アニメ

聲の形/映画の無料見逃し動画をフル配信で視聴する方法や動画配信サービスまとめ!

↓今すぐ映画『聲の形』の無料動画を見たい人はこちら↓

【U-NEXT】
映画『聲の形』
無料動画で視聴する!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

 

配信サービス 配信状況 無料期間
見放題
31日無料
配信なし
2週間無料

配信なし
2週間無料

配信なし
2週間無料

 

こんにちは、シュウです。


映画「聲の形」の原作は、「週間マガジン」に連載されたマンガ「聲の形」です。

この作品は、日本アカデミー賞優秀アニメ作品賞を受賞し、その他も数多くの賞を受賞しています。

ストーリー的には、障害やいじめを題材とした作品で感動した!面白い!というよりは深く考えさせられる作品となったいます。

なので、評価的にはアンチ的なつまらないというようなコメントも少なからずけっこう見かけますね。

ただ、個人的にはいじめについての問題を多く作品に取り込んでいるので、1回は視聴しておくべき作品なのかな~~なんて感じました。

 

この記事では、映画「聲の形」を無料・安全にかつ快適で、さらに高画質で視聴できる方法を紹介していきます。

それでは、映画「聲の形」

  • フル動画配信や見逃し配信
  • 無料視聴する方法
  • 動画配信サービスのまとめ

を中心に調査していきます。

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「聲の形」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、
費用は発生しません。

期間内に解約すれば、
無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『聲の形』
無料動画で視聴する!

映画「聲の形」を無料動画で安全にフル配信で視聴するには?

映画「聲の形」を安全に無料動画でフル視聴することが可能で、動画配信サービスの「U-NEXT」で配信されています。

映画「聲の形」を視聴するには、440ポイント(20207/31現在)かかります。

が、

新規登録すると「600ポイント」もらえるので、それを利用すれば無料で見ることができます!!

 

 

U-NEXT」は月額課金のオンデマンド配信サービスですが、31日間の無料トライアル期間が設けられており、その間で解約してしまえば完全無料で視聴することができます。

過去の放送などでは一部追加課金が必要な番組もありますが、

新規登録で31日間の無料トライアル期間だけでなく、課金ポイント600円分がもらえるので、課金が必要な一部ドラマや新作の映画なども600ポイント分無料で視聴することができるので、お得に視聴することができるのでオススメです。

画質は「フルHD(1080p)」で4K(超高画質/2160p)にも対応しています!ちなみに、通常の動画配信サービスは、「HD画質(720p)」

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

 

登録は、簡単で約2~3分!!
解約も、所要時間が約1分!!
間にCMが入らないからストレスフリー!!

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ映画「聲の形」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、
費用は発生しません。

期間内に解約すれば、
無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『聲の形』
無料動画で視聴する!

映画「聲の形」はホームシアターとpandoraやDailymotionとホームシアターで視聴できる?

pandoraやDailymotion・ホームシアターといったサイトで動画が違法にアップロードされている場合があります。これらのサイトに違法にアップロードされた動画を視聴すると、パソコンのウイルス感染、不正アクセス、あらゆるネット詐欺に巻き込まれたりするなど、様々な危険が伴います。

 

その上これらのサイトの動画は画質・音質共に悪く、通信速度が遅かったりする為、せっかくの作品の良さが半減してしまいます。

違法サイトでの動画視聴は避け、これから紹介する方法で安心安全かつ快適に映画「聲の形」を楽しみましょう!

 

  • 違法アップロードなのですぐに消去される。
  • 最近は、動画を探すのが大変で時間がかかる。
  • PCやスマホのウィルス感染の恐れがある。
  • 低画質・低音質で視聴するのが大変!
  • CMや広告が多すぎ!

映画「聲の形」の作品情報

【公開日】
2016年9月27日(日本)

【上映時間】
129分

【監督】
山田尚子

【脚本】
吉田玲子

【音楽】
牛尾憲輔

【主題歌】
aiko「恋をしたのは」

【制作会社】
京都アニメーション

【出演者】

  • (石田将也)入野自由
  • (西宮硝子)早見沙織
  • (西宮結絃)悠木碧
  • (永束友宏)小野賢章
  • (植野直花)金子有希
  • (佐原みよこ)石川由依
  • (川井みき)潘めぐみ
  • (真柴智)豊永利行
  • (石田将也(小学生))松岡茉優
  • (島田一旗(小学生))小島幸子

 

映画「聲の形」のあらすじやネタバレ

高校3年生の石田将也はこれまで続けていたアルバイトを辞め、また自室の家具を全て売り、銀行口座から全財産を引き出す。

そしてその札束を封筒に入れ、母の眠る枕元に置き家を出ると、橋の上から飛び降りて自殺しようとする。

しかし飛び降りることができず断念する。

小学6年生の将也のクラスに先天性の聴覚障害を持つ少女・西宮硝子が転校してくる。

硝子は「筆談用ノート」でクラスメイトと交流しようとするが、将也たちは硝子をいじめるようになる。

硝子の補聴器が何度も紛失・故障したことで学級会が開かれ、将也が犯人と決めつけられる。

将也の母は息子を責めず、補聴器代170万円を弁償する。

将也は逆にいじめられる立場となり、硝子も転校してしまう。

中学生になっても将也は孤立し、やがて「自分がしたことは自分に跳ね返る。自分は罪を背負い、罰を受ける必要のある人間である。」との思いから心を閉ざしてしまう。

自殺を決意した将也は母親に補聴器代を返し、硝子が通う手話サークルを訪れる。

硝子と再会した将也は、手話で「友達になってほしい」と話しかけていた。

自殺することを思いとどまった将也は再び手話サークルを訪れるが、硝子の妹西宮結絃に阻まれ、硝子に会えなくなる。

将也はひょんなことから同じクラスの永束友宏と友達になリ、永束の助力で将也は硝子と会うようになる。

二人は小学生時代硝子と仲良くしていた佐原みよこ、硝子をいじめていた植野直花とも再会し、同じクラスの川井みき真柴智とも親しくなる。

全員で遊園地に遊びにいった将也は、久しぶりに人との関わりを楽しむ。

しかし昔のいじめ事件を蒸し返したことで、再び将也は孤立してしまう。

将也は硝子一家と花火大会を見に行く。

だが一人家に戻った硝子はベランダから飛び降りようとする。

将也は彼女を引き上げるが、転落し意識不明になる。

硝子は意を決して仲間たちと和解する。

深夜、意識を取り戻した将也は病院を抜け出し、橋の上で泣いている硝子を見つける。

将也は「君に生きるのを手伝ってほしい」と伝える。

退院した将也は硝子たちと高校の文化祭を回る。

将也はようやく周囲に心を開き涙を流すのだった。

引用元:wiki

[the_ad id=”6380″]

映画「聲の形」の感想や評価は?

いじめがどんなことをもたらすか子供に理解して欲しい。現実はこうはいかないけど。いじめた側いじめられた側どちらにも目を向けていてよかった!こういう解決ができるなら理想だけど現実無理でしょう…でも許す気持ち許されようと努力するのはどちらもとても大事な事も描かれていて 全てが理解できなくてもいいから見て欲しいです。きっといじめは無くならないから…

聴覚障害から受けたいじめ経験や、人間関係の不甲斐なさの悩みとか、全体的に暗い話やけど、人に優しくしようと思わせてくれる良い作品。陰口とかいじめとか、傍観とか殆どの人がどこかしら共感出来ると思う。

昔原作の漫画読んだ時、西宮視点の51話が結構衝撃やった。

アニメーション、音楽、演出などかなり丁寧に作られていた。特に小学生時代の表現が情緒的で素晴らしい。

てっきり恋愛ものかと思ったら違ってびっくり。

結構容赦のない描写で、小学校時代のいじりや陰湿な行為に色んな記憶が蘇ってきた。子供は悪意がないからこそ、ものすごく残酷なことが平気で出来てしまう。もしかしたら、自分も小学生時代にそういったことしていたかもしれない。また、大人になった今の視点で見ると彼女を守ってあげたいと思えるが、彼らにとっては得体の知れない存在で、時にはずるいと思われたり気持ち悪いと思われても仕方がない立場だったと思う。そのような描写を誤魔化すことなく表現しているから、癒される為にこの映画を見ようとすると面食らう。

いくらいじられても積極的に友達になろうとする姿はある意味気の強い女の子。自分は過去に2人だけ聾唖の子(しかも2人とも女の子)と関わりを持ったことがあるが、どちらも気が強いと感じた。障害を持つ人が社会の中で生きていく際、気の強さってかなり重要なんだと思う。もともと強いのか強くなっていくのか。

おっとりしているけれど気の強さも持ち合わせた西宮さんだが、そこまでしなくても思うほど辛い仕打ちを受ける。そしてそれは、誰かと誰かの関係を壊してしまった原因として自分を捉えることになる。

自分が辛い思いをするよりも、他人が辛い思いをしている事の方が精神的にはくるだろう。
そんな時、自分の存在意義について深く考えてしまう。

人との関わり方に関しては女性間の方が難しいように思う。主人公の石田は明からさまにわかりやすく西宮さんをいじめるが、陰湿で達が悪いのはむしろ女の子達のポジションだろう。遠回しでいじったり、陰口を言ったり、見てみぬふりをしたり。そんな女の子達と聾唖の子が上手にやっていくのはなかなかハードだ。

聾唖の子よりも、むしろその子をいじめた結果として心にトラウマを負ってしまった男の子が主軸となってストーリーが進むのが良い。この複雑性が人との関わり方について考えるきっかけを与えてくれている。

人は気づくといつの間にか離れているし、逆に寄ってきてもくれる。
作者は「人と人が互いに気持ちを伝えることの難しさ」をテーマにしているようだが、
ふとしたことで関係性が崩れたり修復したりする姿を、大袈裟ではなく自然に表現されていた作品だと思う。

人と人とは分かり合う事なんて出来ないと思っている。けれど、様々な事を共に経験していく中で、互いの感情を時間をかけて共有していくことは出来ると思う。だからこそ、もう少し彼らの姿を見ていたかったからちょっと物足りなかった。

京アニすんごいなまじで感動した
こんな綺麗に細部まで書き込まれていて、月並みな表現だけど木々や花も生きているようなアニメーション観たことないわ
構図のつくり方も実写映画っぽくて面白い

登場人物たちはそれぞれバラバラの性格に見えるけど、硝子も将也も他のみんなも現実では1人の人間の中にいるんだろうな
手を差し伸べられる強さも、相手を思いやれない弱さも、自分のことだけがかわいい気持ちも、対等にぶつかれないことにモヤモヤする気持ちも

全体的にものすごい暗いわけじゃないんだけど、登場人物たちが抱えているものは表面に表れているよりずっと重い

胸が苦しくなる作品ですねぇえええ。

色んな人の色んな思いが交錯する感じ。

もちろんアニメ、漫画なのだから非現実的なのかもしれないけど、なんとなく共感できる部分もあって、

とてつもなく胸が痛くなりました。

将也の気持ちに共感できる人って多いんじゃないかな。
昔は弱い者を虐めて、本当に相手からしたらとんでもないバケモンなんだけど、
いざ成長してみると本当に馬鹿なことしていたなぁ、と気づく。

俺の友達でもいました、それに気づいて、同級生に会うのが後ろめたくなった、
っていう子。

まあでもヒロインの女の子が可愛すぎますね。

ほんで、アニメだから別にいいけど髪色なんなんだよ笑笑

まぁそれを全て踏まえても
いい作品でした。

とにかく胸が苦しい作品。

生きることの重さとかそういったテーマ性は感情移入して見る人にはとてもいい映画なのだと思います。登場人物の誰に感情移入しても面白いがとにかく胸くそ悪い内容がひたすらに続きます。
ただ、複数の内包されているであろうテーマをひとつずつ理解していくと重い内容に気づき思わず鼻で笑ってしまいました。いい意味で。
思いのほかリアルですがーイミーツガール的な要素やら引きずった人間関係やらはあまりリアルな感じはしませんでした。
私な人生の経験値が浅いので理解できなかったのかもしれませんが、話の流れを知ってから何度も見て見るとより面白い映画なのだと思います。

序盤はアウトレイジばりの「全員悪人」感がすごいです。特に担任の先生ヤバいです。。。

人間はいじめが大好きな生き物。

ある環境、条件がそろえば、いじめは自然に起こる。戦争という環境がそろえば、大量虐殺すらしてしまうのが人間という生き物だ。

だから、いじめをする人間、しない人間に分かれているわけではない。

この映画を見て感動したとしても、次の日には、「キモw」「死ねw」などとSNS上で誹謗中傷コメントをしてしまう。自然だ。「いじめはダメだ」と頭で言っておきながら、簡単にいじめに値するような行動を連発する。それが人間だ。

この作品を見た大人は「子どもは残酷だ」なんて言葉をこぼす。しかし、セクハラ・パワハラなど、大人の方が子どもよりもよっぽど「いじめ」に関わっている、なんていうデータもある。

人間がいる限りいじめはなくならない。他人への攻撃も無くならない。

さあ、そんな社会で私たちはどう生きればいいのか?

この作品から伝わることは、「許し」という行為だろう。石田と西宮の生き様をわたしたちは見た。希望が見えた。

絶望と希望は表裏一体だ。上があるためには下があり、右があるためには左があるように。

人間という生き物の本能はとても残酷であり、彼らが作る社会は過酷だ。しかし、その絶望さは希望の存在を包んでいる。

登場人物たちは「自殺」を乗り越えた。希望は見えたのだろうか。

ただただ、生きてみよう。

「いじめ」は人に傷を負わせ、
してた側・された側・傍観側すべての
人間を壊す。

いじめたら謝りなさい。
いじめは家族の問題。
過去は過去、忘れなさい。

そんなもの通用しない。
多感な時期に痛めつけられた心は毒のように心を蝕んで人を腐らせていく。

単なる、いじめはやめよう映画ではないところが良い。
いじめる側かやめれば済むこと、そんな簡単なものではないし、ワイドショーでデカデカと取り上げられて数日で忘れられるような一時的なものでもない。
ヒビの入った人間関係は何年も修復されることはない。

「人の顔を見れない」描写が斬新。
2時間ではおさまらないほどの重たいテーマ。
2度とみたくない。
でも、目を背けてはならない。

石田くんがあれだけ自分と向き合って考え続けるってだけでも救いはあるのかな。
たいていのいじめっこは振り返らないだろうし、呑気にやってるはず。

めちゃくちゃ面白かったし、泣けたし、考えさせられた。
誰が悪者なのかって、西宮がいなければ、りょうがいなければ丸く収まってたのかって言ったらそうじゃ無い気がする。きっと小学校くらいだったら誰かがいじめの被害者になるし、加害者にもなる。
今は大人になったから小学生とか高校生でさえ若く見えるけと、小学校のこととかでさえ意外と人間覚えているもんで、私も小学生の頃いじめにあったけど、その加害者はいまだに嫌いだしSNSあるから繋がろうと思えば繋がれるんだろうけど繋がりたくない。加害者の方はりょうほど苦しむ人はいないと思う。きっと自分がしたことに気づいてないだろうし罪悪感もないと思う。でも生きてる中でどこかで気づいてほしいとも思うし、自分も小学校以降どこかで誰かを傷つけていたかもしれない。
ただ、どちらにしろ更生する機会は与えるべきだと思う。りょうはいじめっ子からいじめられっ子になって、しかも手話まで覚えた。その努力はサハラ以外してなかった。カワイさんのキャラがひたすらうざかったけど、ああいうタイプいるよなー。どこかでガツンと自分の悪意に気づいてほしい。
あと、なによりも辛くなっちゃったのがゆづるだった。いじめられてる本人の西宮も辛いだろうけど、何もできない家族もめちゃくちゃ辛いよな。家族の辛さとか苦悩、大切さってのも、西宮家にもりょう家にもどっちもあって、りょうのお母さんかっこいいと思ったし、ゆづるにあっぱれ。写真てそういう意味だったのかって思うと悲しくなった…。
キャラとしては、永束面白かったし、上野は不器用なだけだったんだよねって気がした。
謝られるだけって確かにうざくもなっちゃけど、相手とガツンと戦う、喧嘩するってのも必要な気がする。上野には上野の言い分もあったし、それと同時に罪悪感もあったんだなーってのが理解できてカワイさんよりはよっぽどスッキリしたし筋通ってる気がした。
これは障害とかそういう要素もあるんだろうけど、そういうの関係なしに成長物語と青春といじめ問題についてもすごく考えさせられる。

引用元:Amazonレビュー

 

[the_ad id=”6380″]

聲の形/映画の無料見逃し動画をフル配信で視聴する方法や動画配信サービスまとめ!のまとめ

今回の記事では、聲の形/映画の無料見逃し動画をフル配信で視聴する方法や動画配信サービスまとめ!について紹介してきました。

紹介した動画配信サービスを使って、快適にかつ安全に映画やドラマ、アニメなどを楽しみましょう!

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「聲の形」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、
費用は発生しません。

期間内に解約すれば、
無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画「聲の形」
無料動画で視聴する!

(本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)