野球

黒川史陽(智弁和歌山)の身長や出身中学と兄弟は?読み方や家族も気になる!

こんにちは、シュウです。

 

今年も夏の甲子園が始まりましたね。夏の甲子園が始まるといよいよ夏本番!って感じに。

今年の夏の甲子園は、昨年の大阪桐蔭のように圧倒的な実力がある学校がないので比較的どこでも優勝が狙える可能性があります。

 

その中でも、甲子園の常連校・智弁和歌山は優勝に近い存在です。そして、今回の甲子園出場で記録が達成した選手がいるんです!

ナント、5季連続の甲子園出場。これは過去にPL学園の桑田さん、清原さんら9人しか達成していない記録なんです。

 

そんなすごい記録に智弁和歌山から3人も達成!

 

今回は、キャプテンでもありドラフト候補の黒川 史陽くんを見ていきたいと思います。

 

それでは、黒川史陽(智弁和歌山)の

  • 身長や出身中学と兄弟
  • 読み方や家族

を中心に調べていきます。

<

黒川史陽(智弁和歌山)の身長や出身中学・シニアと読み方

 

それでは、簡単に黒川 史陽くんのプロフィールを見ていきましょう!

  • 生年月日:2001年4月17日
  • 読み方:くろかわ ふみや
  • 身長:182cm
  • 体重:80kg
  • 出身地:奈良県河合町
  • 出身小学校:河合町立河合第一小学校
  • 出身中学校:河合町立河合第一中学校
  • 出身シニア:泉州阪堺ボーイズ
  • ポジション:内野&外野
  • 投打:右投・左打
  • 50m:6.2秒
  • 遠投:95m
  • 家族:父・母・兄・弟

 

<地方大会の成績>

  • 打数:18
  • 安打:8
  • 打点:5
  • 2塁打:4
  • 本塁打:2
  • 打率:.444
  • 三振:3
  • 四死球:4
  • 盗塁:1

 

黒川くんは、小学校入学前の幼稚園・年中から野球を始めます。さすが野球一家だけあってスタートもめちゃくちゃ早い!

中学時代は、泉州阪堺ボーイズに所属し、NOMOジャパンの米ロス遠征で主将を務め関西ナンバーワンの打者として話題に。

そのNOMOジャパンのメンバーには、センバツで優勝した石川昂弥くん(東邦)やビッグ4と呼ばれる西純矢くん(創志学園)も。

 

智弁和歌山に進学すると春からすぐにベンチ入りしサードをメインとしてレギュラーを獲得。2年の春には故障中だった林晃汰くん(広島)が復帰するとセカンドへコンバート。

 

また、今年の2月に右手中指を骨折しましたがセンバツでは元気な姿を見せ、怪我の影響を全く感じさませんでした。

 

そして、3年間の公式戦の打率.380・通算本塁打34本とプロ注目の好打者に成長しています。

スポンサーリンク



黒川史陽(智弁和歌山)の家族・父や兄弟

黒川くんの家族は野球一家。それもただの野球好きなでなく、その実力がハンパない!

  • 父・洋行さん:上宮(大阪)の主将・セカンドで1993年のセンバツで優勝。
  • 兄・大雅さん:日南学園(宮崎)で2016年に春・夏の甲子園に出場。
  • 弟・怜遠くん:今年、星稜(石川)の進学。

 

弟の怜遠くんも星稜に進学しているのメンバーに選ばれれば、甲子園に出場する可能性はかなり高いですね。

なので、これほど甲子園に縁がある家族もあまりいないではないでしょうか。

 

父・洋行さんは、上宮高校を卒業後、

「同志社大→ミキハウス→セガサミー」

と社会人野球もやり指導者としても活躍。

 

なので黒川くんら3兄弟を「甲子園に行って当たり前」というような環境で育てて着たそうです。

そして、子供が好きなテレビゲームのかわりにバットとボールを。テレビは野球中継のみ。さらに、ご飯の時には野球中継を見ながら配球の勉強。父・洋行さんが問題を出し3兄弟が回答し、ノートに記載。

 

この教育方法だとさすがに、甲子園に出場して当たり前の環境というのがわかるような気がします。

でも、3人もいると1人くらいは野球嫌いになって他のスポーツをやちゃうのではないかと思うのですが、そのあたりは洋行さんが上手だったんですね。

 

なので、3人とも野球が嫌だとかヤメたいなどといったことを口にしたことはないそうです。

黒川くんにとっては、この夏の甲子園が最後の大舞台。どんな活躍を見せてくれるか楽しみですね。

まとめ

今回は、黒川史陽(智弁和歌山)の身長や出身中学と兄弟は?読み方や家族も気になる!について書いてきました。

黒川くんの身長や出身中学は、

  • 182cm
  • 河合町立河合第一中学校

でした。

黒川くんの家族は甲子園に縁があるスゴイ一家です。

  • 父:センバツ優勝
  • 兄:春夏 甲子園出場
  • 弟:星稜に進学