野球

来田涼斗(明石商)の出身中学・シニアや身長は?家族(兄)とドラフト評価も!

こんにちは、シュウです。

 

センバツ2019年の準決勝をかけた明石商業対智弁和歌山の試合は、見ごたえがありました!!!

 

9回の裏に来田涼斗くんの目の覚めるようなサヨナラホームラン!本日2本目。

 

ナント、来田涼斗くんはまだ2年生。とても2年生には見えないような体格。

 

いったいどんな選手なんでしょうか??ちょっと調べてみると高校進学のときには、28校から勧誘を受けていたということも・・・

 

それでは、来田涼斗くん(明石商)の

  • 出身中学・シニアや身長は?
  • 家族(兄)とドラフト評価も!

を中心に調査してみたいと思います。

<

来田涼斗(明石商)の出身中学・シニアや身長は?

まずは、来田涼斗くんのプロフィールを簡単にみていきましょう!

  • 読み方:きた りょうと
  • 生年月日:2002年10月16日
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 身長:180cm
  • 体重:82kg
  • 出身小学校:神戸市立有瀬小学校
  • 出身中学校:神戸市立長坂中学校
  • 出身シニア:神戸ドラゴンズ
  • 50m:5.9秒
  • ポジション:センター
  • 遠投:100m
  • 投打:右投・左打

 

小学校時代は、「明舞ネオボーイズ」で投手兼内野手。中学時代は、外野手で中学2年のときに全国制覇しています。

 

明石商に進学してからは、1年の春季大会から1番センターとして活躍。夏の西兵庫大会(100回記念大会なので兵庫兼から2校)では、優勝し甲子園に出場する。

 

残念ながら1回戦・八戸学院光星で敗れはするものの来田 涼斗クン自身は、「4打数2安打1盗塁」と片鱗を見せました。

 

続く秋季大会では打率.243と少し調子を落としてましたが、一冬超えて甲子園では、大爆発!!

 

<2019年春・甲子園の成績>

 試合数 打率 打席 安打 本塁打 打点 長打率
  3 .455 11  5  2  8 1.182

※4/1現在

 

来田涼斗くんは、超有望な選手だったので、高校時代にあの「大阪桐蔭・履正社」を含む28校から勧誘を受けていたんです。

 

が、

 

高校は、地元の明石商に進学しました。もちろん、明石商業も兵庫県では強豪校。ですが、来田涼斗くんクラスの実力だと全国区の高校に進学することが多いです。

これには、兄の影響があったんです。

スポンサーリンク



来田涼斗(明石商)の家族(兄)とドラフト評価も

https://twitter.com/koshienno_hoshi/status/1133789180604035072

 

↑↑上記のツイッターの動画に来田 涼斗くんの兄への思いが・・・・・

 

来田涼斗くんには、3つ上の兄・渉悟さん(日体大)がいます。渉悟さんは、明石商業の野球部出身で、その頃の明石商業は夏の県大会で3年連続・決勝敗退。というあと一歩で甲子園を逃していました。

 

なので、その兄の思いを来田涼斗クンが明石商業で晴らそうと進学したのです。

 

素晴らしい兄弟!!

 

そういえば、去年に春夏連覇した大阪桐蔭の藤原くん(ロッテ)に、甲子園を逃した兄への思いやプレースタイルなどなんかスゴく似ている!!と個人的に感じました。

☆☆藤原恭大(大阪桐蔭・現ロッテ)の経歴と出身中学や家族は?兄と彼女にも注目!

 

現時点では、スカウトの評価情報はわかりませんでしたがこのまま成長していけば、

 

間違いなく、藤原くん(ロッテ)クラスになり、来年のドラフト上位候補になっていく」

 

と個人的には思います。

まとめ

今回は、来田涼斗(明石商)の出身中学・シニアや身長は?家族(兄)とドラフト評価も!について書いてきました。

来田涼斗くんの出身中学は、「神戸市立長坂中学校」で中学時代は、「神戸ドラゴンズ」に所属していました。

兄が明石商業で甲子園を目指した思いを弟の来田涼斗くんが見事に達成し、全国制覇まであと少し。

関東に住んでいる筆者なので習志野を応援していたのですが、この記事を書いて明石商業も応援したくなりました!