野球

長坂陽(日本文理)の身長や出身中学・シニアは?家族と読み方も調査!

こんにちは、シュウです。

 

今年も夏の甲子園が始まりましたね。夏の甲子園が始まるといよいよ夏本番!って感じに。

今年の夏の甲子園は、昨年の大阪桐蔭のように圧倒的な実力がある学校がないので比較的どこでも優勝が狙える可能性があります。

 

そして、歴代の甲子園の名場面に出てくる

 

「日本文理の夏はまだ終わらな~い!!!」

 

の実況で有名な「2009年の夏の甲子園・決勝」を見ていた小学生たちが高校生になりまた甲子園に選手として戻ってきました!

 

その1人が日本文理のキャプテン・長坂陽くん。

 

それでは、長坂陽くん(日本文理)の

  • 身長や出身中学・シニア
  • 読み方や家族

を中心に調べていきます。

<

長坂陽(日本文理)の身長や出身中学・シニアと読み方

 

それでは、簡単に長坂陽くんのプロフィールを見ていきましょう!

  • 生年月日:2001年度生まれ
  • 読み方:ながさか
  • 身長:175cm
  • 体重:65kg
  • 出身地:新潟県
  • 出身中学校:柏崎市立第三中学校
  • 出身シニア:柏崎リトルシニア
  • ポジション:内野(ショート)
  • 投打:右投・右打

 

<夏の新潟県大会の成績>

  • 打数:20
  • 安打:13
  • 打点:7
  • 2塁打:1
  • 本塁打:0
  • 打率:.650
  • 三振:1
  • 四死球:0
  • 犠打:6
  • 盗塁:1

 

長坂くんは、中学時代に所属した柏崎リトルシニアで全国大会に2回出場しています。

  • 2014年:リトルシニア日本選手権大会(1回戦)
  • 2016年:リトルシニア全国選抜野球大会(3回戦)

 

今年の夏の三重県大会では、驚異の打率.650を残しており、出場チームの中で3位にランクインしています。

 

基本的には、2番なので犠打が多く新潟大会でもチームトップの6犠打で貢献。キャプテンとしてもリダーシップを発揮しており鈴木監督に「長坂が中心になって作ってきたチーム」と言わせるくらい。

長坂くんとしても甲子園に出場するのが目標でなく、全国制覇が最終目標としチームを鼓舞しています。

スポンサーリンク



長坂陽(日本文理)の家族と2009年の決勝とは?

 

続いて長坂くんの家族に関して詳細はわかりませんでしたが、上にあるツイッターの動画に父親のインタビューがありました!

父親の話によると、小学生の頃から日本文理に行きたいと長坂くんは話してたそうです。ちょうど2009年の日本文理は、本当に強く夏の甲子園では決勝まで進み、準優勝しています。

 

なので、長坂くんはその先輩たちを越えたいと話しています。

 

そして、甲子園の歴史に残る2009年の夏の甲子園の決勝とは・・・

まとめ

今回は、長坂陽(日本文理)の身長や出身中学・シニアは?家族と読み方も調査!について書いてきました。

 

長坂くんの身長や出身中学は、

  • 175cm
  • 出身中学校:柏崎市立第三中学校
  • 出身シニア:柏崎リトルシニア

でした。

長坂くんの打率は、.650で出場チームの中で3位。基本的には2番打者なので犠打が多く、だせんをつなげる約目です。

2009年の準優勝を超えることが長坂くんの目標。どこまで勝ち進めるか楽しみですね!