野球

大和田健人(大船渡)の身長や出身中学と家族は?球種やフォームも調査! 

こんにちは、シュウです。

各地で夏の甲子園目指して熱い戦いが繰り広げらててますね!

 

そんな中で今年の注目選手は、高校ビッグ4ですがやはりナンバーワンは、佐々木くん(大船渡)ですね。春のU18日本代表候補で「163キロ」は圧巻。そして昨日は公式戦で160キロを計測。

 

野球は球速だけじゃないですが、やはりファーストボールは魅力です。

そして、昨日の試合で佐々木くんは、延長戦を戦い194球を投げ今日の準々決勝は回避しました。さすがに去年の吉田くん(日ハム)の例がありますから・・・

 

そこで佐々木くんの代わりに投げたのが大和田健人くん。どんなピッチャーなのかと思ってみていると5回までパーフェクト。素晴らしいですね!

 

なので、大和田健人くん(大船渡)の

  • 身長や出身中学と家族は?
  • 球種やフォーム

を中心に調査してみたいと思います。

<

大和田健人(大船渡)の身長や出身中学と家族は?

それでは、簡単に大和田くんのプロフィールを見ていきましょう!

  • 生年月日:2001年度生まれ
  • 読み方:おおわだ たけと
  • 出身地:岩手県大船渡市?
  • 出身中学:大船渡市立末崎中学校
  • 身長:160cm

 

大和田くんは、2回戦でも佐々木くんのあとに登板し、3回をノーヒットに抑えて2人でノーヒット試合を完成させています。

今日の試合でも強打線の久慈高校を5回までパーフェクト。6回、7回と2点ずつ失点し8回に和田くんにリレー。

 

本当に素晴らしいピッチングでした。

 

大船渡高校は、これまでの3年間、佐々木くんを温存した試合にことごとく敗れてました。なので、今日の試合に勝ったときの佐々木くんの喜びはすごかったですね↓↓

佐々木朗希抜きで大船渡が準決勝へ進めた理由とは?

引用元:週刊ベースボール

 

 

また、今年の春の大会で1回戦に先発しましたが5失点でチームはサヨナラ負け。国保監督は、佐々木くん以外の投手を育てたかったので、この日は、佐々木くんの登板はなし。

試合後の国保監督のコメントは、↓↓

「佐々木の圧倒的にワンマンチームになりそうですが、それが果たしていいのか。ほかの投手の気持ちを固める大会にしたかった」

引用元:朝日新聞

 

確かに、高校野球はトーナメント戦なので投手1人だとかなりきついものがありますね。例外的なのは、昨年の夏の甲子園の吉田くん。

その後、吉田くんは疲労がなかなか抜けなかったようですね。なので、岩手県大会を勝ち抜くには、佐々木くんの他にどうしても投手の成長が必要だったんです。

 

また、大和田くんの家族に関しては、ネットで探しましたがわかりませんでした。今後、有力な情報がありましたら追記していきますね。

スポンサーリンク



大和田健人(大船渡)の球種やフォームも調査

 

大和田くんは、球速が130キロ前後とそれほどスピードがありませんが、低めを丹念につく軟投派のピッチャー。

佐々木くんが剛球投手なのでいいかもしれませんね。

 

そういえば、すでに敗戦している強豪・盛岡大付が佐々木くん対策で170キロのバッティングマシーンで打撃練習をしてましたが、敗戦したのは球速が120キロ前後の軟投派の投手。

なので、意外とコントロールを意識して投げて入れば打たれる確率もかなり低いのではないでしょか。

 

球種に関しては、

  • ストレート
  • スライダー
  • カーブ
  • チェンジアップ??

他にもあるかもしれませんが、ネットで探しましたが有力な情報は見つかりませんでした。これから勝ち進んでくるとおそらくわかってきますので追記しますね。

まとめ

今回は、大和田健人(大船渡)の身長や出身中学と家族は?球種やフォームも調査!について書いてきました。

大和田くんの出身中学は、
「大船渡市立末崎中学校」
でした。

球速は130キロ前後ですが、低めにボールを集め討ち取っていくコントロール重視型です。

今日1日、佐々木くんを休ませたことは非常に大きいですね。あと準決・決勝と2試合なので是非、甲子園でも大和田くんの投球を見てみたいですね。