スポーツ

ジェイソンマロニ(モロニ)ーの強さや戦績と身長は?河野の評価も調査!

こんにちは、シュウです。

ついに、モンスター井上尚弥選手の世界戦が開催されますね!

コロナの影響で、今年4月に開催予定だったWBO王者のジョンリール・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦が延期。

お互いに、対戦相手を代えて防衛戦に挑むことに。

 

それでは、ジェイソンマロニ(モロニ)ーの

  • 強さや戦績と身長
  • 両者と戦った河野の評価

を中心に調査していきたいと思います。

<

ジェイソンマロニ(モロニ)ーのプロフィールや身長と年齢

 

まずは、簡単にマロニー選手のプロフィールなどを紹介しますね。

  • 生年月日:1991年1月10日
  • 年齢:29歳
  • 身長:168㎝
  • リーチ:170㎝
  • プレイスタイル:オーソドックス
  • 階級:バンタム級
  • 国籍:オーストラリア
  • 出身:ビクトリア州ミッチャム

マロニー選手は、2014年8月にプロ転向しその後、17連勝(14KO)しています。

また、2018年10月にIBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲスと対戦し、判定負け。

その敗戦が、現時点での唯一の黒星です。

そして、マロニー選手には、双子の弟がいて、元WBA世界スーパーフライ級王者。

兄弟揃って、ボクシングで世界のトップクラスで戦っているとはスゴイですね。

 




ジェイソンマロニ(モロニ)ーの戦績やランキングと強さ

https://twitter.com/naoyainoue_410/status/1321943839385415680?s=20

 

ジェイソン・マロニーの戦績は「22試合21勝1敗で18KO勝ち」です。
【世界ランキング】
  • WBOランキング1位
  • WBAランク3位
  • IBFランク4位
  • WBCランク4位
【獲得タイトル】
  • WBAオセアニアバンタム級王座
  • WBAオセアニアスーパーバンタム級王座

 

戦績を見る限りでは、かなり強いですね。

特に、プロデビューしてから17連勝・14KOは大変すばらしい成績です。

なので、井上選手がいくら強いと言っても、そう簡単には、勝てないかもしれません。

 

ですが、大方の予想は、「井上選手のKO勝ち」。

さらに、ギリギリ勝つとかそういうのではなく、「圧勝」と予測されています。

やはり、モンスター井上はレベルが違いますね。

 

そういえば、先日、米スポーツ専門ネットワーク「ESPN」が全階級のボクサーを格付けしたパウンド・フォー・パウンド(PFP)の最新版を公表しています!

ちなみに、「パウンド・フォー・パウンド」とは、

「異なる階級の選手を比較、対比する方法を指し示すものとして1950年代初期に『リング』誌の初代編集長ナット・フライシャーによって造られた用語」

です。階級が違うとどっちの選手が強いか、単純にわからないので。

 

その中に井上選手の名前が!!

【ESPN最新版PFPトップ10】順位右の()内は前回順位

  • 1位(2) テレンス・クロフォード(米国)
  • 2位(3) サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)
  • 3位(4) 井上尚弥(日本)
  • 4位(5) エロール・スペンスJr.(米国)
  • 5位(10位圏外) テオフィモ・ロペス(米国)
  • 6位(1) ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
  • 7位(6) オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)
  • 8位(7) タイソン・フューリー(英国)
  • 9位(8) ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)
  • 10位(9) ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)

 

もちろん過去トップ10に入った日本人はいなく、井上選手が日本人として初めての偉業です。

 




ジェイソンマロニ(モロニ)ーや井上と対戦した河野の評価は?

 

そして、井上・モロニー選手と両者と対戦したことがある選手が、元WBA世界スーパー・フライ級チャンピオンの河野公平さん。

  • 2016年12月 vs井上 6回1分1秒TKO負け
  • 2018年5月 vsマロニー 6回終了TKO負け

同じラウンドでTKO負けをしている河野さんが、今回の対戦について予想していました。

気になる河野さんの予想は・・・

「井上選手の終盤KO勝ち」

でした。

大方の予想と違って、意外と井上選手の苦戦を予想していました。

というのは、河野さんがマロニー選手と対戦して気づいたのが、「ディフェンスの良さ」です。

なので、終盤までもつれるのではないかと予想しています。

とはいえ、井上選手は、スピード、パワー、技術などすべてが規格外にスゴイのでどう転んでも「井上選手の勝ち」というのは変わらないというのが河野さんの考えです。

やはり、両者と戦った河野さんの予想なので、信頼性がかなり高いのではないかと思います。




ジェイソンマロニ(モロニ)ーの強さや戦績と身長は?河野の評価も調査!のまとめ

今回は、ジェイソンマロニ(モロニ)ーの強さや戦績と身長は?河野の評価も調査!について書いてきました。

マロニー選手の身長は、「168センチ」で戦績は、「22試合21勝1敗で18KO勝ち」です。

プロデビューしてから17連勝(14KO)というのは、とても素晴らしいですね。

とはいえ、大方の予想は、「井上選手の圧勝でKO勝ち」となっています。