映画

映画「こんな夜更けにバナナかよ」無料動画や見逃し配信をフル視聴する方法!感想や口コミと評価も!

↓今すぐ
映画『こんな夜更けにバナナかよ』
の無料動画を見たい人はこちら↓

【Hulu】
映画『こんな夜更けにバナナかよ』
無料動画で視聴する!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

 

配信サービス 配信状況 無料期間
配信なし
31日無料

見放題
2週間無料

配信なし
2週間無料

配信なし
2週間無料

 

こんにちは、シュウです。


映画「こんな夜更けにバナナかよ」は、実話をもとにして作られたノンフィクション映画です。

障害者のありきたりのパターンと思いきや・・・・

さすが、大泉洋さん、高畑充希さん、三浦春馬さんらが演じるだけあって感動する作品になっています。

映画のタイトルがいかにも大泉さんとマッチしているのでは!?と思っていまいます(*´ω`*)

 

この記事では、映画「こんな夜更けにバナナかよ」を無料・安全にかつ快適で、さらに高画質で視聴できる方法を紹介していきます。

それでは、映画「こんな夜更けにバナナかよ」

  • 無料動画や見逃し配信
  • フル視聴する方法
  • 感想や口コミと評価

を中心に調査していきます。

 

Huluなら2週間の無料トライアルで

今すぐ
映画「こんな夜更けにバナナかよ」
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【Hulu】
映画『こんな夜更けにバナナかよ』
無料動画で視聴する!

 

 

映画「こんな夜更けにバナナかよ」を無料動画で安全にフル配信で視聴するには?

映画「こんな夜更けにバナナかよ」を安全に無料動画でフル視聴することが可能で、動画配信サービスの「Hulu」で配信されています。

 

  • 間にCMが入らないからストレスフリー!!
  • 日テレ系ドラマがほぼみれる
  • 日テレ系ドラマのスピンオフ・サブストーリーも配信される
  • 都度課金がない
  • リアルタイムも配信される(プロ野球やクラブワールドカップなど)
  • 月額料金が安い!(933円税抜き)
  • 日テレ系のバラエティも豊富
  • コンビニでHuluカードが売っている
  • 海外ドラマが強い
  • Huluプレミアムで日本初上陸作品がみれる
  • FOXチャンネルあり
  • 国内ドラマ・バラエティも強い
  • 全て見放題

 

登録は、簡単で約2~3分!!
解約も、所要時間が約1分!!
間にCMが入らないからストレスフリー!!

 

Huluなら2週間の無料トライアルで

今すぐ
映画「こんな夜更けにバナナかよ」
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【Hulu】
映画『こんな夜更けにバナナかよ』
無料動画で視聴する!

 

映画「こんな夜更けにバナナかよ」はpandoraやDailymotionで視聴できる?

 

pandoraやDailymotion・9tsuといったサイトで動画が違法にアップロードされている場合があります。これらのサイトに違法にアップロードされた動画を視聴すると、パソコンのウイルス感染、不正アクセス、あらゆるネット詐欺に巻き込まれたりするなど、様々な危険が伴います。

 

その上これらのサイトの動画は画質・音質共に悪く、通信速度が遅かったりする為、せっかくの作品の良さが半減してしまいます。

違法サイトでの動画視聴は避け、これから紹介する方法で安心安全かつ快適に映画「こんな夜更けにバナナかよ」を楽しみましょう!

 

  • 違法アップロードなのですぐに消去される。
  • 最近は、動画を探すのが大変で時間がかかる。
  • PCやスマホのウィルス感染の恐れがある。
  • 低画質・低音質で視聴するのが大変!
  • CMや広告が多すぎ!

映画「こんな夜更けにバナナかよ」の作品情報

https://twitter.com/aojiruota/status/1329739643017854977?s=20

 

【公開日】
2017年1月27日(日本)

【上映時間】
120分

【監督】
前田哲

【原作】
渡辺一史

【脚本】
橋本裕志

【制作】
大角正/今村司

【出演者】

  • (鹿野靖明)大泉洋
  • (安堂美咲)高畑充希
  • (田中久)三浦春馬
  • (高村大助)萩原聖人
  • (前木貴子)渡辺真起子
  • (塚田心平)宇野祥平
  • (泉芳恵)韓英恵
  • (城之内充)矢野聖人
  • (鹿野清)竜雷太
  • (鹿野光枝)綾戸智恵

映画「こんな夜更けにバナナかよ」のあらすじやネタバレ

 

筋ジストロフィーにかかりながらも自らの夢や欲に素直に生き、皆に愛され続けた実在の人物・鹿野靖明さんと、彼を支えながらともに生きたボランティアの人々や家族の姿を描いた人間ドラマ。

大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をダブル受賞した書籍を原作に、「ブタがいた教室」の前田哲監督がメガホンをとり、大泉洋が主演を務めた。

北海道の医学生・田中はボランティアとして、身体が不自由な鹿野と知り合う。

筋肉が徐々に衰える難病・筋ジストロフィーを12歳の時に発症した鹿野は、いつも王様のようなワガママぶりで周囲を振り回してばかりいたが、どこか憎めない愛される存在だった。

ある日、新人ボランティアの美咲に恋心を抱いた鹿野は、ラブレターの代筆を田中に依頼する。

しかし、実は美咲は田中と付き合っていて……。医学生・田中を三浦春馬、彼の恋人・美咲を高畑充希がそれぞれ演じる。

引用元:wiki

映画「こんな夜更けにバナナかよ」の感想や評価は?

https://twitter.com/vrsmomo/status/1284390551341527041?s=20

 

鹿野さんが生きた時代は障害者の生きやすい社会では決してなかった時代だった。けれども、1人の人間として生きたいように生きる、そんな当たり前のことを誰よりも大切にしていた人だったと感じた。
今やダイバーシティだのバリアフリーだの世間に定着しつつあることだが、鹿野さんはその先駆者となっていたのかもしれない。
とにかく、最初はわがままでセクハラ激しくて嫌な人だなと思っていたけど、どんどん鹿野さんの人柄に惹かれていくボラの気持ちが理解できて、感情移入してしまった。
大泉洋の演技に感銘。三国志のビジュとのギャップに大感銘笑
北海道なうだから北海道の映画!

ほんと最初は、「何様だよ!!!」て鹿野さんに対してなる!
それが彼の本質が見えてくると段々好きになっていくのも分かる。
夢に全力なのってやっぱかっこいいもんなあ。
愛されてるからだよって堂々と言えるのいいなあ。
感情を上手に言葉で伝えられるのが強みね。
美咲ちゃんと同じように心進んでいける。

結構不謹慎な笑いとかもあって、わたしは好きなんだけど、嫌だなって思う人もいるかもなあ。でもさすが大泉洋さんって感じだった。ちゃんとコメディ。

面白かった〜‼️

「助けてもらわないとなんもできねぇんだぞ!」とハッキリ言うところが豪快ですね。映画を見終わると鹿野の言う『対等な立場』というのがわかった気がします。

同情も遠慮も見えない介護の現場。でも実際はメチャクチャ大変なんだろうなと思います。

高畑充希さんは演技が自然体ですね。好きになりました。

〜病は気から〜
そんなサブタイトルでも良かったんじゃないかと思えるほど、この言葉を体現した作品だと思いました。

有名俳優たちが出演していると、どんなドキュメンタリー作品も何となく現実味が無くなってしまうのが私の今までの印象でしたが、この作品はとてもドキュメンタリー感を感じられてとても良かった。
高畑充希も、三浦春馬も普通の大学生。大泉洋も普通の障がい者でした。

皆この映画主人公がワガママで横柄でムカつくっていう感想が多い。

確かに私も横柄だなぁと思っただが、それは私達健常者から見て下に見てるからというのもあるからだと思う。

健常者で金持ちで厳つくて強面で横柄

こんな奴が世の中何万、何億人いるだろう。

何が違うんだろう、同じ人間なのに、この物語はある種、障害者の方にもこんなふうに自由に生きてみようよ、って言う問いかけもありこんなにワガママな主人公にしたんじゃないかなって私は思った。遠慮せずに自由にこんな人みたいにワガママにもっと自由に生きようよ️って

それでいてボランティアの人もすごい。誠心誠意自分の時間を割いて献身的に介護する。

でも与えてらばかりではなく障害者の人からも沢山の事を学んでボランティアの人は成長していく。そして皆素晴らしく成長する。こう言うボランティアの人って主人公に感謝して学ばせてもらってるんだと思う。生き様や死に様まで見せてくれるこの主人公に感謝してボランティアさせてもらってるようだった。

度合いはどうであれこの関係も持ちつ持たれつの関係にある。決して健常者が与えるばかりではない。与えてもらうことも沢山あってそこを忘れてはいけないと思う。そこを踏まえて見たらまたこの映画の素晴らしさをかんじられるとおもう。

鹿野が生きた時代は、障害者が常に弱者であった時代だ。
現代の我々は、障害者がときに格好よく、ときに情けないことをある程度は知っているが、かつての障害者は常に弱者でしかなかった。
強者である健常者とは別のものが障害者だった。
その時代の中で、鹿野はかなり情けなく、かなり我がままで、ときに格好良い。
つまり、鹿野は人間だった。
鹿野とボランティアは、強者と弱者ではなく、人間と人間だった。

鹿野がボラに感謝しないのは、鹿野が弱者ではないからだ。
人間同士なら感謝しろよという考えは、多分違う。
人間同士だから感謝しあうことはあっても、どちらかが感謝するだけの関係は、多分正しくない。

主人公の生き方はあまりにも極端すぎると感じましたが、介護者、被介護者、両者の色々な考え方や生き方が描かれていて、すごく心に残った作品です。
実話が元ですが、起承転結きちんと描かれて、楽しく最後まで拝見しました。
役者さんもすごく良かったです。
大泉洋素晴らしい!!
高畑充希かわいい!!
三浦春馬!実に三浦春馬っぽい!!笑
ただ感心したのは演技以上に、
わがままに生きる強靭さ。
悪意がない善意の脆さ。
これを教えてくれたこと。
人生には明らかに意味がある…
きっと数年後には小学校の道徳の授業(まだあんのかな?)で定番メニューとなるでしょう
障害者もののお涙頂戴ものかと思っていた。
はじめはイラッとする。
でも、それはこの人に頑張りに裏打ちされているものだと思う。
はっきり言って大泉と美咲ちゃん、、、でなければ見なかっただろう。導入部分はやはり高感度に高い俳優を配置したのは正解。内容はいいから導入さえ引き込んで仕舞えばあとはグイグイ引っ張られる。
私は片親にそだてられたので、お母さんに強がる気持ちがよくわかる。俺を心配すんじゃねーよ。っと。常々思う。おかんはオカンの人生生きろよ。と。
自分のこととダブってちょっと泣けた。
題名からどんな話かよくわからず、三浦春馬くんが出ているからという理由で視聴。
結果から言えば、見てよかった。

きっと生きることについて考えさせられると思う。
鹿野さんのように筋ジストロフィーでなくても、障がい者健常者関係なく「生きるということ」をもう一度見直したくなる作品。

生きるということは、迷惑をかけるということ。

なんのために生きるのか?
なぜ生きていくのか?
生きる意味がわからなくなった人に届いて欲しい作品。
生きることを楽しむために生きていく、そんな答えが私の中で出た気がします。

ただ、なんとも難しい。
もし私が鹿野さんのように自由に体が動かせなくなったとしても、きっと明るく同じようになんて生きていけないと思う。
映画になるだけの魅力が鹿野さんにあったんだと思います。素晴らしい人生。

実話を元にしているという点に興味を持つ人も少なからずいると思います。
役作りを徹底していた大泉洋さんのお芝居に注目!

いい映画!!!
キャスティング最高。
病気や障害があることって、その人のアイデンティティには関係がないんだ。
できることできないことは皆それぞれなんだから、助けてもらうことに恥じることはひとつもないよね。
共に生きる、ってこういうことかと。
過剰なカテゴライズや線引きは、無意味。
とことん人生を楽しんでいる主人公はロックだ。

中学生のときに、筋ジストロフィーの子専門の施設に体験学習へ行ったときのこと思い出した。
同年代の子ばかりいたのだけど、もうこの子たちと会うことはないんだろうなと思いながら、一緒に遊んだんだよな。
人生の長短で価値は判断できない。今、本当にやりたいことをやっている自分でいたいね。

大泉洋さんは、本当に魅力的な方だなぁと思う。もちろん演技もいいのですが、演技を支えるこの人のバックグラウンドがいいと思うんです。
北海道には時々こういう人としての原石の持つ素晴らしさを地で表現できる人がいる。
本州育ちの僕は、小さい頃からいろんなしがらみや周りの眼に囲まれて、時に本心すら不明瞭な鈍い光をまとった人間になっている気がする。
この映画自体が、人の生き様を真っ直ぐな視線でこちらに迫ってくるので、さらに大泉洋がずいぶん引き立って、大きくなって迫ってくるのだ。
そして、三浦さんの誠実さが、この映画をさらに説得力のあるものにしている❗️
とてもいい映画でした❗️
めちゃめちゃ重い話なんだろうな、、、と思いながら見始めた。

大泉洋!!!!

いや、面白い人だっていうのは知ってるつもりだったよ。
でも、ねぇ、凄い。

あんなぬ面白いふざけまくるシーンも、ガチガチにシリアスに真面目なトーンで話す感じも、本当に素晴らしくて引き込まれた。

『夢に向かって生きる』

夢があっても、そこに向かって努力することにまず、他人の何倍もの苦労というか、
『努力する事への努力』をしなくてはいけない人の生活を見せてもらった。

ボランティアって、綺麗事では済まない。
でも、こんなに、家族になれる関係が本当にあるんだと思うと、あたたかい気持ちになる。

どんな状況になっても、前を向く気持ちを忘れない。
そんな人の近くにいることで、自分の人生を変えるパワーをもらえるんだな、と強く感じた。

俳優陣が素晴らしすぎて、
なんだか私まで、立ち向かうの怖いなって思っていた描く理想の未来に、向かって行けそうな元気をもらった。心から。

夢があること。
人に囲まれて生きていけること。
努力できる環境にあること。

心は強くなれること。
いつも生きることを楽しむこと。

本当に、
大切なことが沢山詰まってる映画。

無理矢理泣かせよう、みたいなことも全くなく、真面目だけど、重さを感じさせないユーモアで溢れていて、
頑張ろうと思わせてくれる作品だった。

引用元:ヤフーレビュー

 

映画「こんな夜更けにバナナかよ」無料動画や見逃し配信をフル視聴する方法!感想や口コミと評価も!のまとめ

今回の記事では、映画「こんな夜更けにバナナかよ」無料動画や見逃し配信をフル視聴する方法!感想や口コミと評価も!について紹介してきました。

紹介した動画配信サービスを使って、快適にかつ安全に映画やドラマ、アニメなどを楽しみましょう!

 

Huluなら2週間の無料トライアルで

今すぐ
映画「こんな夜更けにバナナかよ」
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【Hulu】
映画『こんな夜更けにバナナかよ』
無料動画で視聴する!

 

(本ページの情報は2020年11月時点のものです。最新の配信状況は Hulu サイトにてご確認ください。)