠ってしまいました。

ですが改めて腰を据えてみてみると実に骨太で、今どきの映画技法を真っ向から否定するような古典的とすらいえそうな撮影手法で、気が付けばテレビのほうにのめって映画を見ていました。

たった二時間とは思えない濃密さで映画は進みます。
実話がもとになっているとはいえ、脚色も相当多いでしょう。
ですが、そんなこととは関係なく胸に迫りますし手に汗を握ります。

最近の映画のどこか軽い感じになじめない方にこそ見てほしいです。
例えば70年代後期に作られたような、あの頃の正統派劇映画と同じような熱量、質量をきっと感じるはずです。

2008年にインドの経済都市ムンバイで生じ、日本人も含め欧米人やホテルマンなど200名近い犠牲者を出した衝撃的国際テロ。その実相を高度のリアリティをもって描きつくした傑作。自分は知人がムンバイ領事館に勤めていたことがあって特別な思いで鑑賞させていただきました。

まだあどけなさが残る、しかし高度の殺りく兵器として“訓練”された過激派戦士たち。彼らは自分の家族への思いやりはあり、テロ首魁たちに洗脳されているのだとわかるゆえ、何ともせつないきもちにさせられます。

一方、社会で成功しているにせよ、極限の場で人間像を良くも、そして悪くもさらけだしてしまう客たち。そしてお客さんを文字通り命懸けで死守しようとするホテルマンや地元警察のひとびとの勇気。。。

主演の、インド庶民でホテルのレストラン従業員を演じたデヴ・パテルはオスカー作「スラムドッグ。。。」での成功に続き、「ライオン~25年目のただいま」では自身の演技がオスカーにノミネートされましたが、本作でも素晴らしい演技です。

もうひとり、頑固オヤジだが悲壮な決意で客たちを守り抜く料理長役マヌバム・カーも熱演で見応えがあります。究極的状況が生じたとき我々はどう反応するのかすべきなのか?強烈な群像ドラマでもあり、ヒューマニズムというものを真摯に考えさせてくれます。説得力のある映像、ムダのない脚本。傑作です。バイオレントなシーンの連続で、R15指定ですが、星は5つしかつけようがありません。

英雄的な主人公が人々の命を救う話ではありません。
俗っぽい人や、老人や、シェフ、ホテルマン、旅行者、警察官それぞれが
勇気を振り絞り、登場人物皆で助かろうとする話です。

英雄的な行動をしたから助かった、卑怯な行動をしたから死んだ、
この映画はそうではありません。ただ見つかって撃たれたら死ぬ。
その人がどんな人物かなんて、死に理由はありません。

テロリスト側にもストーリーがあり、
貧困の問題も描いています。
本当の悪が裁かれると言うような話でもありません。
ただ、世界のいたるところで起きていることを広く世界に知らせたい。
映画という形で世に出すということはそういう意味だと思います。

ドキュメンタリー番組ではないので、主人公を設定して物語の形を取っていますが、
ドキュメンタリー番組という形だと、放送局や放送の時間帯が限られてしまい
どうしても限られた人たちにしか届きませんが、
映画なら多くの人に届きます。
これが映画の力だと思います。

こんな超一流の5つ星ホテルのホテルマンの自宅はこれか…
どこまでも富の集中を見せつけられて、やるせない気持ちになります。

乾いた銃声と絶望的な悲鳴がずっと近くて …。

今はまだ、想像するしかない現実が、人間の残酷さを伴い迫って来る。
神の教えを唱え、祈りながら、その手に武器を持つ。
持たせたのは神 ? 黒幕 ? それとも彼ら自身。

姿なき主犯の巧みさが心底恐ろしい。
私たちは良心と慈悲、
どこかでまだ「人間の善を信じている」
そんな強い信念で闘うしかないのだろうか。

時にいつもの暮らしの中で、
時に外国旅行の旅先で、
ひとたびテロが起こり巻き込まれると、
説得や命乞いの余地はなく、無防備な人達が憎悪と狂気の標的になる。

この真実の物語では、
同じ無防備なホテルの従業員達が、命懸けで多くの宿泊客を守り通した。

引用元:Amazonレビュー

 

スポンサーリンク



映画「ホテル・ムンバイ」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】のまとめ

今回の記事では、映画「ホテル・ムンバイ」のフル動画配信を無料視聴する方法!【吹き替え・字幕】について紹介してきました。

紹介した動画配信サービスを使って、快適にかつ安全に映画やドラマ、アニメなどを楽しみましょう!

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「ホテル・ムンバイ」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『ホテル・ムンバイ』
無料動画で視聴する!

(本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)