野球

茨城国体2019高校野球の出場校と日程は?出場資格や選考基準も調査!

こんにちは、シュウです。

 

U18のワールドカップも終わり、高校3年生にとって茨城国体が本当の最後の公式戦になり

ます。なので、3年生だけのチームでこの国体を戦う学校も意外とありますね。

そして、国体に出場できる高校は、12校しかありませんがその中には夏の甲子園でベスト8に残った高校が全て入っているのでかなりレベルの高い大会になります。

 

また、国体に出場できる資格や選考基準なども気になりますね。

 

なので、茨城国体2019高校野球の

  • 出場校と日程
  • 出場資格や選考基準

を中心に調査していきたいと思います。

<

茨城国体2019高校野球の日程や出場校は?

それでは、茨城国体2019年の日程を見ていきましょう!

日程

2019年9月29日(日)~10月2日(水)

 

1回戦から決勝まで4日連続で行われます。球数のことなど最近はすごく敏感になっているのにこの日程は・・・

 

まぁ、国体に関して言うと、夏の甲子園ほど選手たちも気合が入っていないのでエースが限界まで力投ということはまずないですね。

 

もちろん選手たちは真剣に試合をやりますが、どちらかと言うと甲子園でいい成績を残したご褒美でまだ試合ができるような感覚のほうが強いと思います。

 

また予備日などがないので、昨年などは台風の影響で3日間しか試合ができませんでした。

 

そのため、準決勝・決勝は行われずベスト4に残った大阪桐蔭・浦和学院・近江・金足農業4校が1位という結果に

 

出場校

  • 八戸学院光星(青森・ベスト8)
  • 仙台育英(宮城・ベスト8)
  • 作新学院(栃木・ベスト8)
  • 関東一(東京・ベスト8)
  • 星稜(石川・準優勝)
  • 中京学院大中京(岐阜・ベスト4)
  • 履正社(大阪・優勝)
  • 明石商(兵庫・ベスト4)
  • 智弁和歌山(和歌山・ベスト16)
  • 宇部鴻城(山口・ベスト16)
  • 海星(長崎・ベスト16)
  • 霞ヶ浦(茨城・開催地)
    ※カッコ内は夏の甲子園の成績

 

補欠校

  1. 高岡商(富山・ベスト16)
  2. 鶴岡東(山形・ベスト16)
    ※カッコ内は夏の甲子園の成績

 

会場

「ノーブルホームスタジアム水戸球場」

スポンサーリンク



茨城国体2019高校野球の組合せ(トーナメント表)

 

 


引用元:高野連

 

いきなり1回戦で「星稜vs智弁和歌山」の注目の好カード。

 

でも出場校は、甲子園で結果を出している高校ばかりだから、すべての試合がハイレベルの試合になりそうです。

 

個人的に注目したいのは、開催地の枠で出場している「霞ヶ浦」です。

夏の甲子園では、いきなり履正社とあたってしまい初戦で敗れてしまいましたが、プロのスカウト注目のエース鈴木くんがどんなピッチングを見せてくれるか楽しみ。

茨城国体2019高校野球の出場資格や選考基準

続いて、国体の高校野球の出場資格や選考基準は、

  • 夏の甲子園のベスト8以上
  • 開催地の代表校
  • 地域性を含み試合内容のよかった高校

などが主な条件で高野連が出場校を選びます。

 

出場枠が12校なので、「夏の甲子園のベスト8の8校」と「開催地の1校」で残りは、3校です。

残りの3校が、選ぶのが難しい・・・

 

国体ということでかなり地域性が重視されます。過去には、甲子園で1勝もしていない学校が選ばれたこともあるくらいなんです。

 

今年は、中国・九州勢があまり調子が良くなかったのでベスト8以上に1校も残りませんでした。あくまで個人的な予想ですが、ベスト16に残こり、いい試合をした「宇部鴻城」「海星」が選ばれたと思いました。

 

残る1校は、夏の甲子園で最も素晴らしい試合(星稜vs智弁和歌山)の智弁和歌山が選考されていますね。

 

センバツの出場校を選ぶときもその基準は、抽象的であくまで高野連の考えで決まってしまうので少しモヤモヤした部分があります。

 

夏の甲子園みたいにはっきりと勝ち負けで出場校を決めたほうが、お互いにスッキリするのではないかと個人的に思いました。

 

今回のU18で課題となった金属バット問題や投球制限なども含めて、早急に解決してほしいものです。

茨城国体2019高校野球の出場校と日程は?出場資格や選考基準も調査!のまとめ

今回は、茨城国体2019高校野球の出場校と日程は?出場資格や選考基準も調査!について書いてきました。

 

茨城国体2019高校野球の日程は、「2019年9月29日(日)~10月2日(水)」で、1回戦からだと決勝まで4日間連続で試合になります。

出場校は、全部で12校。

国体の高校野球の出場資格や選考基準は、

  • 夏の甲子園のベスト8以上
  • 開催地の代表校
  • 地域性を含み試合内容のよかった高校

などが主な条件で高野連が出場校を選びます。