野球

河野竜生(JFE)の経歴や身長と出身高校は?球速や球種とフォームも!

こんにちは、シュウです。

 

いよいよドラフト会議が迫ってきましたね。ちょうどプロ野球志望届けの締切りも終わり、届けがあったのは、高校生から139人・大学生107人で合計246人。

 

その中で、ドラフト1位指名が確実とされているのは

  • 佐々木朗希 (大船渡)
  • 奥川恭伸 (星稜)
  • 森下暢仁 (明治大)

の3人。昨年と違って今年は不作のドラフトと言われていましたが、この3人については例年に比べて悪くないのではと個人的に思っています。

 

また、この3人以外にも即戦力として期待される選手も多くいます。

今回は、社会人ナンバーワン左腕といわれる河野竜生選手(JFE)を紹介したいと思います。

 

それでは、河野竜生(JFE)の

  • 経歴や身長と出身高校
  • 球速や球種とフォーム

を中心に調査してみたいと思います。

<

河野竜生(JFE西日本)の経歴や身長と出身中学・高校

それでは、簡単に河野選手のwiki風プロフィールを見ていきましょう!

  • 読み方:かわの りゅうせい
  • 生年月日:1998年5月30日
  • 身長:174cm
  • 体重:81kg
  • 出身地: 徳島県鳴門市
  • 出身小学校:鳴門市立林崎小小学校
  • 出身中学校:鳴門市鳴門二中学校
  • 出身シニア:なし
  • 出身高校:鳴門高校
  • 投打:左投・左打
  • ポジション:投手

 

河野選手は、小学校1年から「林崎スポーツ少年団野球部」で軟式野球を始めます。

中学時代は、硬式を扱うシニアやボーイズリーグに所属せずに、鳴門二中で軟式野球をやります。

 

兄の影響でなると高校に進学。1年の夏の徳島県大会からベンチ入りし、投手として主戦力で活躍しチームを甲子園に導きます。

 

もちろん甲子園でも先発しますが、残念がながら1回戦で敗退。2年生の夏もエースとして甲子園出場に貢献しますが、またもや初戦で姿を消すことに。

 

そして、3年の夏も3年連続で甲子園に出場し、ベスト8まで進みます。この大会で「1年生

から3年連続で先発」という史上5人目の快挙を達成。

その後は、プロ志望届けを出さずにJFE西日本へと入社し社会人野球の道に。

 

JFE西日本でも1年目から活躍し、社会人野球の全国大会である「都市対抗野球大会」に出場。

そして、今年で3年連続「都市対抗野球大会」出場にチームに貢献し、社会人野球ナンバーワン左腕と言われるまで成長しています。

 

つまり、河野選手は高校時代から6年連続で全国大会に出場。その経験値は河野選手の急成長に影響を与えているはずですね。

スポンサーリンク



河野竜生(JFE西日本)の最高球速や球種と投球フォーム

河野選手の最高球速は、「151キロ」で常時140キロくらい。

 

球種は、

  • スライダー
  • ツーシーム
  • カーブ
  • チェンジアップ

 

カーブは、球速100キロくらいのスローカーブで緩急をつけます。チェンジアップは球速130キロ位あるので緩急をつけるという寄りは、若干タイミングをずらす感じです。

 

河野竜生(JFE西日本)の投球フォーム

ノーワインドアップからテイクバックを小さめに取り、素早く左腕を投げ下ろす感じです。なので、ボールの出どころが見ずらいのでバッターに取ってはやっかな投手。

右打者のインコースをストレートで攻める(インズバ)のが持ち味です。

河野竜生(JFE西日本)の家族や兄と彼女

また、河野選手の父や兄も元高校野球児。

父は、生光学園(徳島)でショートトとして活躍。残念ながら、甲子園の出場はできませんでした。

兄は、鳴門高校の3年生のときに主将で夏の甲子園に出場し、ベスト8まで進んでいます。この姿を見て、河野選手は兄のように鳴門高校で甲子園に出場したいと思い進学先を決めました。

兄の高校卒業後は、「明治大学→日立製作所」と進み現在でも野球を続けています。

 

また、河野選手の彼女に関しては、ネットで探しましたが有力な情報は見つかりませんでした。今後わかりましたら、追記していきますね。

もう社会人で、これほど有名な選手なので彼女はいるとは思いますが。^_^

河野竜生(JFE)の経歴や身長と出身高校は?球速や球種とフォームも!のまとめ

今回は、河野竜生(JFE)の経歴や身長と出身高校は?球速や球種とフォームも!について書いてきました。

 

河野選手は、鳴門高校で3年連続・夏の甲子園の出場しています。その後はJFE西日本に進み社会人野球の道に。

 

そこでも1年目から都市対抗野球に出場し、今年で3年連続出場を果たしています。さすがに高校1年生から6年連続で全国大会に出場している選手もあまりいないのでは。

 

河野選手の身重は174cmとあまり大きくはないのですが、右打者のインコースを強気に攻めたりボールの出どころが見えづらかったりとバッターにとってはやっかいな投手ですね。