野球

野村健太(山梨学院)の出身中学や身長と彼女は?デスパイネの由来やラップも上手い!?

こんにちは、シュウです。

 

今年も夏の甲子園が始まりましたね。夏の甲子園が始まるといよいよ夏本番!って感じに。

今年の夏の甲子園は、昨年の大阪桐蔭のように圧倒的な実力がある学校がないので比較的どこでも優勝が狙える可能性があります。

 

今回は、センバツで話題になった山梨学院のデスパイネこと野村くんを紹介していきます。

 

それでは、野村健太(山梨学院)の

  • 身長や出身中学
  • 彼女やラップ
  • デスパイネの名前の由来

を中心に調べていきます。

<

野村健太(山梨学院)の身長や出身中学・シニアと彼女

 

それでは、簡単に野村くんのプロフィールを見ていきましょう!

  • 生年月日:2001年8月27日
  • 読み方:のむら けんた
  • 身長:188m
  • 体重:88kg
  • 出身地:愛知県安城市
  • 出身小学校:安城市立安城北部小学校
  • 出身中学校:安城市立東山中学校
  • 出身シニア:愛知衣浦シニア
  • ポジション:外野(レフト)
  • 投打:右投・右打
  • 遠投:100m
  • 50m:6.5秒

 

<夏の山梨県大会の成績>

  • 打数:15
  • 安打:5
  • 打点:5
  • 2塁打:2
  • 本塁打:0
  • 打率:.333
  • 三振:3
  • 四死球:4
  • 盗塁:1

 

野村くんは、小学1のときのソフトボールで野球を始め、4年生なると安城リトルで硬式をやり投手&サードをやります。

 

中学時代は、愛知衣浦シニアに所属し中学3の時に「リトルシニア全国選抜野球大会」で優勝し最優秀選手賞も獲得。

 

山梨学院に進学後は、1年の秋からベンチ入りし2年の夏から5番レフトでレギュラーに。その後は、力強いフルスイングでホームランを量産し、現時点(8/9)で高校通算本塁打53本です。

 

また、今年の春の大会で左肩を負傷し、やっと治ってきたところに6月末の練習試合でケガをしていた左肩にデットボールを受けます。

ケガの具合が心配ですが、時間もだいぶ経っているので最後の夏に期待したいですね。

スポンサーリンク



野村健太(山梨学院)のデスパイネの名前の由来

 

続いて山梨のデスパイネの名前の由来を見ていきましょう!

野村くんは、長距離ヒッターでホームランも量産しています。その飛距離がスゴイことからキューバの最強スラッガーのデスパイネ選手(ソフトバンク)にちなんで付けたそうです。

 

ネットで見てみると体格や顔も似てる!?ことが理由というのもありました。

確かに体格については、入学当時に体重が100キロ前後あったようで相当減量し肉体改造を行ったそうです(笑)

野村健太(山梨学院)はラップも上手い!?

また、野村くんは、チームメイトの椙浦(すぎうら)元貴くんと山梨のラッパーコンビとしても有名。

今年の6月の山梨学院の文化祭では、ラップも披露してるんです。

 

もともと2人がラップを始めたのは、ムードメーカーの椙浦くんが「練習がきつくても、みんなが笑顔になれるように」と練習後にロッカールームで歌い出したのを野村くんがラップで返したのがきっかけだそうです。

 

今回の甲子園でもチームが苦しい時は、ベンチで2人がラップで勇気付けてくれるのは間違いないですね!

椙浦がラップを始めたのは、兄の影響。3歳上の光さんは「H-PICE」(エイチパイス)の名で活動するラッパーで、同校野球部OBでもある。「お兄ちゃんを見てたら、面白いなと思って」。名前のとおり“げんき”いっぱい盛り上げる。野村は「便乗して、他のみんなも始めました」とニヤリ。今や、ラップはチームの雰囲気作りに欠かせない。

引用元:日刊スポーツ

まとめ

今回は、野村健太(山梨学院)の出身中学や身長と彼女は?デスパイネの由来やラップも上手い!?について書いてきました。

野村くんの身長や出身中学は、

  • 180cm
  • 安城市立東山中学校

でした。

キューバの最強スラッガーのデスパイネ選手のあだ名がついたのは、野村くんの飛距離がハンパなかったからです。

今秋のドラフト候補そしても注目の野村くん。甲子園でのホームランに注目ですね。